アントレランド

ガールズバーの開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

ガールズバーの開業資金は最低でも400万円は必要です。その中には物件取得費や広告宣伝費が含まれます。ガールズバーを黒字営業するためには女性キャストを育成することです。開業資金の内訳をまとめました。

女性キャストによる質の高いサービスと、おいしいお酒を楽しむガールズバーを開業する場合には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回の記事ではガールズバーの開業資金について紹介します。さらにガールズバーの営業に適した物件の選び方や黒字経営をするためのコツもお伝えします。

1. ガールズバーの開業資金

ガールズバーの開業資金は、初期費用と開店後に必要なランニングコストがあります。開業準備中のトラブルを避けるためにも、おおまかな費用を把握しておきましょう。

1-2. 初期費用と内訳

ガールズバーの開業で必要な資金として、開業前に必要となる初期費用があります。地域や借りる物件によっても異なりますが250~900万円はかかります。初期費用には以下のものがあげられます。

・物件取得費

物件取得費には、前家賃、保証金、礼金、仲介手数料が含まれます。保証金や仲介手数料は不動産会社によって異なりますが、一般的には保証金は家賃6~10カ月分、仲介手数料は家賃1カ月分を支払います。また礼金については不動産会社によっては礼金0円のところもあります。たとえば、家賃20万円の物件を借りる場合は、物件取得費として200万円が必要です。

・内装費

内装費には水道やガスの配管工事、電気の配線工事、調理室などの設置費用、壁紙などの工事が含まれます。内装費の目安は0~500万円です。物件の中には、ガールズバーを開業するための基本的な設備の整った居抜き物件もあります。居抜き物件ならば内装費を安く抑え、工事の時間を大幅に短縮できます。

・看板の設置費用

ガールズバーで安定した営業をするためには集客が重要ですので、お客さんの目に留まりやすい看板を設置するようにしましょう。5~50万円の費用は必要です。

・備品に関する費用

スムーズに開店するためにも、備品は開業前に必ずそろえておきましょう。ガールズバーで必要な備品は以下のものがあります。

・冷蔵庫

・製氷機

・ガステーブル

・オーブンレンジ

・テーブル

・ソファー

・食器

・グラス

・パソコン

・プンリター

・おしぼり

・筆記用具

・清掃道具

開業する店舗の規模によっても異なりますが、備品については20~100万円ほど必要です。居抜き物件を借りると費用を安く抑えられます。

・酒代

ガールズバーではお酒は必須です。お酒は毎月仕入れる必要がありますが、オープン時についてはトラブルを避けるためにも、あらかじめまとまったお酒を用意しておきましょう。酒代は20~40万円です。

・求人広告費

ガールズバーを開業するには女性従業員の確保が必要です。どの媒体を利用して募集するかによっても費用は異なりますが、5~30万円は必要です。

1-3. ランニングコスト

ランニングコストとは毎月かかる経費のことです。ランニングコストを把握しておけば、毎月の売上目標を明確にできます。またオープン時はリピーターのお客さんがいないため、安定した経営をするのは難しいでしょう。そのため、開業前には数カ月分のランニングコストを用意しておきましょう。

ガールズバーのランニングコストは、地域や店舗の規模によって異なりますが200~400万円は必要です。ランニングコストの内訳は以下のとおりです。

・家賃

家賃は地域や店舗の広さによって金額は変わります。ガールズバーはキャバクラとは異なり女性がお客さんの隣に座って接待をすることは禁止されています。そのため座席はカウンター席のみの場合が多いため、狭いスペースでも開業は可能です。10坪程度のスペースでも15席のカウンター席を用意できます。

注意点としては、不動産会社によっては家賃とは別に、建物の共有部分の使用料を請求するところもあります。そのため、賃貸契約を結ぶ際には家賃の詳細を確認しましょう。

・人件費

ガールズバーの人件費はキャストをどのくらい用意するかによっても異なります。キャスト1人で10人以上のお客は相手にできないため、ある程度のキャストを確保しなければなりません。

可能ならば、来店したお客の70%はカバーできるようにキャストをそろえておきましょう。たとえば、10人のに対して7人のキャストを用意できるようにしておけば、お客も満足して利用できるでしょう。

ガールズバーにおけるキャストの平均的な時給は2,000円前後です。1人のキャストが7時間勤務すると日給は14,000円、週5日勤務すると1カ月の給料は28万円です。

ガールズバーではキャストのほかに、店を管理する店長の人件費も必要です。店長の人件費は30万円前後を見積もっておきましょう。

・広告宣伝費

ガールズバーの宣伝方法としてチラシや看板、さらにはティッシュによる宣伝広告があります。オープン時には多くの人にお店の存在を知ってもらうためにも広告は積極的に行いましょう。毎月10万円を広告宣伝費にあてるのが理想です。

・その他の経費

ガールズバーにかかるその他の経費には、水道光熱費や酒代があります。これらは店舗の規模や開業する地域によっても異なります。さらに店内にダーツやカラオケを設置する場合は、リース会社にレンタル料を支払います。

2. ガールズバーに必要な開業資金の調達方法

ガールズバーに必要な開業資金を用意する一番の方法は自己資金ですが、状況によっては難しい場合もあります。その際には、別の方法で開業資金を調達します。

開業資金の調達方法としては、銀行や信用金庫などの民間の金融機関があげられますが、水商売の開業については相手にしてもらえないことがほとんどです。そのため、公的な金融機関で融資してもらうようにしましょう。

政府系金融機関である日本政策金融公庫ならば、水商売のような事業についても融資を受けることができます。さらに低金利で借りられるため、無理なく返済ができるのも特徴です。融資を申し込むには事業計画書の提出が必要ですので、事業の概要やサービスの詳細などを記載しましょう。

3. ガールズバーに最適な物件の選び方

ガールズバーの事業を成功させるための大切な点として物件選びがあります。最適な物件を選ぶために、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

3-1. 物件選びの3つのポイント

・人口規模

物件選びのポイントの1つ目は、開業を予定している地域の人口を把握することです。最寄り駅の乗客数、周辺地域の世帯数などを調べます。物件周辺の人口が売上目標に届きそうにないのならば、選択肢から除外しましょう。

・年齢層

物件選びのポイントの2つ目は、開業を予定している地域の年齢層や職業を把握することです。年齢層によってガールズバーの利用目的が変わります。学生が多いのならば飲み会として利用する可能性が高いですし、サラリーマンが多いのならば仕事帰りに利用してもらえる可能性が高くなります。さらに自営業者が多ければ、高級ガールズバーを開業することも可能です。お客さんのターゲットに合った地域の物件を選ぶようにしましょう。

・競合店

物件選びのポイントの3つ目は、周辺地域の飲食店をチェックしておくことです。ガールズバーを利用するお客さんの中には、二次会目的の人もいます。そのため、周辺に居酒屋やバーなどがあれば利用してもらえる確率が高くなります。

3-2. 契約時の注意点

ガールズバーに最適な物件が見つかったら、契約書を通して不動産会社と賃貸契約を交わします。契約書にはさまざまな事項が記載されていますが、必ずすべての内容に目を通すようにしましょう。

特に注意しておきたいのは解約時の条件です。ほとんどの物件では契約期間が定められており、契約が満了になったら契約の更新や解約を選択します。ただし契約書によっては、解約は3~6カ月前に申し出なければならないなどの記載があります。さらにスケルトン状態に戻さなければならないなどの特記事項が書かれていることもあります。そのため契約書については、すべての内容に納得してからサインをするようにしましょう。

4. ガールズバーで黒字経営するコツ

ガールズバーで黒字営業をするためのコツは、充実したキャストを用意することです。ガールズバーでは、キャバクラのようなキャストとの「接待」はありませんが、それでもキャスト目当てで来店するお客さんも多くいます。そのため、どんなお客さんにも好かれるようなキャストを育成することは大切です。

質の高いキャストをそろえるためには、人材の確保も重要です。求人広告に力を入れて1人でも多くのキャストを獲得できるようにすることも大切です。そしてキャストが安心して働くことができるような職場作りを目指すことも大切です。

5. ガールズバーの開業に成功した事例と年収

ガールズバーの経営者の平均年収は1,200万円といわれていますが、それ以上の年収を稼ぐ経営者もいます。ある経営者は、経費を上手に削減することで利益をアップさせることができました。ガールズバーの利益率は売上の20~40%です。経費の多くは人件費ですが、キャストの待機時間を減らしたり、早上がりをしてもらったりして無駄な経費を減らすことで利益率を高めることに成功しました。

6. ガールズバーの開業に必要な資格・許可

ガールズバーは、物件を借りたらすぐに開店できるわけではありません。ガールズバーの開業には以下の許可が必要です。

・飲食店営業許可

ガールズバーなどの飲食店を開業する場合は、飲食店営業許可が必要です。許可の申請は最寄りの保健所で行います。

・防火対象物使用開始届出

店舗の広さによっては、防火対象物使用開始届出も必要です。許可の申請は最寄りの消防署で行いますが、開業の7日前には届出の提出が必要なため注意しましょう。

・深夜酒類提供飲食店営業開始届出

飲食店が0時以降もアルコール類を提供する場合は、深夜酒類提供飲食店営業開始届出が必要です。許可の申請は最寄りの警察署で行います。

7. まとめ

ガールズバーの開業資金は地域や店舗の規模によって異なりますが、最低でも400万円程度は必要です。ただし居抜き物件を利用すれば、内装費をおさえることができますし、内装工事による開業前の賃貸期間を短縮できます。

ガールズバーの開業では物件選びも重要です。周辺人口が多い地域や、物件の周辺に居酒屋やバーのある地域を選べば多くの集客を見込めます。契約を交わすときには、契約書の内容にすべて目を通すようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top