アントレランド

ローソンの開業資金と調達方法まとめ

ローソンにフランチャイズ加盟して独立開業する場合には、150~630万円の初期費用や220万円のランニングコストがかかります。開業資金を集めるときには、金融機関の融資制度の利用がおすすめです。ローソンの開業資金の詳細や物件選びなど、開業に関する情報をまとめました。

全国で1万4,000店舗以上、海外に2,000店舗以上を持つ大手のコンビニエンスストアのローソン。人気のフランチャイズチェーンに加盟をして、安定した収入を目指したい人も多いのではないでしょうか。

しかし、ローソンに加盟したときに、どのくらいの費用がかかるのかについて疑問に感じているという人もいます。そこで、今回はローソンの開業資金や資金の調達方法を紹介します。さらに最適な物件を選ぶためのポイントもまとめましたので、参考にしてください。

1. ローソンの開業資金

ローソンの開業資金は、開業前に必要な初期費用と開業後に必要なランニングコストがあります。

1-2. 初期費用と内訳

ローソンに加盟して店をオープンするために必要な初期費用は150~630万円です。主な内訳は以下のとおりになっています。

・加盟金

ローソンのフランチャイズ加盟金は100万円です。他のコンビニエンスストアの加盟金と比較すると、100万円以上は安くなっています。加盟金が安いので、申し込み安い点は魅力的です。

・開店準備金

開店準備金とは、店のオープンにあたって必要なつり銭などの費用のことです。また、本部からのアドバイスやサポートを受けるときの費用も、開店準備金の中に含まれています。

・物件取得費(FC-Bnタイプで加盟する場合のみ)

ローソンに加盟をするときには、最初にローソンの本部が店舗と土地を用意する「FC-Cnタイプ」と自分で店舗と土地を用意する「FC-Bnタイプ」の2つから、希望するタイプを選びます。FC-Bnタイプを選んだ場合には、物件の取得が必要です。

物件を取得するときには、前家賃と保証金、仲介手数料を支払います。保証金は家賃の6~12カ月分、仲介手数料は家賃の1カ月分を相場としているので、店舗を借りるときにはまとまった資金を用意しておきましょう。もし、家賃が20万円の場合は、物件取得費として160~280万円がかかります。

・内装工事費(FC-Bnタイプで加盟する場合のみ)

自分で物件を用意する場合には、店舗の内装工事をしなければなりません。業者によっても異なりますが、内装工事の費用の相場は1坪あたり30~40万円です。一般的なコンビニエンスストアの店舗面積は50坪が多いので、内装工事費として150~200万円はかかるでしょう。

1-3. ランニングコスト

ローソンを経営するときにかかる毎月のランニングコストは、220万円ほどです。また、売り上げの一部をロイヤリティとして本部に払います。主な内訳は以下のとおりです。

・ロイヤリティ

ローソンでは、売り上げの一部を本部に支払うロイヤリティ制度を取り入れています。売り上げに対するロイヤリティの比率は以下のとおりです。

・FC-Cnタイプ

売り上げが300万円以下              45%

売り上げが300~450万円 70%

売り上げが450万円以上              60%

・FC-Bnタイプ

売り上げが300万円以下              41%

売り上げが300~450万円   36%

売り上げが450~600万円   69%

売り上げが600万円以上              21%

自分で店舗と土地を用意する「FC-Bnタイプ」のほうが、ロイヤリティの比率を低くおさえられています。

・人件費

ローソンは24時間営業なので、店を支えてくれるスタッフが必要です。店舗の規模や出店する地域によっても異なりますが、15~20人のスタッフを用意しておきましょう。人件費として、毎月150万円ほどを見積もっておくのがベストです。

・水道光熱費

店舗を経営するときには、水道光熱費がかかります。25万円ほどはかかると考えておきましょう。

・商品の廃棄ロス代

ローソンではおにぎりや弁当などを販売していますが、売れ残った商品についてはオーナーが買い取りをします。そのため、ランニングコストには廃棄ロス代を含めておきましょう。毎月の目安は42万円ほどです。

・家賃(FC-Bnタイプで加盟する場合のみ)

自分で店舗と土地を用意するタイプを選んだ場合には、毎月の家賃が発生します。

2. ローソンに必要な開業資金の調達方法

ローソンに加盟するにはまとまった資金が必要です。自己資金を用意するのがおすすめですが、難しい場合は金融機関による融資制度を利用しましょう。

おすすめは「日本政策金融公庫」の融資制度です。1.25~3%の低金利で、最大1,000万円まで借りることができます。

3. ローソンに最適な物件の選び方

FC-Bnタイプでローソンに加盟をするときには、自分で物件を見つけなければなりません。最適な物件を選ぶために、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

3-1. 物件選びの3つのポイント

・住民基本台帳を活用して、お店を利用する人数を把握する

店舗を選ぶときには、どのくらいの人がローソンを利用するのか周辺の環境をチェックしましょう。住民基本台帳を使って調べれば、おおよその人口が把握できるのでおすすめです。住民基本台帳は各市町村のホームページでも確認できます。

・ライバル店をチェックしておく

安定した集客を目指すには、人口の多い地域に出店するのがおすすめです。ただし、人気のスポットやエリアなどは、他のコンビニエンスストアやカフェなどがある可能性が高いので注意しましょう。あらかじめライバル店をチェックして、黒字経営ができるかを十分に検討しておくのが大切です。

・分断要素を確認する

物件を選ぶときに気をつけておきたいもうひとつのポイントは、「出店したい店舗の周辺に分断要素がないか」です。鉄道の線路、河川、坂道、大型のトラックが利用する幹線道路などは、人の流れを分断する可能性があるので注意しましょう。

3-2. 契約時の注意点

気に入った物件を見つけたら、不動産会社や大家と賃貸契約を交わします。契約は書面を通して交わすのが一般的ですが、その際には必ず契約の内容を確認しておきましょう。特に、解約に関する以下の点についての確認が必要です。

・途中解約は可能か

・解約を希望する場合には何カ月前の申告が必要か

・解約をしたときに、保証金はいつごろ戻るのか

4. ローソンの開業で成功するコツ

ローソンの開業で成功するためのコツは、「十分なスタッフを雇い無理のない経営をする」ことです。オーナーの中には黒字経営をするために、人件費などのコストカットに励む人もいます。その結果、多くの仕事を抱え込んでしまい、体調を崩したり、すべての業務に手が回らなくなったりすることもあります。さまざまな仕事をスタッフに任し、安定した経営を目指しましょう。

5. ローソン開業の成功事例と年収

ローソンのオーナーの平均的な年収は500万円です。ただし、オーナーの中には平均よりもさらに多い年収を稼ぐことに成功した人もいます。

あるオーナーは接客に力を入れることで成功しています。お客さんと接する時間は短いですが、毎回きちんとした接客をすることでリピーターを増やすことができました。さらに、店を支えるスタッフと一緒に同じ目標を持つことでモチベーションを高めいています。その結果、2軒目の出店を計画するまでに成長しました。

6. ローソンの開業に必要な資格・許可

ローソンでは加盟の条件として以下のものがあります。

・オープンする店舗の近くに住んでいること

・20歳以上であること

・開業の資金を用意できること

・店舗の専従者が2人であること

またコンビニエンスストアを開業するときには、食品販売業登録、飲食店営業許可、一般酒類小売業免許、たばこ小売販売業許可などの許可が必要です。

7. まとめ

ローソンに加盟してコンビニエンスストアをオープンする場合には、150~630万円の初期費用が必要です。また毎月のランニングコストとして220万円がかかります。開業資金を集めるときは、自己資金を用意するのがベストですが、難しいときには金融機関の融資制度を利用しましょう。

ローソンの経営に最適な店舗を選ぶときには、住民基本台帳を使って周辺の人口をチェックしておきましょう。また、人口が多い地域でもライバル店が多いと売り上げが伸びない可能性もあるので、周辺の状況を確認しておくのは重要です。

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top