アントレランド

銀座のクラブに必要な開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

銀座でクラブを開業するには、初期費用やランニングコストなどの資金計画、店のデザインや従業員研修、サービスに対する気配りなどが大切です。仕事の性質上、トラブルへの対策も強く意識しましょう。銀座でのクラブ開業における心得を紹介します。

華やかなイメージから、銀座のクラブは稼げると考える人もいるでしょう。しかしクラブ開業には予算想定や経営のノウハウなど心得るべきことが多数あり、それがないままはじめると失敗します。

本記事では、銀座でクラブを開くための開業資金や物件の選び方、黒字経営のコツなどを紹介します。これを読むことで、開業や経営の基本的なポイントを知ることができます。

1. 銀座のクラブに必要な開業資金

銀座でクラブを開業するのに想定すべき資金を、初期費用とランニングコスト (運転資金) にわけて紹介します。

1-2. 初期費用と内訳

銀座でクラブを開業するには、最低でも840万円は必要です。店舗の見た目やクラブのコンセプトに強いこだわりがあると、金額はどんどん高くなっていきますが、それでも2,000万円程度あればこだわりのある店舗を開業できます。その内訳を紹介します。

内訳

費用

保証金 (敷金・礼金)

120~300万円 (家賃30万円×10ヵ月分)

前家賃

30万円 (家賃1ヵ月分)

不動産仲介手数料

30万円 (家賃1ヵ月分)

その他物件契約時の雑費

20万円

豪華な内装

500万円

看板などの外装費

10~30万円

テーブルやソファーなどの備品

50~80万円

このほか、トラスト (夜仕事専門のPOSシステム) 登録および月額利用料、宣伝費、求人費用、風営法申請費用などを合わせ、40~50万円程度が費用に上乗せされます。

内装費に関しては居抜き物件を利用した場合、必要金額がある程度抑えられます。初めて開業する人は居抜き物件を選ぶといいでしょう。

1-3. ランニングコスト

銀座クラブは開業後も経費がかかることに注意しなければなりません。クラブが軌道に乗るまでは半年~1年程度はかかります。物件の家賃や飲食物の仕入れ代、備品のメンテナンス費用、人件費など複数の面でランニングコストがかかります。

半年~1年分のランニングコストを用意すれば早期廃業を防ぐ保険になります。なおかつ1日でも早く軌道に乗せられるための事業計画が重要です。

2. 銀座のクラブに必要な開業資金の調達方法

自己資金や親族・知人からの借り入れでまかなえればそれに越したことはありません。しかし、それ以外の方法でも開業資金を調達できます。

銀座クラブは水商売に分類され、健全なイメージを重視する銀行からの融資は望みづらいですが、日本政策金融金庫ならクラブでも融資してもらえます。

社交飲食業生活衛生同業組合に加入することで、利率低下、無担保無保証の融資の享受、無料法律相談などの恩恵を受けられます。

次に生活衛生営業指導センターで推薦書交付願、借入申込書、創業計画書などの必要書類を提出しましょう。

最後に日本政策金融金庫に申し込み、融資を受けてください。

3. 銀座のクラブに最適な物件の選び方

クラブを開業するには、物件選びにもこだわりましょう。以下に3つのポイントを紹介します。

3-1. 物件選びの3つのポイント

・物件選びの時点でコンセプトやターゲットを決めておく

クラブのコンセプトや、多く取り込みたい客層は物件選びの時点で明確化しましょう。物件選びは経営成功の大切な要素なので、この段階からコンセプトやターゲットを定めることで、物件をある程度絞り込めます。

・駅からの距離や交通量を調査する

目当ての物件の駅からの距離や、交通量を調査しましょう。駅からの距離が近いと、お客さんは自宅に帰る途中か、帰りの駅に向かう途中にクラブに寄りやすくなります。

あなたが希望したメイン客層が、目当ての物件周辺に多く見られるかの調査も大切です。人や車の通りだけでなく、会社が多く入ったビルや商業施設など、周辺の目立つ建物の位置も把握することで、物件の近くを通りやすい客層がわかります。

・希望家賃に忠実になる

理想の物件だからと妥協して希望家賃をオーバーしたものを借りると、事業計画とのズレが生じ、経営上のトラブルが起きやすくなりますので注意してください。

3-2. 契約時の注意点

銀座のクラブのためのテナントは、仕事の性質上一般の不動産屋が仲介することはほとんどありません。水商売を専用にしている不動産業者がいるのでそこに相談しましょう。

銀座でクラブを開業する目的で物件を借りるときは、チェック要項を慎重に確認しましょう。保証金、管理費、前家賃、火災保険などの内訳に目を通し、不当な費用や契約条項がないかチェックしてください。わからないことは貸主に相談するか、信頼できる情報筋をもとに正当かどうか調べましょう。

普通か定期かの賃貸借契約の形式、契約終了時の修繕費用の取り決め、解約に関するルールおよび違約金などの特約もチェックしましょう。トラブルを避けるため、契約内容をはじめから終わりまで吟味してからサインしてください。

4. 銀座のクラブで黒字経営するコツ

銀座のクラブを軌道に乗せるには、お客さんに愛されることを念頭に置きましょう。それには、お客さんから見た店や従業員に対する第一印象が重要です。

お客さん想いの接客ができるよう、研修はきめ細やかに行いましょう。また、店の内外も常に気を引けるように、華やかさと清潔感を保つよう配慮してください。

店のコンセプトをお客さんに伝える一環として、従業員間の年齢差を10歳程度に絞ることも考えられます。多くのお客さんのニーズに応えるため、従業員の人選もキャラクターの被りがなくバランスがいいことが求められます。

お客さんの代金未払いなどのトラブルも想定されるため、毅然と対処するためのマニュアルを用意し、周知しておくことも大切です。

5. 銀座でクラブの開業に成功した事例と年収

銀座で開業したクラブの成功事例は、口コミなどでチェックできます。それを踏まえ、銀座クラブ開業者の年収相場を紹介します。

5-1. OASIS

高級品のイメージが強い銀座で、あえて45分5,000円という破格のセット料金を強みとしています。30代~40代とスタッフの年代も限定的で、落ち着いた雰囲気で安らぎを求めるお客さんを想定した店作りが高評価を得ています。

5-2. GRES (グレ)

40年以上の歴史を持つ老舗高級クラブとして、多くのお客さんに愛されています。赤のソファーをアクセントにしたアダルトでくつろぎやすい雰囲気があり、多くのお客さんを呼び寄せています。

テーブル席に加えカウンター席もあるなど、従来のクラブとの差別化にも臨んでいます。

出典URL:http://ginza-hakase.net/ranking/

5-3. 銀座クラブの収入

銀座クラブ経営による収入相場に関する明確な情報は見当たりません。しかし、複数店舗の経営などで成功しているクラブのオーナーの場合、年収が億を超えていることもあります。

クラブ経営は軌道に乗るとほかの業種では考えられない規模のお金が入ってくるので、金銭トラブルが起きやすいです。予防には厳重な金銭管理や収支の把握が重要です。

https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_1968303/

6. 銀座でクラブを開業するために必要な資格・許可

銀座クラブ開業に必須の資格はありませんが、風俗営業許可申請が必要で、開業地管轄の警察署の生活安全課を訪れなければなりません。無許可営業をすると警察が摘発される可能性があり、2年以下の懲役、または200万円以下の罰金に処されます。

開業予定のクラブに関する要件調査・確認、内装工事、必要書類の収集・作成と警察署への提出、施設検査を経て合格すれば営業許可証が発行されます。この間、許可申請から55日以内です。

7. まとめ

華やかな雰囲気への憧れなどから銀座でのクラブ開業を望む人がいますが、それには開業資金の計算や調達などの計画性が必要です。

事業を軌道に乗せるためには、資金などの計画性だけでなく、サービスやトラブルへの対処などのきめ細やかな対応でお客さんに好印象を残すことも大切です。

お客さんに愛され、経営が軌道に乗れば、億超えの年収を実現できるケースもあります。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top