アントレランド

エニタイムフィットネスの開業資金と調達方法まとめ

24時間営業で誰でも好きなときに利用できるのがメリットのエニタイムフィットネス。開業する場合の初期費用やランニングコストを調査しました。初期費用の多くは物件取得費とマシンの設置費用です。資金の調達方法や経営を成功するためのコツもまとめています。

24時間営業のフィットネスジムとして店舗を拡大している「エニタイムフィットネス」。低価格でマシンジムを利用できるという利点を生かして多くの顧客を集めています。そのため、エニタイムフィットネスを開業してみたいと考えるオーナーもたくさんいることでしょう。

そこで今回は、エニタイムフィットネスを開業する場合の初期費用やランニングコストについてまとめました。成功するコツなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

1. エニタイムフィットネスの開業資金

エニタイムフィットネスを開業するには、8,400万~1億400万円が必要です。必要な開業資金を、初期費用とランニングコストにわけていますのでチェックしておきましょう。

1-1. 初期費用と内訳

エニタイムフィットネスの開業のための初期費用は、8,000万~1億円です。主な内訳は以下のとおりですので覚えておきましょう。

・マシンの設備代:2,000万円
・内装工事費:3,500~4,000万円(100坪の場合)
・フランチャイズ加盟金:500万円
・そのほかの費用:1,500~3,500万円

そのほかの費用には、仲介手数料や保証料など物件取得のための費用などが含まれます。エニタイムフィットネスでは、最新のマシンを導入しているため、ほかのフィットネスジムよりマシンの設備代が高めです。

1-2. ランニングコスト

エニタイムフィットネスのランニングコストは開業する地域や店舗の規模によって異なりますが、1店舗あたりの毎月の売り上げは600万円、営業利益は200万円です。したがって、毎月400万円のランニングコストがかかります。主なランニングコストには以下のものがあるので覚えておきましょう。

・家賃
・人件費
・水道光熱費
・ロイヤリティ

エニタイムフィットネスのロイヤリティは、毎月7万5,000円の固定です。そのため、売り上げが伸びた場合は、売り上げに対するロイヤリティの割合が下がります。積極的な経営で売り上げを伸ばしたい人にはおすすめのビジネスといえるでしょう。

人件費についても、10~23時については2人ほどのスタッフで経営しているので、ほかのフィットネスジムよりも人件費がかかりません。

2. エニタイムフィットネスに必要な開業資金の調達方法

エニタイムフィットネスの開業資金は、ほかの業種と比較するとかなり高額です。そのため、資金の調達が必要になるでしょう。

資金調達の方法でおすすめなのは、日本政策金融公庫です。金利が低くおさえられているので、安心して経営ができるでしょう。資金の融資を申し込むときには、「創業計画書」の提出が必要です。創業の動機や返済のプラン、受け取った融資の使用目的などを記入しましょう。

3. エニタイムフィットネスに最適な物件の選び方

エニタイムフィットネスの経営を成功させるには、安定した集客ができる物件を選ぶことが重要です。最適な物件を選ぶためには、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

3-1. 物件選びの3つのポイント

交通の便

物件を選ぶときのポイントは、通いやすい場所に店を構えることです。安定した営業を続

けるためには集客が重要のため、交通の便がよいところを選びましょう。具体的には、駅から15分以内の場所がおすすめです。

都市部に店を構えるときには、ロードサイドなどの車で通いやすい場所を選びましょう。その際には、駐車場のスペースを確保しておくことも重要です。

物件については床もチェックする

フィットネスジムのための店舗を借りるときには、建物の強度にも注意しましょう。特に、床については必ずチェックしておくことが重要です。

フィットネスで使用するマシンの中には、かなりの重量のものもあります。そのため、複数のマシンを設置しても床が抜けることがないかを確認しておけば、契約後のトラブルを避けられます。特に、テナントビルについては、耐過重を300kgに設定しているところもあります。不動産会社に前もって相談しておくようにしましょう。

売り上げ目標に合った広さの店舗にする

安定した集客を目指すために、大きな物件を借りる人がいます。しかし、大きな店舗で開業すると、家賃や水道光熱費が高くなるので注意が必要です。

安定した経営をするためには、初期費用やランニングコストをおさえるようにしましょう。毎月の売り上げ目標を設定し、目標に合った広さの物件を借りることが大切です。また、物件に関する費用をおさえるための方法として居抜き物件があります。あらかじめ不動産会社に相談してみましょう。

3-2. 契約時の注意点

開業に適した物件を見つけたときには、不動産会社を通して賃貸契約を交わします。契約は、書面を通して行うのが一般的です。そのため、契約書類については、最初から最後まですべての事項をチェックしましょう。

契約書の中には、店舗の改装に関して細かな指示を記載したものがあります。貸主の許可をもらわないと内装工事ができない物件や看板の設置に関して制限を課している物件があるので注意が必要です。契約書の内容をしっかり確認することはもちろんのこと、わからないことや不安なことがあれば、すぐに質問しましょう。

4. エニタイムフィットネスの開業で成功するコツ

エニタイムフィットネスの開業で成功させるためには、近隣住民とのトラブルを避けるように対策を立てましょう。

エニタイムフィットネスのメリットは24時間営業であることと、少ないスタッフでも開業できることです。駅の近くに店舗を開業することで、仕事帰りのサラリーマンをターゲットにできます。

しかし、24時間営業の場合には、住民とのトラブルに注意しなければなりません。特にマシンを使用するときの音は、騒音問題に発展する恐れもあります。そのため、しっかりとした防音対策をしておくようにしましょう。

5. エニタイムフィットネス開業の成功事例と年収

エニタイムフィットネスの店舗の中には、安定した収益をあげているところもあります。ある店舗のオーナーは、常時850人ほどの会員の確保に成功しました。その結果、年収2,400万円以上を達成しています。

また、一番多い加盟店の中には25店舗を経営している人もいます。ほかのフィットネスジムよりも人件費などの経費がかからないので、安定した利益を上げることができるでしょう。

6. エニタイムフィットネスの開業に必要な資格・許可

エニタイムフィットネスなどのフィットネスジムの開業するにあたり、必要な資格はありません。必要な届出や許可については店舗によって異なります。

・公衆衛生法に基づく保健所への届出(シャワー室を設置する場合)

・建築基準法に基づく市町村役場への届出

・都市計画法に基づく市町村役場への届出

開業する際には、必要な許可や届出について本部に確認しておくようにしましょう。

7. まとめ

エニタイムフィットネスを開業する場合には8,000万円以上の開業資金が必要となるでしょう。初期費用の多くは、物件取得のための費用やマシンの設置費用です。開業資金の調達方法はいろいろありますが、おすすめは日本政策金融公庫です。融資の申請を申し込むときには、詳細な創業計画書を作りましょう。

物件を選ぶときには、店舗への通いやすさを重視しましょう。駅の近くやロードサイドに店舗を構えると安定した集客をしやすくなるでしょう。

 

 

 

 

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top