アントレランド

日焼けサロンの開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

日焼けサロンの開業資金は初期費用とランニングコストを合わせて1,100万円以上はかかります。開業資金を調達する方法はいくつかありますが、日本政策金融公庫がおすすめです。

人工的に紫外線を当てて、小麦色の健康的な肌を作り上げる日焼けサロンの開業資金はどのくらいかかるのでしょうか?今回の記事では、日焼けサロンの開業資金と内訳について紹介します。さらに最適な物件の選び方や黒字経営をするためのコツもまとめています。

1. 日焼けサロンに必要な開業資金

日焼けサロンの開業に必要な資金は、初期費用とランニングコストがあります。それぞれの必要な経費を把握しておけば、リスクを抱えることなく経営ができます。

1-1. 初期費用と内訳

日焼けサロンに必要な初期費用は1,100万円ほどです。開業する地域や店舗の規模によっても異なりますが、おおよその内訳は以下の通りです。

・物件取得費

物件取得費には、前家賃、敷金、礼金、仲介手数料、家賃の6〜10カ月分の保証金が含まれます。物件取得にかかる初期費用はテナントによっても条件が異なりますが、一般的には家賃1年分の費用がかかります。一例として家賃20万円の物件を借りる場合には240万円の資金が必要です。

・内装費

内装は集客をするためにも重要なポイントですが、業者に依頼せずに自分たちで行えば費用も抑えられます。

また居抜き物件を借りる場合は、電気の配線や水道の配管などが整っているため、少ない資金でも内装ができます。内装費用はどの程度までこだわるかによっても変わりますが、最低でも150万円は必要です。

・設備費用

日焼けサロンでは日焼けマシンが欠かせません。メーカーによっても異なりますが、一般的には1台あたり200万円かかります。

・その他の備品

日焼けサロンの開業に必要な備品として、シャワー、洗濯機、エアコン、タオルなどがあげられます。店舗の広さによっても異なりますが、150万円ほどは必要です。

1-2. ランニングコスト

日焼けサロンに必要なランニングコストはおよそ30万円ほどです。開業する地域や店舗の規模によっても異なりますが、おおよその内訳は以下の通りです。

・家賃と水道光熱費

家賃や水道光熱費は店舗の広さによって異なります。日焼けマシンを複数台設置するならそれなりの広さが必要となり、家賃や水道光熱費も上がります。一例として17坪程度の広さで開業する場合は、20万円ほどの家賃と水道光熱費がかかります。

・ジェル

日焼けサロンではきれいに肌を焼くためのジェルが必要です。使用する商品によっても費用は異なりますが、毎月4万円は見込んでおきましょう。

・その他の費用

日焼けサロンに必要なその他の費用としてタオルなどのリネン代、電話代やインターネット代があります。店舗によって異なりますが、3万円程度は必要です。

2. 日焼けサロンの開業資金の調達方法

日焼けサロンの開業資金は、日焼けマシンを購入する必要があるため1,000万円を超えます。自己資金だけで開業することが一番よい方法ですが、全ての資金を用意するのが難しい場合は、以下の方法で資金調達できます。

・日本政策金融公庫

・地方自治体による制度融資

・銀行融資

・クレジット

このうち最も人気があるのは日本政策金融公庫による融資です。公的金融機関であるため誰でも融資が受けられやすく、低金利のため長期間の返済が可能です。融資を受ける際には、具体的なビジネスプランを立てることが大切です。

3. 日焼けサロンに最適な物件の選び方

日焼けサロンなどのビジネスでは、集客によって経営状況が大きく変わります。物件を選ぶときには以下のポイントをおさえておきましょう。

3-1. 物件選びの3つのポイント

・周辺地域の人口を調査する

効率よく集客するためには、人口の多い地域に出店することが大切です。そのため人口はどのくらいなのか、どんな年齢層が住んでいるかなどを確認しましょう。日焼けサロンは、6:4の割合で男性の来店が多く、20〜50代を中心に利用されます。

・地上階の物件がおすすめ

マンション内の物件を借りる場合、建物の何階かにも注意しましょう。効率よく集客するためには、なるべく地上階を選ぶようにして、5階以上のフロアや地中階はなるべく避けるようにしましょう。風俗ビルに出店すると風俗と混同されやすいため避けたほうが無難です。

・物件を借りるときは電気容量に注意

日焼けマシンはかなりの電力を消費するため、電気容量の多い物件を選びましょう。複数の日焼けマシンを設置する予定なら、高圧受電設備のある物件を選ぶと安心して利用できます。

3-2. 契約時の注意点

日焼けサロンに適した物件が見つかった場合、大家や管理人と契約を交わします。マンション内の物件を契約する場合には、電気代の割り振りに注意しましょう。マンションによってはフロアによって電気代が異なることがあります。

娯楽施設や工場の上の階については電気代が高かったという事例もあります。そのため、家賃だけでなく水道光熱費の基本料金も確認しておきましょう。

4. 日焼けサロンで黒字経営するコツ

日焼けサロンをはじめとしたサロンの店舗ビジネスを成功させるためには、店のコンセプトを決めておくことが大切です。日焼けサロンなどはリラックスしてもらうことを目指しているため、快適で落ち着いた空間を演出するような内装作りやサービスが求められます。

5. 日焼けサロンの開業に成功した事例と年収

日焼けサロンを開業した人の中には1,000万円以上の年収を稼いだ人もいます。一例として、あるオーナーはドイツ製の最新マシンを導入したことで年収1,000万円を稼ぐことに成功しました。肌をきれいに焼くことができると評判になり、リピーターを増やしたのです。

6. 失敗しない日焼けサロンの開業・経営方法の種類

日焼けサロンを経営する方法として、フランチャイズ経営と個人経営があげられます。それぞれには特徴があるため、どちらの特徴が自分の経営に合っているかを検討するのは大切です。

6-1. フランチャイズ経営

フランチャイズ経営の特徴は、初めての開業でも失敗しないための充実したサポートがあることです。フランチャイズ本部によるサポートにより短期間で開業できます。さらに、効率的な集客のプロモーションにより短期間で黒字化できます。

一方で、フランチャイズ本部が倒産した場合には、経営に大きな影響を与える可能性があるというデメリットもあります。

6-2. 個人経営

個人経営の特徴は、日焼けマシンなどの機材から金額設定に至るまで全て自分で決めることができるため、自分の思うように経営ができます。さらに、定休日なども自由に決められるなどのメリットもあります。

一方で、日焼けサロンに関する経営ノウハウを自分で見つけ出さなければならないというデメリットもあります。そのため、場合によってはフランチャイズ経営よりも費用がかかることもあります。

7. 日焼けサロンの開業に必要な資格や許可

日焼けサロンを開業する上での特別な資格や許可はありません。ただし、収容人数が30人を超える大きい店舗を開業する場合は、防火管理責任者の資格が必要です。防火管理責任者の資格は、最寄りの消防署で講習を受ければ取得できます。

8. まとめ

日焼けサロンの開業する場合は、開業資金として1,100万円以上の初期費用と毎月30万円以上のランニングコストがかかります。開業時のランニングコストについては、集客が安定するまでの数カ月分をあらかじめ貯めておくと、リスクを軽減できます。

日焼けサロンの物件を探す場合は、周辺の人口だけでなく、物件そのものにも注意しましょう。電気容量が小さい物件や風俗ビルなどは、営業に支障が出る可能性もあるため避けるようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top