アントレランド

フランチャイズに加盟してパスタ屋を独立開業する方法

フランチャイズに加盟してパスタ屋を開業する場合の流れをまとめました。フランチャイズによって提供するパスタも異なります。加盟金やロイヤリティだけでなく、店のコンセプトを比較して自分に合ったフランチャイズを選ぶようにしましょう。

フランチャイズに加盟してパスタ屋を独立開業する場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

フランチャイズに加盟してパスタ屋を開業するときの流れやフランチャイズ募集をしているパスタ屋の情報をまとめました。フランチャイズへの加盟を考えているものの、経営がうまくいくのか不安を持っている場合には、この記事を参考にしてください。

1. フランチャイズ募集しているパスタ屋一覧

国内にはさまざまな形態のパスタ屋があります。本場イタリアンのパスタを提供する店や和風のパスタを提供する店などがあります。フランチャイズ募集しているパスタ屋を選ぶときには、提供したいパスタに合ったところを選ぶようにしましょう。フランチャイズ募集をしているおもなパスタ屋は以下のとおりです。

モッチモ・パスタ(株式会社A.H.L)

モッチモ・パスタは兵庫県姫路市に本社を構えるパスタ屋です。モッチモ・パスタのこだわりは、デュラム小麦を使用したもちもちの生パスタで、独特の食感が残るようにオリジナルブレンドをしています。茹で方にもこだわりを持っており、パスタ100gに対して45リットルものお湯で一気にゆで上げるので、もちもちとした食感を残すことが可能です。

モッチモ・パスタのフランチャイズに加盟した場合の初期費用は1,500~2,000万円です。このうち加盟金や保証金として300万円、調理場の設置費用として300万円がかかります。店舗は小規模駅前型と郊外型の2パターンがあり、予算や希望に合わせて選ぶことができるのも魅力です

ロイヤリティについての詳細なデータはありません。そのため、毎月の経費については、あらかじめ本部に相談するとよいでしょう。

桜小町(株式会社ハル・セシオ)

桜小町は、愛知県名古屋市を中心にフランチャイズ展開をしているパスタ屋です。桜小町の特色は和風のパスタを売りにしており、だれもがゆったりとくつろげる和の空間で、おいしいパスタを味わえることにこだわっています。また、すべての店舗でキッズルームを設置しており、カップルからファミリー層まですべての人が楽しめることができるのも、この店の特色です。

桜小町では、デュラムセモリナ粉を熊本の南阿蘇外輪山から湧き出る天然水を使用して練り上げています。打ちたてのパスタを大釜でゆでているため、おいしいパスタをいつでも味わうことができるでしょう。

桜小町のフランチャイズへ加盟をした場合の初期費用は500万円です。初期費用のほかに物件取得費がかかります。初期費用のうち300万円は加盟金、200万円は加盟保証金です。ロイヤリティは毎月の売り上げの3%となっており、この金額にはスーパーバイザーによる巡回費用や新商品の開発販売促進活動などの費用を含んでいます。

イタリアントマト(株式会社イタリアントマト)

イタリアントマトは東京都品川区に本社を置くパスタ屋です。国内では200店舗以上、海外では40店舗以上を構えています。イタリアントマトのこだわりはパスタとソースです。

イタリア産のデュラム小麦を使用したパスタは、低温で長時間乾燥させており小麦本来の持つうまみを包み込んでいます。ソースについても糖度の高いイタリア産のトマトを使用しており、ソースを作るまでの作業をすべてイタリアで行うというこだわりを持っているのが特色です。

イタリアントマトのフランチャイズへ加盟した場合の初期費用は3,800万円です。このうち加盟金は250万円かかります。店舗の形態によっては、初期費用が異なることもあるので、加盟前には必ず費用の詳細を聞いておくようにしましょう。

ロイヤリティは毎月の売り上げの3%です。開業後についても売り上げ向上のための企画などや店舗運営のサポートがあるので、安定した経営を行うことができるでしょう。

2. フランチャイズでパスタ屋を開業する3つのメリット

フランチャイズでパスタ屋を開業するときには、以下のメリットがあります。

知名度が高いので大きな集客を期待できる

個人でパスタ屋を開業する場合は、知名度や信頼度がありません。安定した集客を獲得するには、かなりの時間がかかることもあります。一方でフランチャイズのパスタ屋は知名度があるので、安心して入店できるというメリットがあります。人気のオリジナル商品があれば、ファン層の獲得も可能です。

本部が経営マニュアルを持っているので安心してサポートを受けることができる

フランチャイズの本部は経営マニュアルを持っています。正しい接客や商品の提供方法、黒字運営のためのコツなどの情報を持っているので、安心してサポートを受けることができるでしょう。

一方、個人のパスタ屋の場合は、経営から接客までを手探りで行わなければならないため、軌道に乗せるまでに時間がかかることがあります。未経験からパスタ屋を開業する場合は、フランチャイズでの開業がおすすめです。

本部による販売促進などの企画がある

パスタ屋の経営を成功させるためには、固定客の獲得が必要です。定期的にイベントを開催することで集客アップを図ることも可能ですが、個人でパスタ屋を経営している場合は、販売促進の企画や準備をすべて一人で行わなければなりません。フランチャイズでパスタ屋の場合は、本部が販売促進のイベントを計画するため、自分で考える必要がないという利点があります。

3. フランチャイズでパスタ屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでパスタ屋を開業する場合には、以下のようなデメリットもあるので、注意しておきましょう。

自由な経営ができない

経営マニュアルがあることは、安定した経営をするためには大切ですが、一方で自由に経営できないというデメリットもあります。オーナーが考案したオリジナルのメニューを店舗で出すことはできません。そのため、経営方針を自分で決めたい場合には、フランチャイズへの加盟を慎重に検討する必要があります。

加盟金やロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズに加盟をすると加盟金やロイヤリティを支払わなければなりません。本部に支払う経費をなるべくおさえたい場合は、ロイヤリティの比率などを調べてから、加盟を決める方がよいでしょう。

経営者としての意識が低くなる

フランチャイズの店舗を経営すると、「本部の指示だけを聞いていればなんとかなる」と考えるようになり、経営に対する意識が低くなる恐れがあります。本部への依存度が高くなると経営を失敗する危険性も高くなるので、常に自分がオーナーとして経営をしているという意識を持ち続けるようにしましょう。

4. フランチャイズでパスタ屋を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、フランチャイズに加盟をしてパスタ屋に関しては以下の流れで開業の準備を進めます。

・初期面談
フランチャイズへの加盟を申し込むときには、最初に本部との面談をしなければなりません。出店場所や初期投資額について話し合い、開業が可能かどうかを判断します。加盟の契約をしたら解約はできないので、不安なことがあればかならず本部に質問をしましょう。

・加盟の契約
加盟に問題がなければ、書面での契約を結びます。契約の際には、契約内容やビジネスモデルの最終確認を行うので、納得をしてからサインをするようにしましょう。

・パスタ屋の開業の準備
フランチャイズ本部との加盟を結んだあとは、開業の準備をします。開業するには店舗物件の契約や内装工事、スタッフの研修などが必要です。本部の用意したマニュアルのとおりに開業の準備を進めますが、不明な点があるときには必ず本部やスーパーバイザーに相談しましょう。

5. フランチャイズに加盟してパスタ屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してパスタ屋を開業するときには、最初に経営のコンセプトを決めておきましょう。生パスタを使用した店、イタリアンのパスタを提供する店、和風パスタを提供する店など、フランチャイズによって特色は異なります。必ず自分の理想に合ったフランチャイズに加盟するようにしましょう。

フランチャイズへの加盟はメリットだけでなくデメリットがあることも覚えておきましょう。加盟金やロイヤリティなどの経費が発生するため、加盟をするときにはあらかじめロイヤリティの比率などを調べておくことが大切です。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top