アントレランド

たこ焼き屋に必要な開業資金と成功させる3つのコツまとめ

たこ焼き屋開業は今稼ぎやすいビジネスとして注目を集めています。そんなたこ焼き屋を開業するためには具体的にどの程度の資金が必要なのでしょうか?さらに成功させるために使える3つのコツも伝授いたします。

たこ焼き屋は低リスクでありながら需要のある商売であるため、開業したい方が増えてきているビジネスでもあります。そんなたこ焼き屋にもフランチャイズと個人経営との2つがあり、自分のスタイルによっても好きな方法で始めることが可能です。

そんなたこ焼き屋の開業を行うためには、どの程度の資金が必要となるのでしょうか?さらに経営をうまく行かせるためのコツなど、たこ焼きや開業において必要な情報を解説します。

1. たこ焼き屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

たこ焼き屋を開業するために必要な資金は、

・個人店として経営する場合で小規模店舗の場合は200万円

・中規模な店舗を経営する場合には500万円

程度がかかると言われています。

また個人で経営するパターンとフランチャイズとの2種類があり、それによっても費用は大きく分かれます。

1-1. たこ焼き屋の開業資金

具体的にかかる資金としては、たこ焼き屋を開業するための店舗の保証金や初期費用、内装工事や厨房設置費などの工事費諸々などがかかります。

さらに個人で経営する際に屋台方式で開業するときは30~50万円が必要となり、屋台用器具などを含めるとさらに50万円が発生します。

すべて合計すると、400~1,000万円ほどの費用が初生します。このように、個人で運営するのとフランチャイズとでは何倍もの費用の差が発生することになります。

1-2. 初期費用の内訳

では開業資金の中でも、初期費用としてかかるものの内訳を見ていきましょう。

まず個人でたこ焼き屋を開業する際には、内装費、厨房設備費、開店諸費用といった費用が発生します。

それに対してフランチャイズでたこ焼き屋を開業する際には、開業資金400~1,000万円のうち以下のような内訳となります。

・フランチャイズ加盟金 50~200万円

・食材保証金 50~100万円

・店長研修費 1人あたり20~50万円

・内装費 200~500万円

・厨房設備費 50~300万円

・開店諸費用 30~100万円

1-3. ランニングコストの内訳

開業に関する諸々の資金についてわかったところで、たこ焼き屋を運営していく中で必要なランニングコストに関してもみていきましょう。

一般的には以下のような費用が発生します。月々の売り上げが120万円程度としてシュミレーションしてみます。

・原材料・包材費 売り上げの38%程度

・家賃 10~15万円程度

・水道光熱費 7~8万円

・人件費 15万円程度

・その他費用 10万円

もちろんその時の売り上げや家賃、人件費などはケースごとに変動はありますが、ざっとみてこのような費用が発生することをイメージしてみてください。最も月によっての変動が発生するのが食料費でしょう。食料はその年によって値段を変動しやすいので注意しましょう。

2. たこ焼き屋の開業資金を調達する方法

たこ焼き屋の開業資金としては、400~1,000万円程度あれば十分開業することができるとわかりました。とはいえ、このような多額の開業資金をすぐに調達することは困難ですので、銀行や日本政策金融公庫から融資を借りいれる必要があるでしょう。もちろん全てを借り入れることはできませんので、多少の資金は用意しておく必要があります。さらにたこ焼き屋を開業して必ずしも成功するわけではないということを頭に入れておいた上で、資金をできるだけ多く用意しておくことが理想的です。

3. たこ焼き屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

たこ焼き屋のような飲食店は、特に物件選びが重要なポイントです。理想的な立地条件としては、人が集まるようなアクセスの良いところです。ただし、経営を行なっていく方にとっては理想的な場所は需要も高く、物価も高い傾向にあります。

まずは、たこ焼き屋を開業するスペースとして、最低限度必要な2坪以上を条件で探しましょう。作業スペースとしては1坪あれば十分ですので、販売スペースも確保した上でのこの広さとなります。

さらに立地条件としては、できるだけ道路に面している場所が理想的です。たこ焼き屋はそのサービス性を期待よりも、さっと買ってそのまま車の中で食べられるというような利便性が求められています。アクセスの良さとして車が停められる場所を選ぶことが成功の秘訣です。

そして人がよく集まる場所としては、駅から近いというアクセスの点だけではなく、観光地が近い、コンサート会場やスタジアムなどの大型の集客施設近いところ、さらに先ほどあげたような車が停められるような場所がオススメです。たこ焼き屋は少しのスペースでも十分開業できますので、まずは立地条件を中心に探してみることをお勧めします。注意点としては開業には1~2ヶ月ほどかかることを想定して物件選びをスタートさせましょう。

4. たこ焼き屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

たこ焼き屋は基本的に飲食店の中でもリスクが低く、始めやすい商売だと考えられています。そんなたこ焼き屋で成功させるためにも成功のコツを3つほど挙げてご紹介していきます。

4-1. 他社と比較したたこ焼きを作ろう

稼ぎやすいビジネスであるため、それだけ多くの人がたこ焼き屋を経営するようになっています。そのため他社と比較してここでしか食べられないような特徴のあるたこ焼きを作ることが成功のカギです。

例えばたこ焼きに使用する素材にこだわったり、調理方法、トッピングなどを工夫したりしてみましょう。定番のソースをかけて食べるたこ焼きはもちろんですが、最近では期間限定としてアレンジメニューも多くあります。他社にはないような創作たこ焼きもメニューの1つとして組み込んでおくことがポイントです。

やはり味が美味しいから、という理由でリピーターが増えるのは、飲食業としては最も嬉しいことです。開業前に他の店のたこ焼きを食べ比べてみるなどして、どのようなテイストのたこ焼きをメニューとして販売していくのかを考えてみましょう。

4-2. 適切な価格設定を行う

たこ焼きの値段というのはどこのお店もそれほど変わりませんので、相場に合わせて適切な価格設定を行う必要があります。

もちろん安くすればするほどお客様は増えていきますが、赤字になってしまい経営が難しくなっては本末転倒です。価格設定が適切でなければ、いくら味やサービスが良かったからとはいえ顧客量に伸び悩むことになります。そのため開業前にどの程度の費用が必要なのかをしっかりと計算してから、相場に合わせた価格に設定しましょう。

4-3. お客様とのコミュニケーション

飲食店はお客様と接する時間も長いため、それだけサービスも求められることになります。高級レストランのようなサービスでなくとも、お客様とのコミュニケーションを大事にしながら働くということを意識すれば、サービス力の高いたこ焼き屋を経営することができるでしょう。

逆にどれだけ適切な価格で、味も美味しい店舗であっても、対応の悪いお店ではわざわざ行こうと思いませんよね。お客様にとってリピートしたくなるような良い印象を与えるためにも、接客には気を配りましょう。

5. たこ焼き屋経営の成功事例と年収

実際にたこ焼き屋を経営されている方の成功事例を見てみましょう。

今回紹介するのは脱サラをされ、飲食業にはこれまで関わったことがない全くの未経験のオーナーさんです。

この方はまず、たこ焼き屋を始めると決めた段階で、どのような業務が必要となるのかを視察するという意味でも、自分の考えに近いたこ焼き屋さんを見つけてアルバイトをされたようです。そうすることにより、たこ焼き屋の具体的な業務を知ることができ、さらに自分のたこ焼き屋を出店するというイメージを立てました。

修行期間を経たことで、具体的に出店する場所とコンセプトを決めて、開業をスタートさせます。

この方はコンセプトをたこ焼き居酒屋としており、その効果もあってか居酒屋感覚で来てくれるお客さんが増えました。サラリーマンをしていた頃よりは休みは少なくなるものの、自分の店を運営するという点でやりがいを感じられるそうです。

この方は具体的な年収を明らかにしていませんが、たこ焼き屋を経営しているとうまくいって月収30万円が理想的です。なんとか経営をやっていけるというレベルでは、月収20万円ほどあれば良いでしょう。

6. 失敗しないたこ焼き屋の開業・経営方法

たこ焼き屋を始める物件を決め、いざスタートさせるとなるとやはり失敗しないような経営方法を行う必要があります。冒頭でも少し出てきたように、たこ焼き屋を開業するためには2つの方法があります。

まず1つ目が個人で経営する方法で、その中でも店舗で固定して販売する方法と、屋台や車で販売する移動方式があります。

店舗の方が固定客をつけることもできますので安定して稼ぐことはできるものの、その分開業にかかる費用が多く発生します。そしてフランチャイズ加盟では個人で経営するよりも開業資金が安い傾向があります。さらに本部のノウハウに沿った営業ができるため、初心者の方でも安心して始めることができます。会社によっては開業資金を100万円程度で始められるところもありますので、色々な会社を見て決めると良いでしょう。

このように、フランチャイズにするのか個人で経営するのかによっても経営方法は異なってきます。自分はどちらの方が向いているのかをしっかりと考えてから、たこ焼き屋開業の準備を進めていくようにしましょう。

7. たこ焼き屋を開業するために必要な資格や許可

たこ焼き屋を開業するために必ず必要な資格というものは特にはありません。ですが持っていた方が有利という点では以下のような資格があります。

・食品衛生責任者、栄養士、調理師免許

栄養士あるいは調理師の免許を持っていない場合は、新たに食品衛生責任者の資格が必要となります。食品衛生責任者とは、食品を扱う施設で安全かつ衛生的に食品が製造され販売できるかどうかを証明する資格です。各自治体に申請書を提出した後は半日ほどの研修を開けることで取得することができます。

8. まとめ

今回はたこ焼き屋を開業するためにはどのような準備が必要なのか、またどのようにして開業するのかという方法をご紹介していきました。たこ焼き屋にも個人経営とフランチャイズとの2種類があります。今たこ焼き屋での開業は初心者の方が始めるにあたっても、リスクが低く稼ぎやすいと人気のビジネスでもあります。自分はどのような方法で開業していくのかを今回紹介した情報などを参考に考えてみてください。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top