アントレランド

【解説】フランチャイズとライセンス契約の3つの違い

フランチャイズとライセンス契約の大きな違いは自由度とサポートの有無です。ライセンス契約は、自分で好きなように経営を行えますが、開業後の本部によるサポートがないので注意が必要です。それぞれのメリットやデメリットをまとめましたので参考にしてください。

フランチャイズ契約とライセンス契約は間違いを起こしやすいビジネスモデルです。独立開業を考えているが、フランチャイズ契約とライセンス契約の違いが分からないという人もいることでしょう。

フランチャイズとライセンス契約には大きくわけて3つの違いがあります。ポイントをおさえておけば、比較検討がしやすくなるでしょう。

1. フランチャイズとライセンス契約の3つの違い

ロイヤリティ

フランチャイズ契約の場合には、初期費用のほかに毎月支払うロイヤリティが発生します。

ロイヤリティの金額は企業によって異なり、毎月の売り上げの一部を支払うところもあれば、毎月決まった金額を支払うところもあります。一方でライセンス契約の場合は、ロイヤリティは発生しません。

本部によるサポート

フランチャイズ契約の場合には、本部による開業後のサポートがあります。スーパーバイザーによる黒字経営をするためのアドバイスを受けることが可能です。一方でライセンス契約の場合には、開業後のサポートはありません。企業によってはオプションで行っているところもありますが、経営方針や経営スタイルを決定するのはオーナーです

仕入れ業者の指定

飲食店では食材の仕入れが、ハウスクリーニング会社では清掃道具や洗剤の仕入れが必要です。フランチャイズ契約では本部による仕入先が決まっており、個人で別の仕入れ先を選ぶことはできません。一方でライセンス契約ではオーナーが仕入先を決めます。

2. フランチャイズ契約とは?

それでは、フランチャイズ契約とは具体的にどのような契約のことを言うのでしょうか?

フランチャイズ契約とは商品やサービスだけでなく、事業の仕組みや経営方針などを1つのパッケージとして販売するシステムのことです。本部は店舗のオーナーに経営のために必要な資材やノウハウを提供する代わりに加盟金やロイヤリティを受け取ります。

2-2. メリット

・ノウハウの提供や経営指導を受けることができる

フランチャイズ契約のメリットは、ノウハウの提供や経営指導などのサポートです。ビジネスは開業してから軌道に乗るまで時間がかかりますが、フランチャイズ契約では本部のスーパーバイザーによる定期的な巡回とサポートがあります。黒字経営のためのコツなども教えてもらうことができるので、失敗のリスクを避けることができるでしょう。

・本部による融資のサポートがある

フランチャイズ契約のもうひとつのメリットは、本部による融資のサポートです。自分の店を開くためには資金を集めなければなりません。金融機関での融資を申し込むこともできますが、許可が下りないこともあります。フランチャイズ契約なら、本部による融資のサポートや、本部による融資の提供があるので資金を調達するのが簡単です。

・仕入れの手間がかからない

フランチャイズ契約の3つ目のメリットは仕入れの手間がかからないことです。フランチャイズでは本部が仕入先を決めています。そのため、自分で仕入れの取引をする必要がないので手間を省くことができます。

2-2. デメリット

・ロイヤリティが発生する

フランチャイズ契約のデメリットは、ロイヤリティが発生することです。フランチャイズ加盟店の多くは、売り上げの一部をロイヤリティとして本部に支払います。それによって、報酬が少なくなる可能性もあるでしょう。業種によっては売り上げに対するロイヤリティの比率を高く設定しているところもあり、場合によっては赤字になることもあるので注意が必要です。

・経営に制限がある

フランチャイズ契約のもうひとつのデメリットは、経営の制限です。フランチャイズでは、経営に対する細かい指示があり、メニューの値段や営業時間についても本部で決まっています。自由に営業することはできず、指示に従わなかった場合には契約を打ち切ることもあるので気をつけましょう。

・解約が自由にできない

フランチャイズ契約では契約期間を設けています。契約期間内については必ず営業を続けなければなりません。契約の期間内で店舗を閉めるときには必ず本部に相談して、契約の中止のための手続きを取らなければなりません。ただし、契約内容によっては違約金が発生することもあり、場合によっては借金が残る可能性もあります

3. パッケージライセンス契約とは?

次にパッケージライセンス契約について詳しく見ていきましょう。

パッケージライセンス契約は、店のブランドやコンセプトを使用する権利を提供するシステムのことです。オーナーは権利の使用料を払わなければなりませんが、事業に関する制限などはないため、自由な営業活動ができます。

3-1. メリット

・経営の自由度が高い

パッケージライセンス契約のメリットは、経営の自由度が高いことです。パッケージライセンス契約を採用している企業でも、開業前の研修などを行っているところはあります。しかし、開業後の店舗の運営についてはすべてオーナーの判断です。そのため、自分の好きなように経営を行うことができます。店のルールについても、直営店では禁止していることでも、パッケージライセンス契約の店舗では許可するといったことも可能です。

・固定費が軽くなる

パッケージライセンス契約の2つ目のメリットは、固定費が軽いことです。フランチャイズ契約では、毎月のロイヤリティが発生しますが、パッケージライセンス契約ならロイヤリティを払う必要はありません。商品や材料の仕入れについても、フランチャイズ契約の場合は仕入先が決まっていますが、パッケージライセンス契約は自分で取引業者を選べます。そのため、仕入れのコストをおさえることも可能です。

・好きな場所で開業できる

フランチャイズ契約の中には、開店する店舗の場所に関しても契約条件の中に含めているところがあります。そのような場合は、自分で開業する場所を選ぶことができません。パッケージライセンス契約なら自分で開業する店舗を決めることができるので、病院の中や駅のホームなどにも店舗を持つことができます。

3-2. デメリット

・開業後のサポートがない

パッケージライセンス契約のデメリットは、開業後のサポートがないことです。開業前については設置に関するアドバイスや接客の訓練などもありますが、開業後についてはオーナー自身で運営しなければなりません。そのため、オーナーが判断を誤ると赤字経営に陥ったり閉店したりすることもあるので注意が必要です。

・不祥事が起きたときのサポートがない

パッケージライセンス契約のもうひとつのデメリットは、不祥事が起きたときのサポートがないことです。商品の管理や接客の態度などでひとつの店舗が問題を起こすと、ほかの店舗にも風評被害が起きることがあります。フランチャイズ契約ではトラブルが起きたときのサポートがありますが、パッケージライセンス契約にはそうしたサポートがありません。

・ライセンスの購入費用が高額な場合もある

パッケージライセンス契約を締結する際には、ライセンスの購入費用が必要です。企業によっても異なりますが、フランチャイズ契約を締結するときに支払う加盟金よりも高額になることもあります。パッケージライセンス契約を申し込むときにはあらかじめ費用を把握しておきましょう。

4. パッケージライセンス契約の実例

パッケージライセンス契約で成功した例としてスターバックスコーヒーがあります。フランチャイズ契約の場合は、立地などを含めたさまざまな制限があるので、店舗を拡大するのには時間がかかるという問題がありました。そこで、パッケージライセンス契約にすることによって、オーナーが自由に店を持つことができるようになり、結果として、空港や駅、ショッピングモールやサービスエリアなどさまざまな場所で展開しています。

5. パッケージライセンス契約を選んだほうがいいケース

パッケージライセンス契約は、フランチャイズ契約よりも開業後の経営の制限が少ないのが利点です。そのため、ビジネスのスキルや知識のある人は、自分の好きなように事業を進めることができ、少ないコストで開業できるパッケージライセンス契約のほうが向いているでしょう。一方で、未経験の人が開業する場合には、本部からのサポートが受けることができるフランチャイズ契約をおすすめします。

6. フランチャイズとライセンス契約の選び方まとめ

フランチャイズ契約とライセンス契約にはそれぞれメリットとデメリットがあります。両方を比較して自分に合った契約を結ぶことができる企業を選ぶようにしましょう。一般的に、ライセンス契約はビジネス経験の豊富な人が向いています。未経験から始める人や経営に不安のある人は、リスクの小さいフランチャイズ契約がおすすめです。

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top