アントレランド

フランチャイズに加盟して焼き鳥屋を独立開業する方法

焼き鳥屋のフランチャイズ加盟を計画する際には、まずメリットとデメリットを把握しておきましょう。デメリットをあらかじめ理解しておけば、加盟後のトラブルを避けることができます。焼き鳥屋のフランチャイズで開業する場合の流れや、フランチャイズ募集している焼き鳥屋をまとめました。

 個人で焼き鳥屋を開業することも可能ですが、フランチャイズによる開業にはメリットがあります。

焼き鳥屋をフランチャイズで開業する場合の流れやフランチャイズ募集している焼き鳥屋をご紹介します。焼き鳥屋の開業を考えている人はぜひ参考にしてください。

1. フランチャイズ募集している焼き鳥屋一覧

安定した経営を目指すために、フランチャイズで焼き鳥屋の開業を考える人もいますが、フランチャイズによってコンセプトや初期費用は異なります。そのため、自分の計画に合ったフランチャイズを選ぶようにしましょう。

やきとり大吉

やきとり大吉は大阪市に本社を置く焼き鳥のチェーン店です。セントラルキッチンを持たず、各店舗で鶏肉業者から仕入れて仕込みを行っています。焼きかたにもこだわりがあり、「大吉グリラー」という名称を持つ焼き台は、特別な電気式の熱線を使用しているため、炭火と比較しても遜色のない焼き上がりが可能です。

やきとり大吉のフランチャイズシステムは、店舗を取得して開業する「グループ方式」と、店舗を借り受けて開業する「ユーザー方式」の2種類となっています。グループ方式の場合は、初期費用が1,350万円からの開業が可能です。ユーザー方式の場合は、初期費用150万円と初期費用0円の2パターンから選べます。ただし、ユーザー方式の場合は店舗場所を選ぶことはできません。またユーザー方式の場合は初期費用にくわえて、備品やレジスターやユニフォームの代金として約100万円が必要です。ロイヤリティについては開業する方式によっても異なりますが、3~6.3万円がかかります。 

とりのすけ

日本国内だけでなく、台湾にも店舗を持つとりのすけの魅力は、来店するすべての人が満足するように付加価値を高めることを意識していることです。鶏は養鶏場から直送した新鮮なものだけを使用していて、プリプリな食感と甘みを楽しめます。焼き鳥で使用するタレは、長い時間をかけて研究した門外不出の特別なタレを使用しており、焼き鳥にとてもマッチします。

とりのすけのフランチャイズへの加盟金は200万円です。ロイヤリティは毎月5万円の一律料金のシステムを採用しています。研修は90日間ですが、とりのすけでは加盟契約前に関しても、7日間の無料のお試し研修の参加が可能です。 

とり鉄

東京に本社を構えるとり鉄の自慢は、秘伝のタレとこだわりの鶏です。みそだれは伝統的な天然醸造製法で製造した愛知県のみそを使用しており、みその持つ豊かな味と香りが焼き鳥にマッチします。鶏はフランス産のレッドブローという鶏を使用しており、きめ細かく歯ごたえのある味が魅力です。天然原料を中心とした肥料を与えているため、臭みはほとんどありません。

とり鉄のフランチャイズへの加盟金は300万円で、加盟保証金は100万円です。毎月の売り上げの5%をロイヤリティとして本部に支払います。とり鉄では開業前や開業後のきめ細やかなサポートがあり、焼き鳥についての高いスキルや技術を身につけることのできる研修、スーパーバイザーとの定期的な面談、年2回のグランドメニューの変更などが行われているのも魅力のひとつです。 

2. フランチャイズで焼き鳥屋を開業する3つのメリット

フランチャイズで焼き鳥屋を開業する場合には、個人の経営にはない3つのメリットがあります

研修システムがある

フランチャイズの焼き鳥屋では、鶏の仕込み、タレの作りかた、鳥の焼きかたなど、焼き鳥を提供するために必要な技術や知識の習得が可能です。さらに、接客サービスや運営の管理など店舗を運営するために必要なノウハウも身につけることができます。個人で開業する場合は開業に必要なスキルを自分で習得しなければなりませんが、フランチャイズでは理解できるまで丁寧なサポートを受けることができるので安心です。

店の名前を使用できる

焼き鳥屋のビジネスを成功させるには集客アップが大切です。焼き鳥に関する知識や技術を持っていても集客についてのノウハウがなければ、経営を続けていくことは難しいでしょう。フランチャイズの焼き鳥屋では、店の名前を利用できるので開業後の集客も簡単です。広告宣伝費をかけなくても顧客を獲得できるため、経営に集中しやすいというメリットもあります。

少ない資金でも開業できる

個人で開業する場合には、店をオープンするために必要な物件や機材をすべて自分でそろえなければなりません。ビジネスに関する知識がなければ、お得な物件やおすすめの機材を購入することが難しく、予定していた金額よりもかかってしまうこともあります。

フランチャイズに加入すれば、本部の持つデータで優良な物件を安く取得できます。機材についても本部から安く購入できるので余計な費用がかかりません。フランチャイズによっては、店舗の貸し出ししているところもあります。通常の焼き鳥屋よりも少ない費用での開業も可能です。 

3. フランチャイズで焼き鳥屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズで焼き鳥屋の開業を計画する際には、メリットだけではなくデメリットも把握しておきましょう。主なデメリットとして以下のものがあります。

ロイヤリティがかかる

フランチャイズの焼き鳥屋は開業前や開業後のサポートがありますが、代わりとしてロイヤリティを支払わなければなりません。ロイヤリティはフランチャイズによって異なり、毎月の売り上げによって金額が異なるところと、毎月一定の金額を支払うところがあります。そのため、フランチャイズに加盟するときには、ロイヤリティによる支出も計算に入れておきましょう。

毎月のロイヤリティが決まっている場合、売り上げがアップすれば手元に残る報酬は増えますが、経営が赤字のときは大きな負担です。一方で、毎月のロイヤリティが変動制の場合は、経営が赤字のときはロイヤリティが下がるというメリットがありますが、売り上げがアップしたときには、ロイヤリティの金額も上がります。

本部のブランド力が経営を左右することもある

フランチャイズに加盟をすると、店の名前を使用できるメリットがありますが、もし本部が問題を起こしたときには、店の名前が売り上げに影響を与えることもあります。そのため、フランチャイズに加盟する際には、信頼のおける企業を選ぶようにしましょう。

契約期間にも注意

フランチャイズに加盟するときには、契約内容に注意しましょう。フランチャイズの契約には契約期間があります。契約期間内に店を閉める場合には、違約金が発生することもあるため、確認が必要です。

4. フランチャイズで焼き鳥屋を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、加盟する場合には以下のような流れです。

・加盟の申し込み
加盟したいフランチャイズが見つかったら、まずは加盟の申し込みです。本部との面談を行って加盟の条件や内容の確認をします。

・加盟の締結
加盟の条件や内容に納得をしたら契約です。一般的には契約書を使用して締結をします。契約を交わすときには、契約期間や加盟金の確認を忘れずに行いましょう。

・店舗の取得
契約の締結をしたら店舗の取得です。本部が持っているデータをもとに営業に適した物件を選びます。イメージどおりの物件が見つかったなら不動産会社と店舗契約を結びましょう。

・研修
研修期間はフランチャイズによっても異なりますが、1~3カ月が通常です。焼き鳥屋の運営に必要なスキルや知識を習得します。フランチャイズによってはオーナーだけでなく、スタッフの参加も可能です。

・開業
すべての準備が整ったら開業です。フランチャイズの多くはオープン後のサポートも行っているため、安心して相談ができます。

5. フランチャイズに加盟して焼き鳥屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟して焼き鳥屋を独立開業する場合には、はじめにメリットとデメリットを把握しておきましょう。本部によるサポートを受けることができるというメリットがありますが、ロイヤリティがかかるといったデメリットもあります。メリットとデメリットの両方を理解しておけば開業でのトラブルを避けることができるでしょう。

フランチャイズの焼き鳥屋は全国にたくさんありますが、コンセプトはさまざまです。比較検討をして自分に合ったフランチャイズを見つけましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top