アントレランド

フランチャイズ加盟と個人経営による6つの違い

フランチャイズ加盟と個人経営の違いを6つにまとめました。フランチャイズに加盟をすると開業前や開業後のアドバイスやサポートを受けることができますが、加盟金やロイヤリティなどの費用がかかります。また、個人経営の場合は、すべての経営を自分で行わなければなりません。

自分の店を持ちたいと考えたときに気になることのひとつとして、「フランチャイズ加盟」と「個人経営」のどちらで開業するのがよいのだろうかという点があります。開業をするからには成功したいですし、開業した後に「別の方法で開業すればよかった」と後悔するのは避けたいものです。

今回は、フランチャイズ加盟と個人経営の6つの違いについて紹介します。違いがわかれば開業の計画を立てるときに比較しやすくなるでしょう。経営に興味のある人は、この記事を参考にしてください。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い①開業までの準備

フランチャイズ加盟と個人経営の違いのひとつは、「開業までの準備」です。フランチャイズ本部は経営を成功させるためのノウハウを持っています。商品を確実に仕入れるための流通ルート、商品を売るための宣伝方法、集客をアップさせるための接客のコツ、帳簿管理の方法など、経営に必要な知識や技術を持っているので、安心して相談できるでしょう。

特に未経験の人は、フランチャイズ本部によるサポートによって開業までにやるべきことを把握できます。そのため、スムーズに準備を進めることができるでしょう。

個人経営で開業する場合には、オープンまでの準備をすべて自分で行わなければなりません。そのため、開業準備でトラブルが発生したときには、なかなか解決できず時間だけが経過してしまうこともあります。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い②店の名前や商品

2つ目の違いは、「店の名前や商品」です。フランチャイズに加盟すると、本部と同じ店の名前や商品を扱うことができます。有名なフランチャイズに加盟する場合には、店をオープンする前から存在を認知してもらえるでしょう。そのため、開業後でも安定した集客を期待できます。安定した経営を目指したい人には、フランチャイズ加盟がおすすめです。

一方で、個人経営の場合は店の名前、販売する商品、取り扱うメニューなどをすべて自分で決めます。自分の名前やイニシャルを店の名前にしたり、自分の得意な料理をメニューに加えたりできるので、オリジナリティーを出しやすくなるでしょう。

ただし、多くの人に店を認知するまでに時間がかかることもあり、オープンしてからの数カ月間は赤字経営になることもあります。そのため、積極的に広告宣伝を行うことが必要でしょう。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い③開業までの費用

3つ目は「開業までの費用」です。経済産業省が発行した「フランチャイズ・チェーン事業経営実態調査」によると、加盟金の平均額は以下のようになっています。

フランチャイズ本部が店舗を用意する場合
・小売業:125万円
・外食業:163万円
・サービス業:166万円

加盟店が店舗を用意する場合
・小売業:172万円
・外食業:209万円
・サービス業:210万円

フランチャイズに加盟するときには、加盟金を本部に支払います。フランチャイズによって金額は異なりますが、小規模の店舗や無店舗型では100万円ほどの加盟金が必要になるので注意が必要です。そのため、フランチャイズへ加盟して開業するときには、まとまった資金を用意しておきましょう。

個人経営については加盟金が発生しないので、開業の初期費用を安くおさえることができるでしょう。ただし、業種によっては安く商品を仕入れるための流通ルートがないために、かえって初期費用が高くなることもあるので注意が必要です。フランチャイズ加盟や個人経営にかかわりなく、開業の際にかかる初期費用を計算して比較できるようにしておきましょう。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い④経営方針

フランチャイズ加盟と個人経営では、「経営方針」についても大きな違いがあります。個人経営では、自分の好きなように経営ができます。例えば飲食店なら自分の好きなメニューを用意できますし、小売業の店なら売れ行きに合わせて取り扱う商品の価格を変更できます。営業時間や定休日も自分の好きなように決めることができるのも大きなメリットといえるでしょう。さらにキャンペーンやポイントカードを発行して集客のアップを図ることも可能です。

フランチャイズに加盟した場合、経営方針はすべて本部によって決まっています。経営についてのよいアイデアを考えたとしても、個人的に取り入れることはできません。価格の変更なども本部が決めているので、商品が値上がりして集客が落ち込んだ場合でも、個人での価格の変更を禁止しているので注意しましょう。

ただし、新しい商品やメニューの開発を本部が行っているので、加盟店は経営のみに集中できるというメリットもあります。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い⑤契約期間

フランチャイズ加盟は契約期間を定めています。契約期間はフランチャイズによって異なりますが、基本的には契約期間が終わるまでは、経営を続けなければなりません。体調を崩して経営を続けることが難しい、赤字経営が続いているので店を閉めたいという場合でも、本部の了解なしに店を閉めることはできないので注意が必要です。本部によっては中途解約を認めているところもありますが、そのような場合には高い違約金が発生することもあります。

また、契約期間が終わったあともフランチャイズ経営を続けたいものの、本部の都合で契約を更新できないこともあります。そのため、フランチャイズに加盟をするときには、契約期間や更新の手続きの方法などをチェックしておきましょう。

個人経営については、契約期間が存在しないので、自分の好きなときに店を閉めることも可能です。そのため、なるべく自分の好きなように経営をしたい場合は、個人経営のほうがよいでしょう。

フランチャイズ加盟と個人経営の違い⑥ロイヤリティの有無

最後にお伝えするのは「ロイヤリティの有無」です。フランチャイズでは、経営についてのアドバイスやサポートを受ける代わりに、手数料としてロイヤリティを支払います。

ロイヤリティには毎月一定の金額を本部に支払う「定額方式」や、売り上げによってロイヤリティの金額が変わる「歩合方式」などがありますが、本部によって金額が異なるので注意が必要です。ロイヤリティの金額が大きいと経営を圧迫する可能性もあり、赤字経営に陥る可能性もあるので慎重に検討しましょう。

個人経営の場合には、ロイヤリティは発生しないので毎月の経費をおさえることができます。しかし、経営についてのアドバイスやサポートを受ける方法がなく、経営がうまくいかないときでも自分で建て直しを図らなければなりません。そのため、自分の店を持つことに興味があるものの経営に不安を感じるときは、フランチャイズに加盟するほうがよいでしょう。

フランチャイズ加盟と個人経営の違いまとめ

フランチャイズ加盟と個人経営には以下の違いがあります。

・フランチャイズ経営には開業前や開業後のサポートがある
・フランチャイズ経営には加盟金やロイヤリティなどの費用が発生する
・個人経営は店の名前や経営方針などを自分の好きなように経営ができる

自分の店を持ちたいものの上手に経営をする自信がない人は、本部からの手厚いサポートのあるフランチャイズ経営がおすすめです。一方、開業の準備から経営まで自分の好きなようにやりたい人は個人経営がよいでしょう。それぞれにメリットやデメリットがあるので、十分な検討をして決めてください。

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top