アントレランド

フランチャイズ経営は比較的軌道に乗せやすい!ただ、その悩みの解決方法は?

オーナーになるのに比較的容易な道はフランチャイズ経営です。すでに成功しているところののれん分けでしたら、一から経営するよりは成功をおさめやすいところがあります。ですが、経営である事に変わりないので当然悩みもあります。その悩みについて見ていきましょう。

サラリーマンは安定的で良い部分も多いです。が、やはり中には自分の手腕で会社を経営したり、店舗を構えたい人もいるでしょう。ただ、一から成功するのは至難の業です。そこで注目されるフランチャイズ経営ですが、当然楽な経営はあるはずもなく悩みも多いです。その悩みや解決方法を見ていきましょう。

フランチャイズの加盟店やオーナーからよく聞く悩みとは?

フランチャイズ経営はサラリーマンとは確かに違うのですが、本部があってそちらの方針に基づいた経営がなされます。

確かに良く知られたブランドを引き継ぐ形ですので、初めの「多くのお客様の信頼を得る」という項目は非常にハードルを低くすることができます。

皆さんもご近所の飲食店を思い浮かべて頂くとその事が良くわかる事例があります。

例えば名前のよく知れているレストランと、おいしいと評判ではあるけれど無名の古びたレストランとどちらが足を運びやすいでしょうか。皆無意識のうちに有名なほうを選んでしまうのではないでしょうか。

このような事こそがフランチャイズ経営の強みなのです。

では、フランチャイズ経営が楽かと言うと決してそうではなく、それ独特の悩みがあります。

では、フランチャイズの加盟店やオーナーの方はどのようなことに悩みを抱いているのでしょうか。

フランチャイズの悩み①本部が提示する売上高に到達できるかが不安

フランチャイズ経営ですので、当然いろいろなノウハウがあります。

ですので、それをもとにこれくらいの売り上げを挙げられるはずという数字が提示されます。ただ、フランチャイズ経営も初心者の方であれば、本当にそんな売り上げが上がるのか不安になる方もいるでしょう。

やはり経営を軌道に乗せた経験がある方でしたら、その成功までの道筋も見えやすいです。

が、初めての方にとっては暗闇の中で手探り状態に近いですので、成功までの道筋が見えず不安である方が多いです。

ですので、フランチャイズ経営に踏み出そうとする人が始めに躓くハードルとしては、そのような不安との戦いにあります。

悩みの解決策

始める前に本部が提示する売上高に到達できるかどうかの不安がある方でしたら、似たような条件の店の売り上げがどのようになっているかを知る事で大方の道筋が見えてきます。

例えば、同じブランドの店舗で立地条件で大きく変わります。

具体例を挙げると、我々がよく使っているコンビニの場合でしたら、駅前など人が多くいるところだと必然的にたくさんのお客さんを見込むことができます。

ですが、大通りを外れた道であれば、人通りは少なくなかなかお客さんが入ってこないかもしれません。ですので一つ一つのお店で、同じように売り上げを上げていき成功に導くのは条件が違うが故に、そう単純に見比べることができません。

ですが、出店した店の中には似たような条件のお店もあることでしょう。

そのようなお店が、どのような形をして目標売り上げに到達し、店を経営し続けるかを参考にするとやるべきことなども見えてきます。

フランチャイズの悩み②売り上げが伸びない

いざ経営を初めてもなかなか売り上げが上がらないと悩んでいる方も多いです。

とあるフランチャイズオーナー40人にとったアンケートによると、前職の会社員等と比較して、下がったという人も13人いるという結果が出ています。

そして、変わらないと答えた方が14人いることから、なかなか売り上げを挙げるのが大変に感じている人が多いのも事実です。

もちろん、それ以外の方は前職に比べて年収が上がったという方もいます。

経費などの関係もありますので、純粋に年収が上がったかどうかを比較するのは難しいところがあります。

が、やはり苦心している人とうまくいっている人はだいたい半々くらいではないかと言われています。

悩みの解決策

そして、売り上げがなかなか伸びないのもフランチャイズオーナーにとっては深刻な悩みです。

ただこのような時こそフランチャイズの強みが出るのです。

 

自分1人で経営をしているとなると、自分1人でどうにか売り上げを上げるべく色々と考えて模索していかなければなりません。ですが、フランチャイズのオーナーは、既に成功しているお店の暖簾分けをしている状態です。ですので、成功のノウハウは本部にいくらでもあるのです。

ですので、売り上げがなかなか伸びない時はフランチャイズの本部に相談することで解決します。もちろん本部のアドバイスを実現しないと解決できないところはありますが、どのようにしたらよいかをアドバイスしてもらえるのは、オーナーにとって非常に心強いことです。

 

確かにフランチャイズになったから必ず売り上げが上がるとか、経営がうまくいく保証はありません。ですが、既に成功している店舗や企業の暖簾分けということで、自分が一から考えて起業するよりかは、成功へのルートは短く済むことが多いです。

フランチャイズの悩み③拘束時間が長い

どのようなフランチャイズ経営なのかにもよりますので、こちらは一概には言えません。

ですが、よくありがちなのはコンビニ等24時間経営のところだと拘束時間が長くなる傾向にあります。そして、軌道に乗る前だと拘束時間が長くなる傾向にあり、拘束時間が12時間以上という人も、40人のうちで7人もいるなど決して少ない人数ではありません。

もちろん、オーナーによるので一概には言えませんが、週休1日で労働時間10時間以上という人も多いと言われています。

そして、コンビニにおいては学生や主婦の方がシフト制で入ることが多いです。ですが、学生もテスト期間があるとシフトに入るのが難しくなりますし、主婦の方も子供の急病等で休むことがあります。

子供の急病ならまだ対処もできますが、学級閉鎖だとその学区のお母さんたちが休みを取るとそのシフトの時間が都合が悪い人が増えます。ですので、仕方なくオーナーの方がシフトに入ることがあります。そうすることで、オーナーは長いシフトの拘束があったり、休みがなかなか取れないような事態になるのです。

悩みの解決策

コンビニのオーナーなどは、どうしても拘束時間が長くなりがちである一面は否めません。

ですので、もしそのようなリスクがどうしても嫌と言うことであれば、24時間型ではないものにするなど、そもそもそのような拘束時間が長くなりそうなフランチャイズ経営に手を出さないのが1番確実です。

では、コンビニ系がダメかというと決してそうではありません。

確かにコンビニの本部は「努力不足だから」と言う理由でなかなか改善をする事は無いようです。ただ、とあるコンビニで不当労働行為があるということで、それをもとに本部を訴えたオーナーもいるようです。

基本的にこのオーナーの訴えが認められる判決が出てコンビニオーナーの拘束時間が長い問題は不当労働行為に値するという判決が出ました。

フランチャイズの悩み④フランチャイズを辞める時の多額の違約金

フランチャイズ系はたいていは契約に基づいているケースが多いです。ですので、いつからいつまでの契約というように期間が設けられていることが多いです。

問題はその期間の前にフランチャイズ経営から撤退しようとしたときのことです。その場合は、契約違反と言うことで違約金の支払いを命じられることがあります。

それを理由にやめる事を躊躇してしまう方も多いです。

基本的にこの契約を反故にすることによって、生じた損害の賠償金として捉えられているところがあります。契約でそのように定められているので、仕方なく多額の違約金の支払いをする人もいるでしょう。ですが、これにも解決方法があります。

悩みの解決策

このような状態になったら、法のプロである弁護士に相談する方が良いのは言うまでもありません。

たとえ契約書に違約金のことが明記してあったとしても、常識的に考えて明らかに高額である場合はそれを無効にすると言う判例が出ていることもあります。

ですが、全く支払いがないわけではなく、常識的に考えられる賠償金はあると考えた方が良いです。基本的に無料になる事はないことを頭に入れておきましょう。

フランチャイズの悩み⑤本部の売り上げ予測と実績が違う

確かに、似たような条件の出店であったとしても全く同じ条件での出店と言うとそこまで多くありません。

ですので、本部が立てた売り上げ予測と実際に経営をしてからの実情が違う事もあります。

ですので、そのようなことであれば仕方がないとあきらめがちなところがあります。ですが、経営をする側のオーナーにとっては非常に切実な問題です。

ただ、これにも解決方法がありますのでご安心ください。

悩みの解決策

もちろん売上予測と実績が釣れただけではなかなか訴える事が難しいでしょう。が、明らかに違うと言うことであれば虚偽の情報提示の可能性があります。

そのような時は、損害賠償請求できる可能性も出てきます。

あまりにも売り上げ予測と実績が違うのであれば弁護士の相談も視野に入れましょう。

まとめ:フランチャイズに多い悩みと解決策

既に成功しているお店の暖簾を分けていることで比較的ハードルが低いのは確かです。が、その一方でやはりフランチャイズだからこその悩みもあります。

ただ、それに対する解決方法もありますので、それらも合わせて調べてみましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top