アントレランド

マクドナルドの開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

マクドナルドを複数店舗経営するオーナーは、億単位の収入があります。グローバル展開するマクドナルドのフランチャイズを紹介します。開業資金や資金調達法、物件の選択方法もまとめています。研修制度に参加をして、黒字経営への技術を取得しましょう。

多種多様な企業がフランチャイズ形態を活用しながら、大きく成長しています。フランチャイズと聞くとファミリーレストランやコンビニエンスストアを思い浮かべる人が多いかもしれません。

マクドナルドもフランチャイズ契約を実施し、フランチャイザーによって世界規模のファストフード店に上りつめたと言われています。

誰もが知っているマクドナルドが提案している、フランチャイズ契約について詳しく紹介します。

初期費用などの開業資金や資金の調達法、黒字経営にするためのコツや実際の年収など気になるポイントをまとめてあります。

フランチャイズ契約を利用して、グローバル企業であるマクドナルドの開業を検討をしている人は、ぜひ参考にしてください。

1. マクドナルドの開業資金

マクドナルドの店舗で駐車場が確保されているお店は日本全国で2200店以上あり、客席が100席以上ある大きな店舗も1,000店以上あります。敷地面積の広さは、初期費用に大きく影響します。

順調に事業を進めていくために、初期費用とランニングコストを見てみましょう。

1-2. 初期費用と内訳

フランチャイズ契約ですので、加盟金がかかります。マクドナルドの場合は、250万円がフランチャイズに参加するための費用です。

この他の初期費用として、店舗購入費が必要です。店舗価格はお店によって異なり、敷地の広さや築年数だけではなく、店舗の価値や見込まれる売上によって購入額が決定します。

1-3. ランニングコスト

開業してすぐに売上から全てのランニングコストを捻出することは簡単ではありません。

一定期間のランニングコストを事前に準備しておくと、経営を軌道に乗せやすくなります。

ランニングコストで大きな割合を占めるものに、スタッフの人件費があります。店舗の大きさや営業する時間によって、何人雇う必要があるのかがわかります。

もうひとつ大きな出費となるのが、店舗購入額などの返済です。開業資金を借り入れした場合には、毎月の売上から返済します。

その他のランニングコストには、光熱費や仕入れにかかる費用などがあります。

また、フランチャイズ契約で発生するロイヤリティーが売上の3%、広告宣伝費として毎月の売上から4.5%を本社に支払い続けます。

2. マクドナルドに必要な開業資金の調達方法

事業を開始する時に利用されることの多い資金調達先は、日本政策金融公庫です。

地方自治体が独自に提供している、制度融資もありますので確認してみましょう。

また、マクドナルド独自の融資制度もあります。

日本政策金融公庫などのプランと比較をして、より返済が楽な手段で資金を調達していきましょう。

3. マクドナルドに最適な物件の選び方

マクドナルドのフランチャイズ形態は、好きなエリアや土地で開業できるやり方ではありません。本社の意見が大きく影響し基本的には、すでにある店舗を購入する形で始まります。

考えられる選択肢の中から最適な物件を見つけていきましょう。

3-1. 店舗選びの3つのポイント

希望と予算を照らし合わせながら、既存店舗の中から物件探しをします。購入金額は店舗によって変動しますので、必要な初期投資額が常に異なります。

また、所有している土地に新規で店舗を建設する道もありますので、詳細は説明会で確認することをおすすめします。

地元で物件を探す

長年生活している土地があり、家族と一緒に暮らしている場合には、地元で物件探しをしたいと思わるでしょう。

希望する地域で物件が見つかり提供されることもありますが、対象となる店舗物件が地元にない場合には、周辺地域へと選択肢を広げていきます。

既存店舗

店舗の価値や見込まれる売上によって、購入金額が変わります。希望する場所に近いことも物件探しには大切ですが、準備できる金額によっても選べる物件が決まってきます。

店舗取得額の25%以上は、自己出資で支払えることが条件です。

新規出店

所有している土地にマクドナルドの店舗をゼロから建設することも可能ですが、通常のフランチャイズの物件契約とは異なり、マクドナルドが多角的な側面を判断しながら、検討されます。

土地や建物の取得に関する詳細は説明会で教えてもらえるようですので、細かい数字や基準などを納得するまで教えてもらいましょう。

3-2. 契約時の注意点

マクドナルドの開業は、個人でカフェやレストランを開業するケースとは異なります。フランチャイズ契約ですので、知名度の高い看板を開業初日から掲げられる大きなメリットと引き換えに、マクドナルドへのロイヤリティーなどの契約が発生します。

「いつか自分のお店を持ちたい」という夢を実現するためのひとつの方法ですが、店舗購入費などの大きな準備資金が必要ですので、落ち着いて検討できる時間を作りましょう。

4. マクドナルドで黒字経営するコツ

マクドナルドでは、フランチャイズ契約を結ぶ前に、実際に経営を始めてからの状況を把握できる機会があります。黒字経営でマクドナルドを続けていけるのか、事前に見極めるための絶好の機会です。

マクドナルドの開業を検討する人が、まず参加をするのが無料の説明会です。その後、フランチャイズ経営をしている店舗で実習を3日間行い、店長から直接体験談などを聞ける貴重な機会となります。

先輩フランチャイズオーナーと話ができますので、開業資金やその後の返済、実際の売上など知りたい情報を収集して、経営プランを立てていきましょう。

店舗運営やスキル、最高のサービスを提供するためのノウハウを学べる研修制度も用意されています。世界に7校しかないハンバーガー大学日本校での研修もありますので、マクドナルド経営者としての資質を磨くチャンスです。

マクドナルド側が提供する研修制度を通して、学んだ知識や技術を最大限に活かすことが、黒字経営を実現するコツです。

5. マクドナルドの開業に成功した事例と年収

フランチャイズ店として初の店舗が沖縄県浦添市に1979年にオープンしました。2010年の時点では、日本国内におけるマクドナルドの店舗数は3,600を超え、発祥地であるアメリカについで、2番目に多い店舗数でした。

業績がおもわしくない店舗を一掃したことが国内店舗数の減少に大きく影響したと言われ、現在は、3,000店舗を下回っている調査結果もあります。

約3,000店舗が日本国内にあり、フランチャイズオーナーはおよそ200人います。

ひとりのオーナーが10店舗前後のマクドナルドを経営しているケースもあり、複数店舗を経営しているオーナーの平均年収は20億円と言われています。

マクドナルド側に複数店舗経営を支える体制があることからも、開業資金が準備できれば億単位の年収を獲得して事業を拡大している人がいます。

6. マクドナルドの開業に必要な資格・許可

フランチャイズ契約は、マクドナルドが提供する研修にすべて参加をしたあとに実施されます。

研修期間は9〜12カ月にわたり、日本マクドナルドが掲げる品質、サービス、清潔さ、価値を体現するミッションが課せられます。

マクドナルドの開業には、研修プログラムに参加をして必要なスキルを身につけることが必須です。研修を終了したフランチャイズ希望者に契約内容が提示され、双方が合意をすれば契約が結ばれます。

店舗開業はおよそ3カ月後になる予定です。

7. まとめ

フランチャイズ方式は、知名度がある大企業の看板を分けてもらい、契約の範囲内で事業を始める方法です。仕入先や仕込みの仕方、販路や販売方法などは完成されていますので、商売が初めてのケースでも、経営を軌道に乗せやすいことがメリットにあげられます。

フランチャイズのデメリットは、利益を生み出す技術とネームバリューに対して発生するロイヤリティーでしょう。また、すべて本社のやり方に沿って進めていきますので、オリジナリティを出すことはできません。

まずはフランチャイズ説明会に参加されることをおすすめします。東京、大阪、福岡などで定期的に開催され、マクドナルドの公式サイトから気軽に申し込めます。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top