アントレランド

個人で行うフランチャイズモデル

ダスキンにフランチャイズ加盟して独立開業する方法

ダストコントロール商品のレンタルや販売、ハウスクリーニングなどを手がけているダスキンのフランチャイズの情報をまとめました。フランチャイズに加盟をして独立開業する場合には、ブランド力を生かせる、サポートがしっかりしているといったメリットがあります。

テレビや雑誌のコマーシャルでもおなじみのダスキンですが、フランチャイズ加盟して独立開業する場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、ダスキンにフランチャイズ加盟して独立開業する方法について紹介します。ダスキンのフランチャイズに関する口コミや加盟条件などもまとめましたので参考にしてください。

1. フランチャイズ展開しているダスキンの基本情報

ダスキンは、1963年に大阪府吹田市で誕生した会社です。水を使用せずに汚れを落とすというダストコントロール商品のレンタルや販売、ハウスクリーニングや家事代行、害虫駆除などの事業も行っています。

特にハウスクリーニングやエアコンクリーニングを行う「サービスマスター」については、全国に1,000以上の店舗があり、韓国や台湾、中国などの海外でも事業展開を広げているのが特色です。

2. ダスキンのフランチャイズに関する口コミ・評判

ダスキンの口コミや評判は上々です。

加盟店のつながりやネットワークがきちんとしており、加盟店のオーナーたちによる定期的な会議が行われています。そのため、新規で加盟したときでも安心して経営ができるのは大きな強みです。

またダスキンは、事業者向けのサービスに強いというメリットを持っています。オフィスや小売店での清掃用具のレンタル、クリーニングなどを行っているので安定した経営を続けることができるでしょう。最近では、家庭用のサービスにも力を入れており、浄水器のフィルターやレンジフードのレンタル、エアコンのクリーニング、トイレや浴室の掃除なども行っています。本部が積極的な事業展開をしているので、オーナーは安心して経営に集中できるでしょう。

3. ダスキンのフランチャイズは儲かる?年収は?

ダスキンのフランチャイズでは安定した収入を得ることが可能です。清掃用具のレンタル事業の場合は、年収200~800万円、ハウスクリーニング事業の場合は、年収500万円前後となっています。開業後の大幅な年収アップは難しいですが、丁寧な接客や積極的な営業を続ければ、それなりの収入を得ることは可能でしょう。

4. ダスキンのフランチャイズで独立開業する3つのメリット

ダスキンのフランチャイズの独立開業する場合のメリットは以下のとおりです。

4-1.ブランド力があるので経営がしやすい

独立開業で成功をするには、魅力的な商品を取り扱うことや接客サービスに力を入れることが大切です。かし、一番大切なこととして「ブランド力」があります。ブランド力はすぐに築けるものではありません。そのため、時間をかけてアピールしていくことが必要でしょう。

一方で、ダスキンはブランド力があるので独立開業するにはおすすめです。全国に2,000店舗以上あり、認知度は98%もあります。そのため、オープン直後から顧客を獲得が可能です。なるべく広告宣伝費をかけないで成功を目指したい人は、ダスキンのフランチャイズがよいでしょう。

4-2.加盟金が0円の事業もある

ダスキンでは、さまざまな事業の加盟店を募集しています。その中の一つに、「ダスキンSサーヴ100」という事業がありますが、加盟金が0円となっており魅力的といえるでしょう。

ダスキンSサーヴの事業内容は、掃除道具やケアサービス、清掃道具などのダスキン商品のセールス活動をすることです。獲得した顧客は、サポートスタッフに委託できるので営業に集中できます。ライセンス制度を採用しており、安定した売り上げを続けることができれば、自分で事業をマネージメントすることも可能です。

初期費用をおさえて、独立開業したい人にはダスキンがおすすめといるでしょう。

4-3.サポートがしっかりしている

ダスキンのフランチャイズで独立開業する場合のもう一つのメリットは、本部によるサポートがしっかりしていることです。

ダスキンでは、本部だけでなくエリアごとにも本部を配置しています。本部は、開業して成功するための経営マニュアルを持っており、ビジネスのノウハウや会社の運営方法、顧客を獲得するための営業方法など、質の高いサービスや安定した経営をするためのスキルを加盟時に習得できるでしょう。

広告宣伝についても、テレビやラジオ、雑誌などを使った宣伝を積極的に行っています。そのため、開業後は、営業に集中できるでしょう。

5. ダスキンのフランチャイズで独立開業する3つのデメリット

ダスキンのフランチャイズで独立開業するときには、デメリットについても把握しておきましょう。おもなデメリットは以下のとおりです。

5-1.加盟するには、ダスキンの理念をしっかりと理解しなければならない

ダスキンでは、フランチャイズに加盟したオーナーを対象に「ダスキンスクール」を開いています。ダスキンスクールでは、商品の提供方法や害虫苦情や正しい清掃方法について学ぶことができるため、経営についての高いスキルを身につけることができるでしょう。

しかしダスキンスクールでは、経営のノウハウだけではなく、創業からの歴史や理念についてもしっかり学びます。そのため、オーナーになるためには、ダスキンの考え方を十分に理解していなければなりません。単に稼げるかで判断する人にはあまり向いていないといえるでしょう。

5-2.ロイヤリティが発生する

ダスキンなどのフランチャイズに加盟をする場合には、ロイヤリティが発生します。そのため、経営状況によっては、ロイヤリティの費用が経営を圧迫する可能性があるので注意しましょう。

ただしダスキンでは、営業の指導や技術の支援などのサポートがあるので、安心して経営したい人には、フランチャイズに加盟するほうがよいでしょう。

5-3.加盟条件が厳しい

ダスキンのハウスクリーニング事業での開業を考えている人は、加盟条件にも注意が必要です。

・店舗面積が15坪以上であること

・開業するエリアにほかの加盟店がないこと

・店舗の前に駐車スペースがあること

加盟するためには、以上の条件をクリアしなければなりません。そのため、ほかのフランチャイズよりも条件が厳しいといえるでしょう。

6. ダスキンのフランチャイズ条件・契約内容

ダスキンではさまざまな事業を展開しており、事業によって開業の条件や契約内容が異なります。すべての事業での共通の条件は以下のとおりです。

・加盟基本研修の受講

・社外施設研修の参加

・法人契約のみ

・「ダスキン全国ケアサービス加盟店会」への加入

・事業専従者が1人以上

・指定コンピュ−タの設置

7. ダスキンのフランチャイズの将来性は?

ダスキンのフランチャイズの将来性は高いといえるでしょう。

理由として、ダスキンでは清掃用具のレンタルを中心に、ハウスクリーニング、家事代行、水のレンタル、害虫駆除サービスなど、さまざまな事業サービスをほかの事業者に先駆けて展開しています。

また、本部を中心としたフランチャイズシステムを確立しています。そのため、本部の理念に同意できれば、安心して経営に集中できるので、安定した売り上げを期待できるでしょう。

8. ダスキンのフランチャイズで独立開業する方法

ダスキンのフランチャイズで独立開業を目指す場合、まずは資料請求をしましょう。詳し

い事業内容について知ることができます。フランチャイズへの加盟を申し込む場合には、電話かメールで相談しましょう。

・ダスキンの加盟に関する問い合わせサイト

https://www.duskin.co.jp/fc/care/

・ダスキンの加盟に関する資料請求や問い合わせ
0120-100-100

9. まとめ

ダスキンは、本部を中心とするフランチャイズシステムがしっかりと確立しており、開業のための研修や開業後のサポートもしっかりしています。また、ブランド力もかなり高いので、安心して経営ができるでしょう。

ダスキンの加盟には店舗に関する細かい条件があるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。また、研修ではダスキンの歴史や理念についてもしっかりと学びます。そのため、単に事業を成功したいという考えだけではなく、ダスキンのオーナーとして経営に加わりたいという心構えが必要でしょう。

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top