アントレランド

フランチャイズに加盟してラーメン屋を独立開業する方法

フランチャイズに加盟してラーメン屋を開業する場合には、短期間でオープンできる、開店後もサポートを受けることができるといったメリットがあります。独立開業までの流れもまとめました。ラーメン屋の開業を考えている人はぜひ参考にしてください。

フランチャイズに加盟してラーメン屋を独立開業する場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

フランチャイズに加盟してラーメン屋を開業するまでの流れやフランチャイズ募集しているラーメン屋を紹介します。

 

1. フランチャイズ募集しているラーメン屋一覧

日本全国にはおよそ30,000店のラーメンがあります。街を歩けばたくさんのラーメン屋を目にしますが、味やコンセンプトは店によってさまざまです。フランチャイズでラーメン屋を独立開業する場合にも、自分のプランやコンセプトに合ったフランチャイズを見つけるようにしましょう。

らあめん花月嵐(グロービートジャパン株式会社)

日本全国に250店舗以上を持つ、らあめん花月嵐の人気メニューはこだわり抜いた醤油豚骨ラーメンです。大量の背油をじっくりと煮込むことで、こってりとした厚みのある味に仕上げています。

らあめん花月嵐へのフランチャイズ加盟金は108万円、ロイヤリティは毎月の売り上げの5%です。研修期間は5週間ほどですが、結果によっては研修期間を延長するなど、厳しい指導によって高いスキルを身につけることができます。

希望軒(CSコンサルティング株式会社)

「9坪の店舗に200人の行列を作った」伝説を持つ希望軒の最大のこだわりはスープです。厳選した国産の豚を、時間をかけてじっくりと煮込むことで臭みを取り除いた希望軒のスープは、特別な研修を受けた「上湯師(しゃんたんし)」が作っています。いつでもおいしいスープを味わうことができるのは作り手の技術にもこだわっているからです。

希望軒へのフランチャイズ加盟金は300万円、毎月支払うロイヤリティは税抜き売り上げの3%です。契約期間は10年ですが、契約終了後に更新することも可能となっています。契約更新費用は無料のため、大きなリスクを抱えることなく経営が続けることができます。研修のサポートも充実しており、開店前だけでなく開店後についても本部によるスーパーバイザーが黒字経営をサポートします。

麺場田所商店(株式会社トライ・インターナショナル)

日本国内だけでなく、アメリカやカナダ、イタリアやブラジルにも店舗を持つ麺場田所商店の一番の売りは、こだわり抜いたみそラーメンです。日本古来の文化の1つである「みそ」を使ってまろやかで豊かな味わいのあるラーメンを提供しています。また、みそは健康食という側面も持っているため、男性だけでなく女性や年配層の集客も期待できます。

麺場田所商店のフランチャイズの加盟条件は、企業のコンセプトを理解して賛同できることです。加盟後には8週間の研修プログラムを受けることで、ラーメン屋の経営ノウハウや調理方法をいちから学びます。麺場田所商店の加盟料金は150万円がかかりますが、ロイヤリティについては無料です。

2. フランチャイズでラーメン屋を開業する3つのメリット

ラーメン屋を独立開業する場合には、個人店舗とフランチャイズ店舗の2つの選択肢があります。フランチャイズでラーメン屋を開業するメリットは以下の3つです。

短期間でオープンできる

ラーメン屋は少ない資金でも開業できるメリットがある一方で、競合店舗が多いため軌道に乗らなければそのまま閉店するというデメリットもあります。そのためラーメン屋を開業するオーナーの中には、最初に有名店で数年の修行を積む人もいます。

フランチャイズのラーメン屋の多くは研修システムを用意していますが、数週間~数カ月でラーメン屋の開業に必要な基礎知識や技術を学ぶことができます。研修では調理だけでなく、経営や接客サービスに関しても学べるため、安心して開業できます。

ネームバリューがあるため集客しやすい

特別の能力や技術を持っていない限り、ラーメン屋のオープン直後に行列を作ることは困難です。大抵の場合は広告宣伝費をかけて顧客の獲得を考えなければなりません。フランチャイズで開業する場合には、開店時にはネームバリューがあるため、比較的簡単にお客さんを獲得しやすいというメリットがあります。

開店後についても本部からのサポートがある

ラーメン屋に限らず飲食店は、はじめのうちは安定した集客を確保できたものの、次第に客離れが進むケースも少なくありません。対策を嵩じたものの原因がわからず、売り上げが落ち込んで閉店することもあります。

フランチャイズのラーメン屋の多くは、開店前だけでなく開店後についても充実したサポートを用意しています。スーパーバイザーによる定期的な訪問によって、店内清掃や接客サービス、調理方法や売り上げ管理などのアドバイスを受けることができます。そのため、安定した営業を続けることができます。

3. フランチャイズでラーメン屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでラーメン屋の開業を考える際には、メリットだけではなくデメリットについても理解しておきましょう。リスクを知っておけば、早めの対策を立てることができます。

費用がかかる

フランチャイズに加盟すると、開業前や開業後のサポートやアドバイスを受けることができますが、費用もかかります。フランチャイズ本部に支払う費用には、「加盟金」と「ロイヤリティ」があります。フランチャイズによっても異なりますが、ラーメン屋の場合は加盟金として100~500万円、ロイヤリティとして毎月の売り上げの4~5%を支払います。

ただし、フランチャイズによってはラーメンの材料や店舗の設備を格安で購入できるシステムを持っているところもあるため、状況によっては個人店舗よりも少ない費用でオープンすることも可能です。

自由に価格を決めることができない

フランチャイズの多くは、店舗間でのトラブルを避けるため、メニューの価格を本部が決めています。そのため、顧客を獲得するための値下げサービスなどを行うことができません。また、材料費の高騰などによりフランチャイズの本部がメニューの価格の見直しを行うときには、その方針に従わなくてはなりません。

ラーメンの味の変更ができない

フランチャイズでは本部が味を決めているため、フランチャイズのオーナーが勝手に味を変えることができません。そのため、当店にしかないオリジナルのラーメンを提供できません。

ただし、フランチャイズではラーメンの調理に関する細かいレシピを用意しているため、味のブレが起きることはありません。一定の顧客の獲得に成功していれば、安定した経営を続けることができます。

4. フランチャイズでラーメン屋を開業する流れ

ラーメン屋の開業までの流れはフランチャイズによっても異なりますが、通常は以下のような手続きを踏みます。

面談と店舗の見学

加盟の申し込みをした場合には、まず本部との面談を行います。そこで本部の経営方針やサポート内容、加盟金やロイヤリティについての確認を行い、その後、フランチャイズの実際の店舗を訪れ、ラーメンの試食や接客方法を見学します。

加盟の締結

フランチャイズ本部とオーナーの双方が合意に達した場合には、加盟に関する契約を締結します。加盟契約書にサインをして、加盟金や保証金などの費用を支払うのが通常の流れです。

店舗の取得と研修

加盟契約を結んだ後は、ラーメン屋のオープンに向けての準備です。店舗の取得やラーメンの調理や接客などの研修を行います。フランチャイズによっても異なりますが、数週間~数カ月の研修を受けるのが通常です。店舗で働くスタッフを採用している場合は、スタッフの研修も行われます。

5. フランチャイズに加盟してラーメン屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズ募集をしているラーメン屋はたくさんありますが、ラーメンの味やコンセプト、加盟による費用や研修期間などはフランチャイズによって大きく異なります。そのため、自分の目指しているラーメンに合ったフランチャイズに加盟しましょう。

フランチャイズでラーメン屋を開業する場合には、短期間でオープンできる、開店後についてもサポートが受けることができるといったメリットもありますが、価格や味を変えることができないといったデメリットもあります。そのため、メリットとデメリットを比較して慎重に決定するようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top