アントレランド

フランチャイズに加盟してピザ屋を独立開業する方法

フランチャイズのピザ屋で開業すると、本部のサポートを受けることができます。さらに、ブランドイメージがあるので、宣伝費をかけなくても集客ができます。フランチャイズ募集しているピザ屋の一覧やフランチャイズでピザ屋を開業するときの流れについてまとめました。

ピザは、いつでも手軽においしく食べることができる人気の料理です。そのため、ピザ屋を開業する人も多くいます。個人でピザ屋を始めることもできますが、フランチャイズチェーンに加盟することでスムーズに開業の準備ができます。

フランチャイズ募集をしているピザ屋や、フランチャイズに加盟して開業するメリットをまとめました。さらにフランチャイズのピザ屋を開業する際の流れも紹介しています。開業を考えている人は参考にしてください。

1. フランチャイズ募集しているピザ屋一覧

フランチャイズでのピザ屋の開業を考えるときには、営業形態に注意しましょう。ピザ屋と聞くとデリバリー式の宅配ピザをイメージする人も多いですが、ピザ屋の中には一般の飲食店と同じように店舗を構えるところや持ち帰り専門店もあります。

フランチャイズによって営業形態は大きく異なるので、自分がどのような営業形態での開業をするのかを決めてから選ぶようにしましょう。

ピザーラ

ピザーラは株式会社フォーシーズンが運営している宅配ピザの専門店です。全国に500店舗以上あり、子どもから年配の方まで多く人が利用しています。ピザーラの特色はたくさんのメニューを用意していることです。選べるピザのメニューも30種類あるので、好きなものを選ぶことができます。

店舗のプロモーション活動も積極的に行っており、タレントの起用や有名アニメとのコラボレーションを展開しているので、オープン後の集客も期待できるでしょう。

ピザーラのフランチャイズへ加盟した場合の初期費用は、約2,150万円です。内訳は、加盟金と保証金がそれぞれ200万円、内装や調理場の設置費用が1,200万円、宅配で使用するバイクの購入費用が230万円、そのほかオープンのために必要な経費が320万円かかります。ロイヤリティは毎月の売り上げの2.5%ですが、上限が15万円としているので、売り上げが多ければ報酬の割合を増やすことも可能です。

ピザポケット

ピザポケットはポケットフーズ株式会社が運営をする宅配ピザ専門店です。全国に50のフランチャイズ店舗を持っています。ピザポケットでは通常のピザのほかに、4つ種類を1枚のピザで楽しむことができる、「クォーターピザ」もあり、一度にたくさんのピザを味わうことができるのが魅力です。ピザのほかにお好み焼きの宅配も行っており、豚やイカを使った「関西風」や焼きそばの入った「広島風」のお好み焼きも楽しめます。

ピザポケットのフランチャイズへ加盟した場合の初期費用は、約1,750万円です。内訳は、加盟金が100万円、保証金が200万円、店のオープンのために必要な内装や調理場の費用が950万円、宅配に使用するバイクが250万円、そのほかの経費が200万円かかります。研修費は50万円かかりますが、開業後のサポートなども行っているので、安定した営業を期待できるでしょう。ロイヤリティについてはホームページ上で紹介していないので、本部への確認が必要です。

ピザオリーブ

ピザオリーブは株式会社オリーブクリエイトが運営している持ち帰り専門のピザ販売店です。持ち帰り専門のフランチャイズを展開しており、大型モールや駅の構内で店舗を構えています。おいしいピザを手ごろな価格で楽しめることをコンセプトとしており、ハーフサイズなら600円から、通常のサイズでも1,080円からピザを購入できるのが特色です。

調理方法にもこだわりを持っており、1枚1枚を店舗のスタッフが丁寧に調理しているので、値段以上のおいしさを味わうことができます。また、メニューは7種類と厳選しているのも特色です。

ピザオリーブのフランチャイズへ加盟した場合の初期費用は800万円です。通常の飲食店とは違い、持ち帰り専門店のため3坪の敷地でも開業が可能ですので初期費用を抑えることができます。また、宅配ピザのフランチャイズの開業に必要なバイクの購入費がかからないのも魅力です。加盟金は300万円、保証金と研修費はそれぞれ50万円かかります。店舗の工事費は400万円です。なるべく初期費用をかけずにフランチャイズチェーン店をオープンしたい人向けのピザ屋といえるでしょう

ロイヤリティは毎月の売り上げの5%です。開業前には2週間の研修も用意しているので、安心して店のオープンに向けての準備ができるでしょう。

2. フランチャイズでピザ屋を開業する3つのメリット

フランチャイズでピザ屋を開業する場合には、以下のメリットがあります。

本部のサポートを受けることができる

フランチャイズに加盟をすると本部のサポートを受けることができます。メニュー選びや販売方法は本部によって決まっているので、自分でオリジナルメニューを考える必要がありません。開業前には本部による丁寧なアドバイスがあるので、安心して準備を進めることができます。初めての開業で不安を持っている人には、フランチャイズでの開業がおすすめです。

宣伝活動がしやすい

フランチャイズチェーンの多くは、集客アップのための宣伝活動を行っています。季節ごとのオリジナルメニューの販売やキャンペーン、クーポンやメンバーズカードなどさまざまな宣伝を打ち立てているので、安心して営業に集中できます。

ブランドイメージを利用できる

個人のピザ屋の場合には、知名度がないためにメニューや店のこだわりを宣伝しなければなりません。しかし、ピザ屋などの飲食店の場合は、利用したことのない店に入るのには不安もあるため、すぐには利用してもらえないこともあります。フランチャイズのピザ屋なら、店のメニューや味を知っている人も多いので、宣伝をしなくても気軽に利用してもらえます。

3. フランチャイズでピザ屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでピザ屋を開業する場合には以下のデメリットがあるので、注意が必要です。

自由に出店ができない

フランチャイズによっては、店舗の条件を厳しく定めているところもあります。立地に関しての条件を定めている場合には、好きな場所に店を構えることが難しくなるでしょう。また、内装や店の備品も本部によって決まっている場合が多いので、自分の好きなように準備をすることが難しくなります。

ブームが去るなどのリスクもある

日本にはさまざまな飲食店がありますが、ブームが去ったことによって撤退してしまうこともよく起こります。ピザについても、状況が変化して需要が減れば、営業を続けるのが難しくなるリスクがあるので注意が必要です。

個人の店舗の場合は、店のコンセプトを変えたり、店をたたんだりすることが可能ですが、フランチャイズの場合は契約期間を定めているので、すぐに閉店できません。

初期費用が高額になる可能性もある

フランチャイズに加盟をするときには、加盟金や保証金を支払います。そのため、個人の店舗を開業するときよりも高額になることもあるので注意しましょう。

4. フランチャイズでピザ屋を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、フランチャイズに加盟する場合は以下の流れで開業します。

・面談
加盟を希望するときには、はじめに本部との面談を行います。店のコンセプトや出店希望エリアについての話し合いをするので、わからないことや不安なことがあればすぐに質問するようにしましょう。

・加盟の契約
話し合いの結果、フランチャイズへ加盟を決めた場合は、加盟に関しての契約を結びます。契約の際には、加盟金や保証金などを支払う必要があるので、なるべく早いうちに資金調達をしておきましょう。

 

・オープンの準備
契約を結んだあとはオープンに向けての準備です。店舗の契約や内装工事、備品の設置やスタッフの研修などを行います。オープンまでにやることはたくさんありますが、本部によるサポートがあるので、安心して準備を進めることができるでしょう。

5. フランチャイズに加盟してピザ屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してピザ屋を独立開業するときには、あらかじめ営業形態を決めておきましょう。自分の営業形態に合ったフランチャイズを選ぶことで、開業後のトラブルを避けることができるでしょう。

フランチャイズのピザ屋にはメリットやデメリットがあります。本部のサポートを利用できるといったメリットがあるので、開業に不安のある人はフランチャイズでの開業がおすすめです。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top