アントレランド

不二家のフランチャイズで独立開業!注意すべき点と開店への道のり

老舗洋菓子店、不二家にフランチャイズ加盟する方法とは?そのメリット・デメリットや不二家の将来性、フランチャイズ店開店までの流れなどを紹介しています。

不二家といえばお菓子とペコちゃんが真っ先に頭に浮かぶ方も多いと思います。この不二家の洋菓子店はフランチャイズによって経営されていることをご存知でしょうか?ここでは不二家の基本情報やフランチャイズに加盟する際のメリット・デメリット、加盟する場合の条件などについて詳しく説明していきます。

1. フランチャイズ展開している不二家の基本情報

株式会社不二家は、1910年(明治43年)11月に創業した菓子・食品・アイスクリームなどの製造販売、洋菓子チェーン店・喫茶店及び飲食店の経営を行う企業です、それ以外にも不動産事業などを手がけています。

資本金は182億8,014万円、2017年12月期の売上高は連結で1,059億円、単体で816億円にのぼります。1,115名の正社員を擁し、東京都文京区大塚2-15-6に本社をおいています。不二家は大きく分けて4つの事業を展開しています。

明治時代から続く洋菓子事業。これは洋菓子の製造販売と「不二家洋菓子店」の運営です。日常のおやつからお誕生日やクリスマスなどのイベント用のケーキ、ギフト菓子などバラエティー豊かな商品を展開しています。

それ以外にもスーパーやコンビニエンスストアで販売する洋菓子の製造も手掛けています。この事業の主力商品は、ショートケーキ・チョコ生ケーキ、ペコちゃんのほっぺ・スコッチケーキとなっています。

次にスーパーやコンビニエンスストアなどで販売されているキャンディーやチョコレート、クッキーなどのお菓子の製造と卸売りを行う菓子事業があります。この菓子事業により販売された商品には多くのブランドやヒット商品があり、小さな子どもさんから大人まで年代・性別を問わず幅広いお客様に愛される商品を販売しています。

主力商品にはだれもが一度は口にしたことがあると思われる、ミルキーやルック、カントリーマアム、ホームパイなどがあります。

また、飲料事業においては、缶・ペットボトル・チルド飲料の卸売を行っています。ネクターやレモンスカッシュなどの個性的な商品を手掛けています。

これら食品事業以外にも、通販・キャラクター事業も行っています。その事業内容はペコちゃんのキャラクターグッズの企画と販売を行う不二家ネットショップ「ファミリータウン」の運営や、ペコちゃんのキャラクターライセンスの管理です。

1-1.不二家の歴史

このような事業を行っている不二家は、1910年11月に藤井林右衛門が25歳の時、横浜市元町2丁目に開店した洋菓子店から始まりました。その年の12月にはクリスマスケーキの販売を行うなど、いわゆる「ハイカラ」なお店として愛されてきました。

その後、喫茶店の経営やショートケーキの販売など次々と新しい事業を展開し、戦災で店舗を失うこともありましたが、戦後も商売を続け、現在のような大企業に成長してきました。現在では前述した4つの事業を柱に経営を続けています。

フランチャイズ展開も行っていますが、実は不二家は日本のフランチャイズ事業の先駆けともいえる存在で、日本で初めてフランチャイズという事業形態を始め、それからすでに40年という年月が経過しています。

洋菓子店としての長年の実績とブランド力、そしてノウハウを併せ持つ不二家は、魅力的な投資先の一つといえます。

2. 不二家のフランチャイズに関する口コミ・評判

ここでは、不二家にフランチャイズ加盟しているオーナーの皆さんの口コミを紹介していきます。

・やはり老舗の不二家とペコちゃんというキャラクターのブランド力は大きく、安定した売り上げを保つことができます。開店後のスーパーバイザーによる個別指導なども徹底してるため、安心して経営を続けることができています。

・ロイヤリティーは売上高の5%と決して安くはありませんが、その分サポート体制がしっかりしているため、利益は十分に確保することができています。

・不二家のフランチャイズは低い加盟料でも開業できる点と、認知度が高い事業であることが魅力です。設備投資料などを含めると1,000万円以上の初期費用が必要でしたが、家族の同意を得て事業を始めることができました。やはり不二家のブランド力は強く、開店直後でも集客に苦労することはありませんでした。

3. 不二家のフランチャイズは儲かる?年収は?

不二家のフランチャイズ店のオーナーの年収や一店舗の平均的な売上というものは公表されていません。そこで、フランチャイズ展開をしている洋菓子店・スイーツ店の一般的な売上高の平均を見てみることにしましょう。

フランチャイズ加盟している洋菓子店・スイーツ店の平均的な月の売り上げは600万円程度と言われています。その中から原材料費、物流費、人件費、水道光熱費、地代家賃、一般経費、ロイヤリティーを差し引くと、営業利益は月額120万円程度となります。

この120万円×12か月で、年収はおおよそ1,440万円程度と推測されます。もし、開店時に銀行などの金融機関から融資を受けていれば、この営業利益の中から返済していくことになります。また、不二家は家族がメインとなって経営することが多いため、この金額がそのまま世帯年収になると考えておきましょう。

4. 不二家のフランチャイズで独立開業する3つのメリット

4-1. フランチャイズ経営のノウハウを熟知している

不二家は日本で初めてフランチャイズ展開を始めた企業であり、その歴史は40年前にさかのぼります。ですので、その長い経験の蓄積により日本における有利なフランチャイズ経営のノウハウを持っていると考えられます。

そのため、開業前の研修はもちろん、開店後も的確なフォロー・指導をしてもらうことができます。

4-2. 強力なブランド力

洋菓子の不二家またはペコちゃんを知らない日本人はまずいないでしょう。このように強い不二家は強いブランド力と、ペコちゃんのぽっぺなどの看板商品を持っているため、開店後すぐに経営を安定させることも可能です。

このように、集客にあまり労力をかける必要がないことも、不二家とフランチャイズ契約を行うメリットの一つといえます。

4-3. 低予算で開業が可能

不二家はフランチャイズ加盟料が50万円、トレーニング料が15万円、店舗の整備費用も合わせると合計1,000万円の予算から開業することが可能です。この金額は洋菓子店のフランチャイズとしては低予算であり、その点も不二家のフランチャイズの魅力といえます。

5. 不二家のフランチャイズで独立開業する2つのデメリット

5-1. ロイヤリティーが高額

不二家のフランチャイズに加盟した場合、売り上げの5%をロイヤリティーとして本部に納める必要があります。この売り上げの5%という金額は、他のフランチャイズに加盟した場合に比べて高額なものになります。

しかし、ロイヤリティーが高額である分開業後もきちんとしたサポートを受けることが可能なので、安定して売り上げを挙げることができる可能性が高いといえます。

5-2. 売り上げに波がある

これは不二家に限らずどの洋菓子店にも言えることですが、毎月の売り上げが一定せず、特に夏場に高い売り上げを期待できないことが多い点がデメリットであるといえます。しかし、冬場、特にクリスマスの時期などには売上高が一気に跳ね上がります。

このような洋菓子販売店の特徴をとらえて、運転資金を上手に回していく必要があります。

6. 不二家のフランチャイズ条件・契約内容

不二家にフランチャイズ加盟するためにはいくつかの条件があります。まず店舗名ですが、「不二家ファミリー・チェーン加盟店○○店」とする必要があります。加盟料は50万円(消費税別)で、契約時に現金、小切手、銀行振り込みのいずれかの方法で支払う必要があります。

この加盟料はいかなる理由があっても返還されることはありません。それ以外にオーナーの店長研修費として15万円(消費税別)を「店長ライセンスコース」の研修費用として支払います。契約期間は3年間で、期間満了後に自動更新されます。

契約を円満に解消するためには、契約期間満了の6か月前までに不二家とオーナー、いずれかからの書面による契約終了の申し入れが必要です。

7. 不二家のフランチャイズの将来性は?

不二家にフランチャイズ加盟をしたとして、不二家の経営をしていく場合にその将来性が気になるところです。洋菓子は一昔前までは子どもが食べるものと思われており、少子高齢化が進む日本の現状を鑑みた場合、将来的に先細りになるのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、現在では洋菓子は老若男女を問わず愛される商品であるため、今度とも安定した売り上げを上げることが期待できます。また、不二家というブランドも年齢・性別を問わず認知度が高いものであることから、将来的にも愛される店舗づくりを行うことは十分に可能です。

8. 不二家のフランチャイズで独立開業する方法

不二家のフランチャイズで開業するまでに必要な期間は約1か月となっています、その1か月の間に店舗の整備や、専門のトレーニングセンターにおいて「店長ライセンスコース」の研修を受け、認定テストに合格する必要があります。この研修の期間は13日となっています。

その後、洋菓子販売に必要な関連法規に関する法的資格、および許認可等もオーナーの責任と費用において取得しておきます。

最終的にスーパーバイザーによる営業開始前の指導を受けて開店準備を始め、いよいよ開店の運びとなります。

9. まとめ

ここまで、不二家の基本情報とフランチャイズに関して解説してきました。不二家は強いブランド力があり、フランチャイズ店に対しても手厚いサポートがあることがお判りいただけたと思います。不二家とのフランチャイズ契約においては、経営が軌道に乗ってきたらオーナーの判断で独自の特色を持った店舗づくりができるというメリットもあります。

洋菓子のニーズは今後も衰えることはないと考えられていることから、フランチャイズでの独立を考えられている方は、不二家への加盟も検討してみてはいかがでしょうか。

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top