アントレランド

個人で行うフランチャイズモデル

学研教室の開業資金と調達方法まとめ

学研教室を開業するには最低でも5万円の初期費用が必要です。テナントを借りて開業する場合には、200万円以上の初期費用がかかるでしょう。また、経営を続けるためには4~45万円のランニングコストがかかります。学研教室の開業資金や資金の調達方法をまとめました。

子どもたちに算数や国語などを教える学研教室を開業するには、どのくらいの資金が必要なのでしょうか?今回は、学研教室の開業の際に必要な、初期費用やランニングコストについて紹介します。さらに開業を成功させるための方法や年収アップのコツもまとめました。

学研教室を開業して安定した収入を得たいと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

1. 学研教室の開業資金

学研教室の開業には、どのくらいの費用がかかるのかを把握しておきましょう。おおよその開業資金がわかると計画が立てやすくなります。

1-1. 初期費用と内訳

開業する地域や教室の規模にもよりますが、学研教室の初期費用は5~246万円です。

おもな内訳は以下のとおりですので参考にしてください。

加盟金

学研教室を開業する場合には、本部に加盟金を支払わなければなりません。加盟金は5~8万円です。

物件取得費

学研教室は自宅の空き部屋を使って開業できますが、たくさんの生徒を集めたい場合には公民館やテナントを借りることをおすすめします。

テナントを借りる場合には前家賃と保証金、仲介手数料などがかかります。保証金は家賃の10カ月分、仲介手数料は家賃の1カ月分が目安です。家賃15万円の店舗を借りるときには、物件取得費として180万円がかかります。

内装工事費

テナントを借りて学研教室を開業するときには、店舗の内装工事が必要です。さらに、生徒を集めるために看板を設置しましょう。費用は、店舗の規模によっても異なりますが、55万円は用意しておきましょう。

備品

学研教室を開くための備品として以下のものがあります。

・机やイス
・パソコン
・棚
・事務用品

備品にかかる費用として38万円は見積もっておきましょう。

広告代

学研教室を経営するには生徒を集めなければなりません。そのため、チラシや自社のサイトを用意する必要があります。広告代として20万円は用意しておきましょう。

1-2. ランニングコスト

ランニングコストは教室の規模によって異なりますが、目安として4~45万円はかかるでしょう。内訳は以下のとおりです。

ロイヤリティ

学研教室のロイヤリティは生徒の数によって異なります。通常のロイヤリティは売り上げの50%ですが、生徒が100以上になると35%まで下がります。生徒の数が多ければ売り上げが増えてロイヤリティが下がり、収入を増やすことができるでしょう。

家賃

テナントを借りている場合には毎月の家賃が発生します。開業する地域やテナントの大きさによっても費用は異なるので注意しましょう。

水道光熱費や備品代

学研教室を運営するときには水道光熱費などの費用がかかります。さらに、事務用品などの備品代も必要になるので注意しましょう。水道光熱費や備品代の目安は、毎月の売り上げの5%です。

人件費

規模の大きな学研教室を開業する場合には人件費がかかります。地域によっても異なりますが、アルバイトとして雇う場合は毎月5~15万円、社員として雇う場合は毎月15~25万円の費用がかかるでしょう。

2. 学研教室に必要な開業資金の調達方法

学研教室を開業するときには、まとまった資金が必要です。自己資金だけで学研教室を開業したオーナーもいますが、資金を調達するために親などの親族から借りた人もいます。親族からの融資は返済金がなく、利子などもかからないので便利ですが、返済などのトラブルが起こると絶縁することもあるので注意しましょう。

3. 学研教室に最適な物件の選び方

テナントを借りて学研教室を開業する場合には物件選びが大切です。開業後に後悔しないために、以下のポイントをおさえておきましょう。

3-1. 物件選びの3つのポイント

子どもたちが通いやすい場所を選ぶ

学研教室を利用するのは子どもたちです。そのため、子どもたちにとって通いやすい場所に教室があると集客しやすくなるでしょう。駅前や幹線道路沿いなど、人通りの多い場所に教室を構えるのがおすすめです。 

ターゲット人口の多い場所を選ぶ

安定した集客を目指すにはターゲット人口の多い場所を選ぶことが重要です。学研教室の対象年齢は小学生ですが、開業したい物件の半径1.5kmに500人以上の小学生がいれば、安定した経営を期待できるでしょう。

保護者が認知しやすい場所はおすすめ

学研教室を利用してもらうには認知しやすい場所に教室を構えるようにしましょう。学研教室を利用するのは子どもたちですが、月謝を払うのは保護者です。

保護者に認知してもらうには、スーパーマーケットや銀行などの普段よく利用する場所の近くで開業することです。また、大通り沿いなどの目立つ場所に教室があれば、多くの人の目に留まりやすいでしょう。

3-2. 契約時の注意点

学研教室の開業に適した物件を見つけたら大家と賃貸契約を交わしますが、その際には大家の人柄をチェックしておきましょう。物件に問題が発生したときには大家に相談しなければなりませんが、対応のスピードなどは大家の判断にかかっています。

契約の交渉の際に、大家の誠実さを感じない場合には、契約後にトラブルが発生する可能性もあるので、なるべく避けるようにしましょう。

4. 学研教室の開業で成功するコツ

学研教室の開業で成功するには、「指導者としての自覚を持つ」ことです。学研教室の経営を安定させるには、子どもたちを集めなければなりません。子どもたちが楽しく学研教室に通うためには、一人ひとりを見守る指導を意識して対応することが必要です。子どもたちからの信頼を得ることができれば、集客アップも可能でしょう。

5. 学研教室開業の成功事例と年収

学研教室を開業したオーナーの中には年収が600万円の人もいます。東京都で学研教室を開いている女性は、100人の会員を集めることで安定した年収を得ています。会員数を増やすために、子どもたちが集中力を高めることができる環境づくりを目指すこと、子どもたちとのよいコミュニケーションを取ることに努力しました。結果として、最初は2人だった会員数も100人になり、2つの教室を持てるようになりました。

6. 学研教室の開業に必要な資格・許可

学研教室を開業するための特別な資格はありません。指導の経験がなくても学研教室を開くことが可能です。

学研教室を開業するための許可として、開業届があります。開業届とは、個人事業を始めたときに、税務署に提出するための書類です。開業前や開業後は忙しいですが忘れずに開業届を提出しましょう。

7. まとめ

学研教室を開業する場合には5~246万円の初期費用がかかります。初期費用をおさえるためには教室を自宅に構えることです。ただし、安定した集客を得るには、子どもたちが通いやすい場所やターゲット人口の多い場所を選ぶことが大切なので、よく検討してから決めるようにしましょう。

学研教室を開業したオーナーの中には、年収が600万円の人もいます。指導者としての自覚を持ち、一人ひとりを見守るような指導を意識すれば集客アップも期待できるでしょう。

 

 

 

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top