アントレランド

ブラジリアンワックスサロンの開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

ブラジリアンワックスサロンの開業には120~200万円はかかります。初期費用やランニングコストなどの予算や調達方法の想定、物件選び、経営のノウハウ、関連資格など知っておくべきポイントが複数あります。経営で失敗しない方法を紹介します。

ブラジリアンワックスサロンを開業するには、想定コストや物件選びなどの入念な計画が大切です。

ブラジリアンワックスに限らず、近年は美容系サロンを開業する人が増えていますが、長く経営していくにはブラジリアンワックスへの愛着や経営のノウハウが重要です。

本記事では開業資金やその調達方法、物件選び、失敗しない経営方法など、ブラジリアンワックスサロン経営に大切なポイントを紹介します。

1. ブラジリアンワックスサロンに必要な開業資金

ブラジリアンワックスサロンを開業するには、コストを想定する必要があります。

1-1. 初期費用と内訳

ブラジリアンワックスサロンを開業する人の多くはスクールに通っており、その費用は15~30万近くです。

実際の開業にかかるコストの内訳は以下のとおりです。

・賃貸物件契約費 (敷金・礼金・内装・前家賃)・・・合計15~40万

・基本設備 (ベッド、照明、スツール、ワゴンなど)・・・合計5万~

・接客用ソファー、テーブル・・・合計2万~

・ワックス用ウォーマー (最低でも2、3つ)・・・合計2万~

・スチーマー・・・3万~

・電化製品 (照明、冷蔵庫、消毒用機器など)・・・合計7万~

・施術用商材・・・3万~

・消毒液、ペーパーシーツ、使い捨てマスク・グローブ、ピンセットなどの消耗品・・・合計8万~

・広告・顧客管理用パソコン・・・4万~

・サロン書類関係一式・・・1万~

・運転資金 (3~4ヵ月分) ・・・40万

その他備品などの諸費用も含め、ブラジリアンワックスサロンの開業資金は最低でも120万円は必要とされます。備品などへのこだわりも考慮し、200万円程度が相場になるでしょう。

1-2. ランニングコスト

開業資金だけでなく、月々のランニングコスト (必要経費) も想定しましょう。主にワックスの仕入れ代金、機材のメンテナンスや部品の取替費用、水道光熱費、通信費、人件費などを計算しておきましょう。必要経費の相場は賃貸物件で経営する場合、120万円です。

2. ブラジリアンワックスサロンの開業資金の調達方法

ブラジリアンワックスサロンに限らず、店舗の開業資金調達には、貯金からの捻出、銀行からの融資、独立開業支援制度の利用などがあります。

銀行からの融資は過去の実績からいくらまで融資できるかを判断されるため、経営未経験者による新規開業は融資を受けづらいです。

貯金だけで開業資金が賄えない場合は、独立開業支援制度を利用するのがおすすめです。このほか、自治体による制度融資、国や地方自治体から返済不要の助成金をもらう、機材導入時にクレジットまたはリース契約を締結する、高金利ながら最短1日で融資が成立するビジネスローンなどの方法が考えられます。

3. ブラジリアンワックスサロンに最適な物件の選び方

ブラジリアンワックスサロンに最適な物件選びには、以下の4つのポイントがあります。

3-1. 4つのポイント

・来客を想定した立地条件

お客さんの来客時間、店に来る目的やそこまでの道のりなどの情報を整理し、お客さんが多く来やすい立地条件を選びましょう。

最寄り駅からの徒歩時間や物件周辺にある主な施設、近辺の人通りや交通量などをチェックし、自身が想定しているお客さんが集まりそうな場所を狙うのがベストです。

・優先すべき条件を定める

物件は家賃、面積、築年数、最寄り駅からのアクセスなど、様々な面で条件が異なります。しかし、理想の条件の項目が多すぎると、物件の粗探しばかりするようになり決定できません。

条件別に優先順位をつけ、絶対的に尊重する条件は2つまでに絞り、残りの項目は希望レベルにとどめましょう。設定条件をもとに物件を選ぶことで、理想的なものに決定しやすくなります。

・不動産業者は複数に相談する

不動産業者は事業用の物件に強い業者を2、3人選びましょう。もちろん、本人たちには複数の業者を回っていることは秘密です。

業者によりおすすめの物件のイメージは異なります。そのため、複数の業者に物件を相談することで、広い視野から理想的な決定を下しやすくなります。

・周辺に競合店はないか

物件選びの際は周辺に競合店がないかチェックする必要があります。競合店があってもそこと差別化できる事業プランを持っている場合は問題ありませんが、経営に対する知識や経験が豊富でない場合は、なるべく競合店からは遠いほうの物件を選ぶのが理想的です。

3-2. 契約時の注意点

物件契約時にもコストがかかります。契約内容や予算を慎重にチェックすることが重要です。契約時にかかるコストには保証金 (敷金) 、礼金、仲介手数料、保険料 (火災保険は必須の場合多し) 、保証料、共益費及び管理費があります。

保証金は家賃の半年から1年分が相場です。礼金がある場合は1~2ヵ月分を想定してください。保証料は家賃保証会社に払い、家賃滞納の際は保証会社に立て替えてもらうことができます。

4. ブラジリアンワックスサロンで黒字経営するコツ

ブラジリアンワックスに限らず、美容サロンで黒字経営するには2つの重要なポイントがあるので実践してください。

4-1. 毎月のランニングコストから売上目標を決める

機材のリース代やメンテナンス・部品交換費、人件費、水道光熱費、自宅以外で営業している場合は家賃など様々な要素で必要経費が生じます。

売上から経費を引いたのが利益になります。まずは毎月の必要経費分 (損益分岐点) を把握し、目標利益を定める形で計画しましょう。

ブラジリアンワックスサロンは脱毛ビジネスのひとつです。脱毛サロンは販売業や飲食業より従業員の数が少ないケースが多く、必要経費は相対的に低くなりがちです。1人で運営する場合は利益率が30%以上になることもあります。

家賃やリース代などの固定費は売上の20%以上に収めるのが理想的です。これをもとに、客数、客単価、営業日数などから売上を想定し、目標利益を定めましょう。

自宅で運営している場合はランニングコストに家賃が含まれず、損益分岐点が低くなりやすいですが、その分黒字が出ても月収が低すぎることもあるので、利益計算は慎重に行いましょう。

4-2. 資金計画のテンプレートを実践する

経営は経費と売上を正確に把握するために、テンプレートを実践することが重要です。テンプレートは以下の4つです。

・固定費の5倍以上になる目標売上高

・売上の20~30%は利益として確保

・売上高-固定費-利益額=変動費

・客単価×来客数×営業日数=想定売上

以上の4つのテンプレートを実践し、自身の店ではどれほどの利益が出せるかを計算しましょう。

5. ブラジリアンワックスサロンの開業に成功した事例と年収

ブラジリアンワックスサロンの開業成功例を年収込みで紹介します。以下に紹介するのはフランチャイズ開店の例ですが、個人経営でも参考になる要素はあります。

5-1. 総額459万円から開業できるブラジリアンワックス使用脱毛サロン、年収1,000万円超えの収益モデルも

https://entrenet.jp/dplan/0002137/

有名ワックスブランド「Harley Waxing」の日本総代理店のフランチャイズ開業モデルです。ブラジリアンワックス脱毛を中心にサービス展開しています。

脱毛サロンではセット売りが定石とされていましたが、こちらでは都度払いにこだわったサービス展開になっています。

スタッフ2~3名で運営している場合は必要経費が100万円を超える程度になりますが、月商が経費の1.5倍以上を記録し、月収が100万円を超えるモデルも出ています。年収に換算すると1,300万円近くになります。

6. 失敗しないブラジリアンワックスサロンの開業・経営方法の種類

ブラジリアンワックスサロンの経営にはフランチャイズと個人の2種類があります。それぞれに応じた失敗しない開業・経営方法を説明します。

6-1. フランチャイズ経営

フランチャイズ経営の場合、本社から研修を受けた社員が従業員として加わります。また、経営やサービスのノウハウを本社からアドバイスしてもらえるなどのアドバンテージもあります。

しかし、どのフランチャイズを選ぶかで、経営の風向きが変わります。自身にあった脱毛サロンのフランチャイズはどれかを熟考することが大切です。

フランチャイズ開業者は本部の部下とは違うため、契約を結んでいても関係としては対等です。そのため、経営に問題がある場合は、本部に相談する前に、自己で解決できるものかどうか、その方法は何かを見極めることが大切です。

6-2. 個人経営

個人経営は、開業資金やランニングコストなどを基本的に自力で用意しなければなりません。フランチャイズ以上に自己責任の範囲が広いです。

個人経営は、開業や運営に失敗すると、損失が全て事業者本人に降りかかるリスクがあります。なるべく損失をしたくない場合は、現在の勤め先を退職しないで、週末だけの営業の前提で起業する、営業時間を限定するなどして、コストを抑える方法も考えられます。

どうしても個人で起業したい場合は、コストと想定売上の把握、明確な起業目的やプラン、広告や宣伝の方法などを徹底的に計画しましょう。コミュニケーションのコツを心得たり、社会情勢の変化に常に敏感でいることも大切です。

7. ブラジリアンワックスサロンの開業に必要な資格や許可

ブラジリアンワックスサロンの開業自体は、無資格でも可能です。しかし多くの開業希望者はスクールに通い、資格を取っています。

ブラジリアンワックスサロン業界で成功するには、当ジャンルに対する強い愛情と、経営のノウハウを学ぶ熱心な心がなければなりません。ブラジリアンワックスをこよなく愛し、店舗を経営するうえで必要なことを学び続けられる意志があれば、開業に踏みきってもいいでしょう。

8. まとめ

ブラジリアンワックスサロンを開業するには、開業資金やランニングコストを想定し、黒字経営が続けられるようにプランを徹底的に練る必要があります。

物件選びも重要なポイントです。ターゲットとなるお客さんのタイプを想定し、その人が多く集まりそうな場所を選ぶのがポイントです。家賃、面積、設備などの条件が自身の適正に合っているかも確認しておきましょう。

ブラジリアンワックスサロンを開業する人の多くは、開業前にスクールに通い、相応の資格を取っています。ブラジリアンワックスをこよなく愛し、経営のノウハウを学ぶ強い根気があれば、開業してもいいでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top