アントレランド

フランチャイズに加盟してパン屋を独立開業する方法

フランチャイズに加盟してパン屋を開業する場合の流れについてまとめました。フランチャイズのパン屋には、メリットとデメリットがあるので、それぞれを把握しておくのは大切です。フランチャイズ募集しているパン屋の情報もまとめましたので参考にしてください。

フランチャイズに加盟してパン屋を開業する場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、フランチャイズに加盟してパン屋を開業する方法をわかりやすく紹介しますので、ぜひこの記事を役立ててください。

1. フランチャイズ募集しているパン屋一覧

一本堂

一本堂は東京都新宿区にあるIFC株式会社が運営しているフランチャイズチェーンです。北海道から福岡県まで120以上の店舗を営業しています。

一本堂のこだわりは、原材料にこだわった食パンです。厳選した小麦粉を使用しており、卵やドライイーストなどは使用していません。食パンに使用するマーガリンは、トランス脂肪酸の少ない国産のものを使用しているので、おいしいだけでなく安全にも配慮しています。

一本堂のフランチャイズに加盟する場合には、100万円の加盟金と50万円の開業研修費が必要です。物件取得費や備品の費用などを合わせると、1,005万円の初期費用がかかります。ロイヤリティは毎月の売上の5%ですが、5万円の上限があるので、売上が伸びればロイヤリティの比率が下がることもあるでしょう。

食パンにこだわったパン屋を開業したいなら、一本堂がおすすめです。

ベーカリー石窯工房アグリ

ベーカリー石窯工房アグリは、長崎県長崎市に本社のあるフランチャイズチェーンです。長崎市に4店舗を営業しています。

ベーカリー石窯工房アグリのこだわりは、健康とおいしさにこだわったパンです。パンを作るときに使用する粉はパン職人が厳選したこだわりもので、イーストフードなどの体に影響のあるものは使用していません。

通常のパン屋で作るパンの発酵時間は40分ほどです。しかし、ベーカリー石窯工房アグリではイーストフードを使用していないので、発酵時間は14時間かかります。手間はかかりますが、低温熟成によってやわらかくふっくらと焼き上げることが可能です。

ベーカリー石窯工房アグリのフランチャイズに加盟する場合には、100万円の加盟金と9万円の保証金が必要です。物件取得費や研修費などを合わせると、1,000万円の初期費用がかかります。またのれん料として毎月3万円が必要です。6坪のスペースでも開業が可能なので、低リスクで営業をしたい人にはおすすめです。

ベーカリーショップロンドン

ベーカリーショップロンドンは、富士屋株式会社が運営するフランチャイズチェーンです。岐阜市に2店舗を営業しています。

ベーカリーショップロンドンのこだわりは素材です。伊良湖直送の卵や九州のから取り寄せているタラコなどを使用しています。パンは、防腐剤を使っていないので、いつでも安全なパンを提供できるのも魅力の一つです。

ベーカリーショップロンドンのフランチャイズに加盟する場合は、50万円の加盟金が必要です。開店時の商品代や設備投資費などを合わせると、1,500万円緒初期費用がかかります。ロイヤリティは毎月の売上の1%です。開業前には、4週間以上の研修を用意しているので安心して開業できるでしょう。

2. フランチャイズでパン屋を開業する3つのメリット

フランチャイズでパン屋を開業する場合には、3つのメリットがあるので把握しておきましょう。

短時間でパン屋の開業に必要な技術を習得できる

おいしいパンを焼くためには、パンについての知識や技術が必要です。個人で開業する場合には、調理の専門学校に通ったり、パン屋で修行を積んだりしなければならないでしょう。そのため、開業までには数年の年月がかかることもあります。

フランチャイズに加盟する場合は本部による研修があるので、短時間で開業のために必要なスキルを習得できます。

知名度があるので、開業後すぐに利益を出せる

フランチャイズでパン屋を開業する2つ目のメリットは、知名度があるので開業すぐに利益を出せることです。

個人で開業する場合には、商品の開発や価格の設定、チラシやメールによる宣伝をしなければなりません。特に宣伝については、地域の人に認知されにくいため、安定した売上を達成するのに時間がかかります。

一方で、フランチャイズに加盟して開業する場合には、本部による知名度を活用できるので、開業後から利益を出すことも可能です。

パンの市場規模が大きいのでニーズがある

フランチャイズの開業でパン屋を選ぶことのメリットは、パン屋の市場規模が大きいことです。

パンの市場規模は1兆4,000億円あり、うどんの1兆700億円よりも大きい数字です。米と同じようにパンのニーズも高まりつつあります。最近では、原材料や作り方にこだわったパンや高級なパンも販売されるようになりました。

おいしいパンを提供できるようになれば、安定した売上が期待できるでしょう。

3. フランチャイズでパン屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでパン屋を開業するときには、デメリットについて把握しておきましょう。主なデメリットとして、以下の3つがあるので覚えておきましょう。

初期費用が高い

フランチャイズのパン屋を開業する場合のデメリットとして、初期費用の高さがあります。パン屋を開業する場合には、冷蔵庫やオーブンなどの設備が必要です。そのため、ほかの業種のフランチャイズと比較した場合、初期費用が高くなるでしょう。

パンの仕込みをしなければならない

2つ目のデメリットとして「パンの仕込み」があります。飲食店とは違い、パン屋を開業する場合には、毎日仕込みをしなければなりません。

通常のパン屋で作るパンの発酵時間は40分ほどです。しかし、ベーカリー石窯工房アグリではイーストフードを使用していないので、発酵時間は14時間かかります。手間はかかりますが、低温熟成によってやわらかくふっくらと焼き上げることが可能です。

本部の方針に従う必要がある

フランチャイズでパン屋を開業する場合には、本部の経営方針に従わなければなりません。原材料やパンの作り方なども細かく決まっており、オーナーの判断で変えることはできないので注意しましょう。

4. フランチャイズでパン屋を開業する流れ

フランチャイズによって異なりますが、パン屋を開業するときには、以下の流れになるので覚えておきましょう。

・加盟相談
加盟を希望するときには、最初に本部と加盟についての相談をします。経営戦略や開業に必要な資金についての情報を知ることができるでしょう。

・加盟の締結
加盟相談の後に、オーナーと本部の双方が加盟を希望する場合は、加盟の締結をします。その際には、加盟金や保証金を支払うこともあるので事前に確認しましょう。

・開店の準備
加盟の契約を結んだあとは、開店に向けての準備です。本部の指示のもと、実地研修や店舗の内装、スタッフの研修などを行います。

・開店
すべての準備が整ったら開店です。フランチャイズによっては、開業後もスーパーバイザーによる経営のサポートがあります。

5. フランチャイズに加盟してパン屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してパン屋を独立開業する場合には、「短時間で開業に必要なスキルを取得できる」、「知名度があるので、開業後すぐに利益を出せる」といったメリットがあります。一方で、「本部の指示に従わなければならない」といったデメリットもあるので、よく検討してから決定するのがおすすめです。

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top