アントレランド

ワークマンの開業資金と調達方法まとめ

ワークマンを開業する場合の初期費用やランニングコストについてまとめました。ワークマンでは、フランチャイズ契約と業務委託契約の2種類から選ぶことができます。ワークマンに加盟して黒字経営をするためのコツは、接客に力を入れることです。

作業着や作業用品などの販売を行っているワークマンですが、開業する場合にはどのくらいの資金が必要なのでしょうか?

気になる初期費用やランニングコストの内訳をまとめました。資金調達の方法やワークマンに加盟をして黒字営業をするコツなども紹介しています。ワークマンの加盟に興味があるものの、ビジネスが成功するのか不安を感じている人は、今回の情報を役立ててください。

1. ワークマンの開業資金

ワークマンで開業することを検討するときには、最初に開業資金がどのくらいかかるのかを把握しておきましょう。ワークマンの開業資金は、加盟契約のタイプによって費用が異なります。

・フランチャイズ契約(Aタイプ)

売上げによって収入が決定する成果報酬のシステムを採用しています。

・業務委託契約(Bタイプ)

一定の収入を受け取ることのできるシステムです。売上げが多ければ歩合としてさらに報酬をもらえます。

1-2. 初期費用と内訳

・フランチャイズ契約の場合

ワークマンとフランチャイズ契約を結んで開業する場合の初期費用は350万円です。内訳は以下のようになっています。

・加盟金                     75万円

・開店手数料                 100万円

・研修費                     25万円

・保証金                     100万円

・開店時出資金               50万円

上記のうち保証金については、契約が終わったときに返却します。

・業務委託契約の場合

ワークマンと業務委託契約を結んで開業する場合の初期費用は150万円です。内訳は以下のようになっています。

・開店手数料                 25万円

・研修費                     25万円

・保証金                     100万円

業務委託契約のメリットは、加盟金が発生しないので少ない初期費用でも開業できることです。毎月の収入が52万5,000円の固定ですが、開業のための費用を少なくしてリスクを減らしたい人にはおすすめといえるでしょう。

ワークマンでは、本部が開業する店舗を用意しています。オーナーが自分で探す必要はありません。ただし、オーナーが希望をすれば、自分で用意した物件で開業することも可能です。

1-3. ランニングコスト

・フランチャイズ契約の場合

ワークマンとフランチャイズ契約を結んで開業する場合のランニングコストは30万円です。内訳は以下のようになっています。

・加盟店負担経費                      13万円

・催促費や消耗品費などの経費 9万円

・在庫金利負担                        5.5万円

・棚卸しロス預託金                    2万円

ワークマンで販売する商品は、すべてオーナーの資産です。オープンするときには商品にかかる費用として1,625万円が必要ですが、本部が無担保で融資をします。そのため、在庫金利負担として毎月5.5万円を本部に支払わなければなりません。

ワークマンを経営するときにスタッフを雇用する場合は、人件費がかかります。人件費については開業する地域によっても異なりますが、アルバイトなら毎月10~15万円、社員なら20万円前後の経費がかかるでしょう。

・業務委託契約の場合

ワークマンと業務委託契約を結んで開業する場合のランニングコストは14万円です。内訳は以下のようになっています。

・毎月の営業経費                      12万円

・在庫負担費                          1万円

・棚卸しロス預託金           1万円

ワークマンと業務委託契約を結んだ場合、家賃や水道光熱費などの営業経費の90%は本部が負担します。オーナーは営業経費の10%のみを支払うので、コストがあまりかからないというメリットを受けることができるでしょう。

2. ワークマンに必要な開業資金の調達方法

ワークマンに加盟するときには、まとまった資金が必要です。自己資金だけで開業をすれば、借金のリスクがないので安心です。

3. ワークマンに最適な物件の選び方

ワークマンでは基本的に本部が店舗を用意します。オーナーはいくつかの候補の中から自分に合った店舗を選ぶことができますが、物件選びは集客も影響を与えるので慎重に決定しましょう。ワークマンに最適な物件の選びかたは以下のとおりです。

3-1. 物件選びの3つのポイント

・ターゲットに合った場所を選ぶ

ワークマンの店舗を選ぶときには、「ターゲットが利用しやすい場所にあるのか」を検討しましょう。ワークマンの扱う商品は、作業着や作業用品が専門です。仕事場へ行く途中に気軽に立ち寄れる場所に店舗があれば、安定した集客を期待できます。

・ライバル店がないかをチェックする

開業するエリアに、同じような形態の店がないかをチェックするのも重要です。近くにいくつものライバル店があると、営業に苦戦する可能性もあるので注意しましょう。

・立地を確認する

店舗を選ぶときには、入店しやすい物件であるかを確認しておくのも大切です。確認するときには、以下の点に注意しましょう。

・大通りに面した場所にあるか

・駐車場はあるのか

・平日や休日の通行量は多いか

・通行人から見て見やすい場所にあるのか

上記の質問にすべてあてはまれば、開業後の安定した集客を見込めるでしょう。

3-2. 契約時の注意点

ワークマンに加盟するときには、オーナーが不動産会社と契約を結ぶことはありません。ただし、土地や建物を自分で用意するときには、不動産会社と賃貸契約を結ぶこともあるでしょう。

賃貸契約を交わすときには、契約期間に注意しましょう。契約期間が長いと更新の回数も減るので、経費をおさえることができます。

4. ワークマンの開業で成功するコツ

ワークマンの開業で成功するためのコツは、接客に力を入れることです。ワークマンで購入する人は、工場や建設現場で勤務している人、飲食店や農業を営んでいる人が中心ですが、店に訪れるすべての人にあいさつや笑顔などのコミュニケーションをとることで、親近感を持ってもらえます。店に通いやすい雰囲気を作ることで集客力をアップし、売上げを伸ばすこともできるでしょう。

5. ワークマン開業の成功事例と年収

ワークマンは国内に800店舗以上ありますが、1店舗あたりの平均売上げは9,700万円です。年商1億円、年収1,200万円も期待できるでしょう。

ワークマンのフランチャイズ店舗の中には35歳でオーナーとなった人もいます。業務委託契約からスタートをして、売上げが6,000万円以上を見込めると判断したら、フランチャイズ契約へと移行しました。その後も順調に売上げを伸ばし、高収入を得ることができるようになりました。

6. ワークマンの開業に必要な資格・許可

ワークマンを開業するための特別な資格や許可はありません。ただし、加盟条件として以下のものがあります。

・25歳以上55歳未満であること

・契約者が個人であること

・夫婦での経営の参加が可能なこと

・高速道路を使用しないで、通勤40分以内のところに住んでいる人

また開業をするときには、税務署への開業届の提出も必要ですので、忘れないようにしましょう。

7. まとめ

ワークマンでの開業を目指すときには、最初にフランチャイズ契約にするのか業務委託契約にするのかを検討しましょう。売上げに応じた収入が欲しい人にはフランチャイズ契約がおすすめです。一方、業務委託契約は、少ない資金でも開業ができます。

ワークマンの経営を成功させるには、接客サービスに力を入れることです。店に訪れる人に笑顔やあいさつをすることで、集客力のアップができるでしょう。安定した売上げを続けることができれば、年収が1,200万円も可能です。自分の店を持って高収入を得たい人にはおすすめのビジネスといえるでしょう。

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top