アントレランド

フランチャイズに加盟してハンバーガーショップを独立開業する方法

フランチャイズへ加盟してハンバーガーショップを開業する場合には、メリットとデメリットに関して十分な検討をしましょう。またフランチャイズを募集しているハンバーガーショップを探すときには、1社ではなく複数の業者を調査して比較しましょう。フランチャイズでの独立開業の方法をまとめました。

日本にはたくさんのハンバーガーチェーン店がありますが、フランチャイズに加盟してハンバーガーショップを独立開業するときには、どのような流れになるのでしょうか?

フランチャイズ募集しているおもなハンバーガーショップやフランチャイズでハンバーガーショップを開業する場合のメリットとデメリットを紹介します。ハンバーガーショップの開業の計画をする際に役立ててください。

1. フランチャイズ募集しているハンバーガーショップ一覧

フランチャイズ募集しているハンバーガーショップはたくさんありますが、加盟金やロイヤリティ、加盟の条件が異なります。複数のフランチャイズを比較して慎重に検討しましょう。

マクドナルド

マクドナルドはアメリカ合衆国に本社を置く世界最大のハンバーガーチェーン店です。店舗数は3万5,000店以上あり、アフリカや中東にも店舗を持っています。

マクドナルドではフランチャイズオーナーの募集を行っており、定期的に説明会を開催しています。3日間の店舗体験や黒字経営のための知識やスキルを身につけることのできる「ハンバーガー大学」の研修プログラムへの参加も可能です。

フランチャイズの加盟金は250万円で、毎月支払うロイヤリティは売り上げの3%です。マクドナルドでは、開業資金を調達するためのサポートも行っており、マクドナルドと提携している金融機関の紹介や、優遇した貸出金利の融資を受けることができます。

モスバーガー

モスバーガーは株式会社モスフードサービスが運営する日本発祥のハンバーガーチェーン店です。ハンバーガーの味や品質に加えて、ハンバーガーを提供する際の備品にもこだわっており、ガラス製のグラスや紙製のレジ袋など環境への配慮も推進しています。

フランチャイズの加盟金は200万円です。また、保証金として40万円も最初に支払います。ロイヤリティは毎月の売り上げの1%におさえており、ほかのフランチャイズよりも費用に関するリスクは低めです。

フレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガーは1992年創業のハンバーガーチェーン店です。品質維持にこだわりを持っており、ハンバーガーなどのすべての商品をオーダー注文後に調理しています。そのため、いつでもできたてのものを食べることが可能です。

フランチャイズへの加盟金は300万円で、契約期間は5年間です。開業のための研修も行っており、2週間〜1カ月で調理方法や接客マナー、売り上げの管理について学ぶことができます。

2. フランチャイズでハンバーガーショップを開業する3つのメリット

フランチャイズへの加盟を検討している場合には、加盟することのメリットを理解しておきましょう。おもなメリットとして以下の3つがあります。

短期間で開業ができる

ハンバーガーショップなどの飲食店を個人で開業する場合には、多くの時間がかかります。調理の知識やスキルを習得することやメニュー選びが必要です。場合によっては、計画から開業まで数年かかることもあるため注意が必要です。

フランチャイズは開業のための研修を用意しているため、開業に必要な知識や技術を短期間で効率よく学習できます。また、フランチャイズの本部が開発したメニューも用意しており、メニューごとの調理マニュアルがあるため、安心して開業できるでしょう。

開業資金を調達しやすい

ハンバーガーショップを開業するためには、物件の取得や店舗の内装が必要です。さらに調理場で使用する備品や家具などの購入資金も必要です。しかし、銀行などの金融機関では個人の店舗に融資をすることはあまりありません。

一方で、フランチャイズについては本部によるサポートがあるため、比較的簡単に融資を受けることができます。フランチャイズによっては、本部が開業資金を融資するところもあるため、資金に関係したトラブルを避けることができるでしょう。

ブランド力を生かせる

個人のハンバーガーショップは、多くの人に店の存在を知ってもらうまでに時間がかかるため、開業直後は安定した売り上げを維持するのは難しいでしょう。チラシや地方情報誌などに広告を掲載する方法もありますが、広告宣伝費がかかるというデメリットがあります。

フランチャイズのハンバーガーショップなら、ホームページに新規店舗の情報を載せるため、費用をかけなくても集客が可能です。また、多くの人が店のメニューの味や価格を知っているため、安心して来店してもらうことができます。

3. フランチャイズでハンバーガーショップを開業する3つのデメリット

フランチャイズのハンバーガーショップには、メリットだけではなくデメリットも存在します。加盟後のトラブルを避けるためにも、デメリットを把握しておきましょう。

個性を出しにくい

フランチャイズのハンバーガーショップのメニューは、すべて本部が決めています。そのため、その店にしかないオリジナルハンバーガーの販売などはできません。近隣に同じ系列のフランチャイズ店舗がオープンした場合には、個性が出せないため経営が難しくなります。

本部やほかの加盟店の影響を受けることもある

最近では従業員による勤務中の不適切な動画によってチェーン店が大打撃を受けることがあります。別の店舗の不祥事でも、顧客にとっては同一のフランチャイズ店とみなすため、客離れが加速するかもしれません。

そのため、フランチャイズへの加盟を検討するときには、店舗の管理がきちんと行われているところを選ぶのがよいでしょう。

ロイヤリティなどの費用がかかる

フランチャイズに加盟すると、加盟金やロイヤリティを支払わなければなりません。金額はフランチャイズによって異なりますが、赤字経営のときには、ロイヤリティが経営を圧迫することもあります。さらに、ハンバーガーの調理に必要な食材は、本部から購入するように指示しているところが多いため、材料を独自のルートで安く調達ができません。

4. フランチャイズでハンバーガーショップを開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、ハンバーガーショップを開業するときには以下の流れです。

・本部との面談
フランチャイズへの加盟を希望する場合は、最初に本部との面談を行います。本部の目指すビジョンや経営計画についての説明が面談の中心です。そのほか、開店までに必要な初期費用を算出して、どのように資金を調達するかについても検討します。

・フランチャイズ契約の締結
フランチャイズ本部と加盟の希望者の双方が合意をしたら、フランチャイズ契約を締結します。契約は書面によって交わすことがほとんどです。

・開店のための準備
契約を締結した後は開店に向けての準備をします。物件の取得や内装工事、オープニングスタッフの募集と研修がおもな準備です。研修期間はフランチャイズによっても異なりますが、最低でも3カ月ほどはかかります。

・開業
すべての準備が整ったなら店をオープンします。開業後についても本部による経営や接客の指導があるため、安心して開業できるでしょう。

5. フランチャイズに加盟してハンバーガーショップを独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してハンバーガーショップの開業を目指す場合には、複数のフランチャイズの加盟条件を調査して、自分に合ったフランチャイズを選択できるようにしましょう。初期費用や本部のサポート内容はフランチャイズによっても異なるため、説明会などに出席して詳細な内容を把握するのも大切です。

フランチャイズのハンバーガーショップの開業には、メリットとデメリットがあるため注意が必要です。ブランド力を生かせるというメリットもありますが、個性を出しにくいというデメリットもあります。フランチャイズへの加盟を検討する際には、両方を比較して慎重に決定しましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top