アントレランド

低予算で独立開業できるフランチャイズの業種TOP5

低予算で独立開業できるフランチャイズの業種を5つ紹介しています。「高齢者向けの弁当サービス」や「遺品整理サービス」など時代に合わせた業種のフランチャイズは、ニーズも高いので安定した収益を得ることが可能でしょう。

フランチャイズに加盟して開業したいと考えている人の中には、「なるべく費用をかけずに開業したい」という人もいます。費用が少なければ資金の調達も楽になるからです。

そこで、今回は低予算で独立開業できるフランチャイズの業種を5つ紹介します。開業資金やビジネスの内容についてわかりやすく説明していますので、低予算で開業したい人は参考にしてください。

1位:高齢者向け弁当の宅配サービス業

低予算で独立開業できるフランチャイズでおすすめなのが弁当の宅配サービス業です。その中でも、高齢者向けの弁当の宅配サービスは少ない資金で安定した収入を得ることができるでしょう。

日本では高齢化社会が進んでおり、高齢者のニーズに合わせたサービスを必要としています。高齢者が求めているニーズのひとつは、自炊をすることが難しい高齢者に食事を届けることです。いつまでも健康に暮らすために、おいしくて栄養価の高い弁当を提供することが必要になっています。

そこで、高齢者向けの弁当の宅配サービスを開業すれば、社会に貢献した活動ができます。日本では、これからも高齢者の割合が高くなるため、安定した収入を得ることができるでしょう。

開業資金

加盟するフランチャイズによって開業資金が異なりますが、10万円ほどで開業できるでしょう。内訳は以下のとおりです。

・研修費:約10万円

高齢者向けの弁当の宅配サービスを行っているフランチャイズの多くは、開業資金0円で募集しています。食材費は毎月かかりますが、自宅で調理ができるので物件取得費や調理道具に関する費用はかかりません。

ロイヤリティが0円のところも多いので、毎月のコストを下げることができます。開業前には本部による調理指導や営業のサポートがあるので、安心して開業ができるでしょう。

2位:遺品整理サービス業

遺品整理サービスとは、亡くなった人の持ち物を回収して整理するサービスのことです。日本では高齢化社会が急速に進んでおり、一人暮らしで生活している年配者も多くいます。その結果、大切な家族が亡くなっても遺品を整理する遺族がいないという問題が起きていました。

また、亡くなったショックの大きさでなかなか気持ちの整理がつかず、片付けの作業が進まないという悩みを抱えている人もいます。そこで、遺族に代わって片付けのプロが行うというサービスが誕生しました。

一人暮らしの年配者はこれからも増えていくため、遺品整理サービスのフランチャイズに加盟して開業すれば、安定した収入を得ることができるでしょう。

開業資金

加盟するフランチャイズによって開業資金が異なりますが、42万円ほどで開業できるでしょう。内訳は以下のとおりです。

・研修費:約30万円
・ユニフォーム代:約6万円
・備品代:約6万円

フランチャイズによっては加盟金が0円のところもあるのでチェックしておきましょう。仕事に慣れることができるのか不安に感じている人は、研修を行っているフランチャイズに加盟をするのがおすすめです。

3位:風呂釜洗浄サービス業

共働きの夫婦や一人暮らしが増えており、ハウスクリーニングのニーズが高まっています。ハウスクリーニングのフランチャイズチェーンもありますが、清掃道具の費用や研修費用などで200~300万円の開業資金が必要になるでしょう。そこで風呂釜洗浄に特化したサービスを行うことで、低予算での開業ができます。

近年では健康への興味や病気への不安のために、風呂場の洗浄のニーズが高まっています。特にレジオネラ属菌による体調の悪化なども問題となっているため、風呂釜を洗浄したいという人も多くいます。そこで、風呂釜についての専門的なスキルや知識を持ったフランチャイズに加盟すれば、安定収入が得られるでしょう。

開業資金

加盟するフランチャイズによって開業資金が異なりますが、53万円ほどで開業できるでしょう。内訳は以下のとおりです。

・技能講習の費用:約17万円
・洗浄のための機材:約36万円

風呂釜洗浄サービス業のメリットは、店舗を必要としないので物件取得費がかからないことです。また、一人で洗浄の作業ができるのでスタッフの雇用の必要がありません。さらに、多くの風呂釜洗浄サービス業ではロイヤリティが無料のため、開業後の経営リスクの心配がありません。

4位:納棺

2008年に公開した映画「おくりびと」によって、納棺士の仕事が注目されるようになりました。納棺士の仕事は、遺体を生前の状態に近づけるように修復をしたり化粧をしたりすることです。亡くなった遺族がすっきりとした気持ちで送り出せるよう助けるという大切な役割を担っています。

交通事故などに命を落とす人もいますが、遺体を修復するプロフェッショナルはまだまだ足りない状態です。そのため納棺の仕事をすれば、多くの人のニーズにこたえることができるでしょう。

開業資金

加盟するフランチャイズによって開業資金が異なりますが、63万円ほどで開業できるでしょう。内訳は以下のとおりです。

・加盟金:約30万円
・研修費:約20万円
・納棺のための道具代:約13万円

研修は3週間~1カ月ほどです。講義だけでなく現場での実習もあるので、未経験の人でもスキルを習得できるでしょう。本部によるサポートやアドバイスを受けることができるので、開業後も安心して経営に集中できます。

また、オフィスを構える必要がなく、一人で開業することも可能です。デリケートな仕事ですが需要は多いので、開業すれば安定した収入を得ることができるでしょう。

5位:ペットシッターサービス業

これからも需要が増える可能性が高いフランチャイズは、ペットシッターサービスです。国内では、1人暮らしや共働きの夫婦を含め、ペットを飼育している家庭が増えています。国内の犬と猫の飼育数は2,500万頭以上です。日本の15歳以下の人口は1,550万人なので、需要はかなりあることがわかります。

ペットシッターサービスの主な仕事は、飼い主に変わってペットの世話をしてあげることです。エサをあげたり、散歩をしたり、一緒に遊んだりします。仕事現場はペットの飼い主のお宅になるめ、店舗を持つための費用がかかりません。ペットを上手に扱うことのできる知識や技術があれば、誰でも開業が可能です。

開業資金

加盟するフランチャイズによって開業資金が異なりますが、60万円ほどで開業できるでしょう。内訳は以下のとおりです。

・加盟金:約54万円
・インターネットや電話などの加入費用:約1万円​
・ペットの保険代:約4万円

ペットシッターサービスを開業するには、動物取扱責任者の資格の取得が必要です。第一種動物取扱業の資格を取得する場合には、申請のための費用として1万5,000円がかかります。フランチャイズによっては開業のための研修を行っているところもあるので、ペットについての基礎的な知識を身につけてから開業するのも可能です。

まとめ

低予算で独立開業できるフランチャイズはたくさんあります。100万円以下でも開業できるので自己資金のみでも開業できるでしょう。ただし、遺品の整理や納棺の仕事はとてもデリケートなので、慎重に考えてから決めることをおすすめします。

紹介した5つの業種は個人での開業も可能ですが、フランチャイズでは研修や開業のサポートを用意しています。そのため、スムーズな開業が可能でしょう。

 

 

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top