アントレランド

コロナ不況時でも影響の少ない!人気・注目のフランチャイズ3選

コロナウィルスの影響で、フランチャイズ業界も店舗の閉店危機などの話も絶えない状況です。カプセルホテルのファーストキャビンは、本部が破産してしまったことで、加盟店は後ろ盾を失ってしまいました。

これからフランチャイズで働こうと思っていた方は不安に感じたり、躊躇されているのではないでしょうか?

ですが、こんな時代でも影響を受けづらいフランチャイズはありますのでご参考ください。今注目されているフランチャイズ事業をご紹介します。

今注目のフランチャイズ事業とは

宅配・テイクアウトできる飲食店

店舗で飲食するのみだと、緊急事態宣言や自粛などで店舗を閉めたり客足が減るという事態が起こりましたが、店舗でもテイクアウトできる商品があったり、宅配専門(弁当・寿司・ピザなど)のフランチャイズであれば、外出自粛の事態でもニーズは大いにあります。
特に高齢者向けのお弁当のデリバリーは、高齢化社会で利用者も増え、コロナなどの影響を受けにくいサービスと言えます。

高齢者宅配弁当を扱うフランチャイズ
・ニコニコキッチン
・ライフデリ
・宅配クック1.2.3

低資金、一人で開業できるなどのメリットがあり、長く続けられることができ人気があります。

関連記事⇒テイクアウト専門店の開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

関連記事⇒フランチャイズで宅配業はどうやって始めるの?将来性は?

宅配・軽貨物業

軽貨物事業者が日本人の生活や国内インフラにおいてとても重要な役割を担っています。細かい部品や、インターネット通販の商品など、膨大な注文を素早くこなすために必要不可欠な職業といえます。

リモートワークが増え、家から出ない人が増えインターネット通販の需要が高まるという一時的な面だけではなく、高齢化社会に向けてもなくてはならない存在です。

関連記事⇒フランチャイズに加盟して配送・軽貨物運送業を独立開業する方法

関連記事⇒フランチャイズに加盟して運送業を独立開業する方法

無店舗型のコンサルティングビジネス

コンサルティングビジネスは店舗を持たないので、今ある事務所や店舗で、そのまま事業をスタートすることが可能です。
専用の店舗を構える必要がないので、店舗を持つフランチャイズビジネスよりは低資金で始めることができ、高収入も見込めます。

今注目されているのは、「ガイアの夜明け」「日経新聞」でも特集されていた、店舗開業の総合コンサルティングビジネス「店舗そのままオークション」です。

ライバル不在・ニーズも安定した手数料ビジネスで、ビジネスチャンスを獲得する仕組みを「誰でも再現可能な形で」提供してくれます。

自分がフランチャイズを作り経営するという選択肢

弊社「アントレランド」でも、無店舗型のコンサルティングビジネスをサポートしております。

上記でご紹介してきたような人気のフランチャイズビジネスで、売り上げ自体は問題なくても、コロナ自粛中でも「休めない」「休んだら売上に営業が出る」「従業員が感染したら休業」などのリスクは避けられません。

「アントレランドでは、今までの経験やこれから自分がやりたい事などをご相談させていただき、ご自身で唯一無二の“個人版”フランチャイズを作り販売していくということが可能です。

フランチャイズを自分で作る!?というと難しいように感じるかと思いますが、やりたい事が出来る、やりがいを得られる、自分の経験を活すことが出来る、オンラインビジネスを構築できる、自由な時間管理ができるというメリットがあります。

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top