アントレランド

フランチャイズで宅配業はどうやって始めるの?将来性は?

お弁当やお惣菜など、なかなか自分で遠くまで買いに行けないという方のために届ける宅配業の需要が年々上がってきていることをご存知でしょうか?今回はそんな将来性の期待できる宅配業のフランチャイズ加盟に関して始め方やおすすめの企業など詳しくご紹介していきます!

フランチャイズにはさまざまな種類があります。コンビニエンスストアやファミリーレストランなどの飲食店などが有名かと思われますが、現代の日本で需要のあるビジネスとして宅配業もフランチャイズを行っています。共働き世代が増えてきていることもあり、なかなか買い物に行けないという家庭が増えてきています。そのため宅配業は現代日本にとって需要のあるビジネスというわけです。今回はそんな宅配業のフランチャイズに関して詳しくご紹介していきます!

1. フランチャイズ募集している宅配業の種類

フランチャイズ募集している宅配業にはさまざまなものがあります。最もメジャーなものとしてはお弁当やお惣菜などの移動販売です。なかなか買い物に行けないという方にとって移動販売によって自宅の近くまで来てくれるというのはとても嬉しいものです。

そのためお弁当やお惣菜、さらには毎日の野菜や肉などスーパーで売っているような食材を販売することはとても需要があります。さらに高齢者に向けた配食サービスも中にはあり、こちらも遠いところまで買い物に行くことが難しいという高齢者にとってとても需要があり、さらにはリピーターにもなりやすく集客もしやすいというメリットもあります。

そしてピザーラなどのピザも宅配業としては有名でしょう。このような大手ピザチェーン店をはじめとする飲食業も宅配業としてフランチャイズ加盟することが可能です。

このような飲食ビジネスに加えて、佐川急便などの宅急便とフランチャイズ加盟をしている企業が多くあります。そのため大きく分けて飲食業か宅急便が宅配業でフランチャイズ加盟が可能な職種というわけです。

2. フランチャイズで宅配業を始める3つのメリット

2-1. 普通の飲食業よりもコストを抑えられる

ファミリーレストランや居酒屋などといった飲食業でフランチャイズを行う場合には、調理に使用する材料費はもちろんのこと、そもそもその店舗を経営するにあたっての土地が必要となります。お店を持つことで月々の光熱費が発生したりとさまざまな費用が発生します。

ところが宅配で飲食を販売するのであれば、そのような内装やインテリアに関する必要が一切発生しません。そのため普通にお店を構えて飲食業を営むよりもコストを抑えられるというメリットがあります。

2-2. どんな人でも始めることができる

宅配業には自動車やトラックの運転免許証などその時に必要な資格さえあれば、どのような方でも少しの研修で始めることができます。そのためオーナーはもちろんのこと、実際にビジネスを始めてアルバイトを雇う時でも集客が簡単になります。始める際に研修などの教育期間は短期間で大丈夫ですので、安心して誰でも始めることができるでしょう。

2-3. 開業前の立地に悩む必要がない

飲食店やコンビニエンスストアなどでフランチャイズを行う場合は、集客のためにもその立地が経営を左右することになります。ところが宅配業ですと立地に関してはそれほど心配しなくても簡単に始めることができます。運営する際には道路環境さえ整っているのであれば、二等地や三等地で経営しても問題はありません。

3. フランチャイズで宅配業を始める3つのデメリット

3-1. 天候に左右されやすい

宅配業は移動して販売するものですので、雪や台風などによって交通状況が乱れてしまうと営業できなくなる場合があります。営業できない日がこのような自然災害によって多くなってしまうと収益にも影響が出てきてしまいます。

自然災害だけは予測できるものではありませんので、そういったリスクがあることを覚えておく必要があるでしょう。

3-2. 人件費の予測が難しい

イートインの飲食店ですと、キッチンやレジなど担当が細かく分かれています。ですが移動販売ですと販売担当、デリバリー係、クレームや注文が来た際の電話応対担当を作る必要があります。そのため人件費を始めてみるまで予測することが難しいというデメリットがあります。

3-3. クレームが発生した場合迅速に対応できない

飲食業を営んでいると何かとクレームはつきものです。ところが注文を受ける人と配達をする人、さらには調理する人は全く別々に行っているためクレームがいざ出た時でも対応が遅くなってしまいます。どの担当部門でクレームが出たのかを確認し、そこからどのように対応するのかを考えて行く必要があるため迅速な対応が難しくなります。

4. フランチャイズで宅配業の独立開業は儲かる?将来性は?

宅配ビジネスは今後どんどん需要が増えていき、成長が見込まれます。そのためフランチャイズとして早いうちから始めておくことが理想的です。ところが独立開業で儲けるためには需要のある商品が何なのかをリサーチしておくことが必要です。

例えば宅配そばなどは古くからある配達業の一つですが、現在その需要があるのかというとほとんどないに等しいでしょう。そのためターゲットや商品に関しては事前に調べてからフランチャイズ運営を行うことが最も大切です。

5. 宅配業でおすすめのフランチャイザーTOP5

1位: ほっともっと

宅配弁当メーカーとして高いブランド力を持っています。ほっともっとはフランチャイズでオーナーを務めた方からの口コミの評価が非常に高いです。その口コミとしてはキャンペーンや新商品開発を本部が請け負っているためオーナーは経営のことに集中できてよかったというものや、クレームなど運営において悩んだ際にも本部がしっかり親身になってサポートしてくれるというものです。本部の運営がしっかりしているため、フランチャイズとして続けやすいのでおすすめです。

2位: ピザーラ

ピザ業界の中でも知名度の高い有名チェーン店です。宅配ピザチェーンとしては売上高、店舗数ともに国内1位という記録もあります。そんなピザーラのおすすめの理由は何といっても高いブランド力です。そのため集客の必要がほとんどなく、初心者でも簡単に始められるというメリットがあります。

3位: ライフデリ

ライフデリとは高齢者配食サービスを行っている会社です。配達業界において今後さらに需要が見込まれるのが高齢者です。ライフデリではロイヤリティや加盟金が0円という最大のメリットがあり、配達業が初めてという方でも気軽に手を出しやすいでしょう。月々の負担は会費3万円とシステム利用料の1.8万円のみですので長く続けて行くには最適です。

4位: ケータバンク株式会社

キッチンカーを使用してお惣菜やお弁当などを販売して行きます。お客様が多く集まるような場所で販売することができ、さらに本部のサポートとしては出店場所の管理や研修など初心者の方にも100%のサポートを行っています。キッチンカーを使用してのビジネスはスピード感が大切なのでそれに見合っているとなお良いでしょう。

5位:シルバーライフ社

開業資金0円で始めることができ、女性も多く活躍している高齢者向けの宅配サービスです。本社から送られるおかずを容器に詰めて、お弁当を販売するというお仕事です。サポート体制が充実しており、スタートから5日間は店長経験者であるSVが出店場所から日々の業務に関する指導まで詳しくサポートしてくれます。今後の高齢者のニーズが増えることを見込むと、長く続けやすい会社でしょう。

6. フランチャイズで宅配業として独立開業する方法まとめ

今回はフランチャイズで宅配業を行う方法についてご紹介しました。今後どんどんニーズが増えることが見込まれる職種ですので、今のうちからチェックしておくと良いでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top