アントレランド

パン屋さんに必要な開業資金と成功させるコツまとめ

パン屋さんに必要な開業資金は700~2,000万円。物件取得のための費用に加え、パンを焼く機材を揃えなければなりません。パン屋さんを成功させるためにはターゲットを絞ることや定番商品を用意することが重要です。

男性だけでなく女性にも人気のあるパン屋さんでの独立開業。開業する上で一番気になるのはお金のことですが、どのくらいかかるのでしょうか?

今回の記事ではパン屋さんの開業資金の内訳や調達方法について解説します。さらにパン屋さんのような店舗ビジネスを成功させるための秘訣についても紹介しています。

1. パン屋さんに必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

パン屋さんの開業資金を考えるときに重要なことは、店のコンセプトを決めておくことです。どのようなメニューを用意するのか、客単価をいくらに設定するのか、他店との差別化を図るためにどのようなこだわりを持った店にするのかなどがあげられます。店のコンセプトを決めておけば、開業の際に必要な費用が算出しやすいですし、おおまかな店の売り上げ目標を設定できます。

1-1. パン屋さんの開業資金

開業したいパン屋さんの方向性が決まったならば、次に開業のための資金を算出します。開業資金には初期費用とランニングコストがあります。

1-2. 初期費用の内訳

初期費用で必ず必要なものとして以下のものがあります。

・物件取得費

開業するためには物件の取得は不可欠です。物件取得費に含まれるものとして、前家賃や仲介手数料、敷金・保証金や礼金などがあげられます。飲食店の店舗を借りる場合には、家賃1カ月分の仲介手数料、家賃10カ月分の敷金・保証金、1~2カ月分の前家賃を支払います。

家賃15万円の物件を借りる場合には、物件取得費として180~195万円の費用がかかります。立地や店舗の規模にもよりますが、物件取得費は50~200万円を見積もっておいたほうが良いでしょう。

・店舗工事費

店舗工事費に含まれるものとして、外装や内装の工事費用、空調・水道・ガス・電気などの配線のための費用があげられます。他店との差別化を図るには、コンセプトに合わせた内装にしたり、特性の釜を使用してオリジナルのパンを販売したり、店舗からパンを調理している様子を見ることができる店作りにしたりする方法があります。

店舗工事費を安くするためには、カフェやレストランなどの居抜き物件を借りる方法もあります。居抜き物件ならば、電気の配線やガスや水道管が設置されているため工事費が安く済みます。ただしレイアウトによって個性あるパン屋さんの雰囲気に改装しにくい場合もありますので、予算だけでなく物件を十分に確認してから決定しましょう。

店の規模にもよりますが、パン屋さんの開業では400~800万円の店舗工事費がかかります。

・厨房機器の購入費用

パンを焼くためには業務用のオーブンが、パン生地を保存するためには大型の冷蔵庫が、揚げパンを作るためには専用のフライヤーが必要です。さらにパン生地を積めるためのばんじゅう、秤やミキサー、パンをしっとり焼くための噴霧器や包丁などの小道具も調理機材も必要です。

限られた予算で厨房機器を揃えたい場合には、中古の機材を購入する方法もあります。インターネットでは、業務用の中古の厨房機器を販売しているお店を見つけることができますので、新品の機材と比較しながら選ぶようにしましょう。

厨房機器の購入費用は400~800万円かかります。

・備品

パン屋さんで必要な備品として、手さげ袋やビニール袋などの包装材があります。さらに、トレーやトングなどの什器備品やユニフォームやレジ、清掃用具や事務用品などもあげられます。

お店の規模が大きかったり、扱うパンの種類が多かったりする場合は、必要な備品も増えます。細かい部分についてもしっかりと費用を計算しておけば、開業前に資金が足りなくなるなどのトラブルを防げます。

1-3. ランニングコストの内訳

パン屋さんで必要なランニングコストには以下のものがあげられます。

・店舗の維持費

店舗の維持費には家賃や光熱費などがあげられます。これらは毎月必ず必要となる費用です。パン屋さんの場合は毎月の支出のうち、店舗の維持費を30%以内に抑えるのが理想とされています。

・人件費

パンの製造や調理スタッフ、店内での販売スタッフを雇う場合には人件費もランニングコストに含めます。開業する地域にもよりますが、社員やレギュラースタッフとして雇うならば、1人あたり15~20万円の費用がかかります。

・広告宣伝費

お客を店に集めるためには宣伝も必要です。宣伝方法にはチラシの配布、新聞や雑誌への掲載、ホームページの開設などがあります。パン屋さんを含む飲食店の多くは、開業直後すぐに固定客を獲得するのは難しいでしょう。そのため、なるべく費用をかけて宣伝することは大切です。

2. パン屋さんの開業資金を調達する方法

店の規模にもよりますが、パン屋さんの開業には700~2,000万円が必要といわれています。飲食店の場合、安定した経営をするために30~50%分の自己資金を用意しておくのが良いとされています。小さなパン屋さんを開業するならば210~350万円、大き目のパン屋さんを目指すならば600~1,000万円は自己資金でまかなうことをおすすめします。

開業資金を確保するためには、金融機関や自治体による融資制度を利用することがおすすめです。クレジットローンや消費者金融に比べて、低い利息で借りることができます。融資には必ず審査が行われるので、しっかりとした事業計画を作成するようにしましょう。

3. パン屋さんの物件選びのポイントと契約時の注意点

物件選びは、ビジネスの成功に大きくかかわる部分ですので慎重に選ぶ必要があります。パン屋さんに最適な物件の選ぶために3つのポイントを抑えておきましょう。

・客層

まずは開業予定に地域にどんな人が住んでいるのかをリサーチすることが大切です。半径2キロ以内圏内の人口を調査して、客層を確かめておくことは大切です。

・人の流れ

顧客を獲得するためには、人の流れの多い場所に開業することが大切です。駅の近くに店を構えれば、家賃は高くなりますが利用する人も多くなるというメリットもあります。ただしパン屋さんの場合には、開業予定の周辺にどれほどの飲食店があるかをチェックしておくことも重要です。どんなお店が競合店になるのかを知っておくようにしましょう。

交通量の多いところに店舗を構えた場合でもたくさんの顧客を集めやすくなりますが、車で買いに来る人が多くなるため、駐車場の確保も必要です。

4. パン屋さんのような店舗ビジネスの問題点と成功のコツ

パン屋さんのような店舗ビジネスで大切なことは新規の顧客を集めることです。ある程度の常連客がいれば安定したビジネスをすることは可能ですが、新規の顧客を獲得できなければ売り上げは現状維持か下がることになります。問題を解決させるためには以下の2つのことを実践しましょう。

・お店の魅力を知ってもらう

新規の顧客を獲得する方法の1つは、通りすがりの人にお店の存在を知ってもらうことで入店率を上げることです。

お店を知ってもらうためには看板の設置は欠かせません。お店の名前を掲げるだけでなく、メニューのなどの告知をする看板を設置したり、映像装置を利用した広告を設置したりします。看板にホームページアドレスを掲載しておけば、今は忙しくても別の機会に入ってみようといった購買意欲を促すことができます。

・サービスメニューやクーポンを用意する

新規の顧客を獲得するもう1つの方法は、サービスメニューやサービスクーポンを作ることです。お得なメニューを用意しておけば、まずはお店の味を確かめてみたいというお客を獲得できます。最近ではTwitterやInstagramなどのSNSが普及しているため、口コミで広がりやすくなっています。まずはパンを食べてもらうことが、新規の顧客を獲得するための1歩です。

5. パン屋さん経営の成功事例と年収

立地や規模にもよりますが、パン屋さんの平均年収は350万円ほどです。月収に換算すると30万円前後です。しかしパン屋さんの中には成功を収めて高収入を得ている人もいます。

一例として千葉県内に8店舗を構えるパン屋さん「ピーターパン」は、一日に2,000人を超えるお客を集めており年商は18億円です。このお店には、釜を使ってパンを焼いていること、人気のパンのランキングを掲げていること、おしゃれなテラス席が用意されていること、コーヒーが無料で提供されるなどの特長があります。

6. 失敗しないパン屋さんの開業・経営方法

パン屋さんの経営を成功させる方法として2つのことがあげられます。

・ターゲットを絞る

たくさんの種類のパンを用意すれば幅広い年齢層のお客を獲得できそうに見えますが、売れ残りの商品が多くなれば赤字の可能性も高くなります。そのため地域住民の客層をチェックして、どんな年齢層をターゲットにするのか明確に絞るようにしましょう。

子供のいる家庭が多いのであれば、キャラクターパンなどの親子で楽しむことのできるパンを取り揃えたり、若い女性が多いのであれば、流行に合わせたおしゃれなパンを取り揃えることができます。

・定番商品を用意する

他店のパン屋さんとの差別化を図ることは大切ですが、地域の人に親しまれるような長く買い続けることのできるパンを開発することも重要です。どのパン屋さんにも負けない定番商品を用意しておけば、固定客を獲得できます。

パン屋さんの中には食パンだけで億単位の年商を稼いでいるところもあります。パンの種類が少なくてもクオリティの高いパンを作り続ければ、安定した経営ができます。

7. パン屋さんを開業するために必要な資格や許可

パン屋さんを開業するためには「営業許可の申請」と「食品衛生責任者の資格の申請」が必要です。どちらも保健所での申請になりますが、食品衛生責任者の資格の申請については講習が必要です。

このほかに、開業前には所轄の税務署にて「個人事業の開業届」を提出することが必要です。

8. パン屋さんに必要な開業資金と成功のコツまとめ

パン屋さんに必要な開業資金は700~2,000万円です。そのうちの半分は物件取得費と店舗工事費です。パンを製造するためには厨房機器の購入も必要ですが、予算によっては中古の機器で揃えることも可能です。

パン屋さんで成功するためには新規の顧客を獲得することがカギです。メニューが載せられた看板などを設置して入店率を上げたり、サービスメニューやクーポンを用意しておトクに店の味を知ってもらうことが大切です。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top