アントレランド

フランチャイズに加盟してうどん屋を独立開業する方法

フランチャイズのうどん屋は国内にたくさんありますが、コンセプトや初期費用はフランチャイズチェーンによってさまざまです。自分に合ったフランチャイズを選択しましょう。うどん屋のフランチャイズにはメリットとデメリットがあります。それぞれをまとめているので、役立ててください。

うどん屋のフランチャイズチェーンを始めるときには、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか?

フランチャイズのうどん屋のメリットやデメリットをまとめました。この記事を読めば、開業についての具体的なイメージができるでしょう。

また、フランチャイズ募集しているうどん屋の一覧も紹介しています。どんなフランチャイズチェーンがあるのか参考にしてください。

1. フランチャイズ募集しているうどん屋一覧

うどん屋は原価が安く、利益率が高いので独立開業を考えている人にはおすすめのビジネスです。

うどん屋のフランチャイズ募集をしている企業もたくさんありますが、経営理念やコンセプトは企業によって異なるので、自分に合ったフランチャイズを選ぶようにしましょう。フランチャイズ募集している主なうどん屋は以下のとおりです。

はなまるうどん(株式会社はなまる)

はなまるうどんは、讃岐うどんをメインにしたうどんのフランチャイズチェーン店です。2017年時点で全国に420店舗を展開しています。うどんで使用する小麦粉は、国産とオーストラリア産の最上級の一等粉のみで、着色料や漂白剤などは使用していません。そのため、おいしく安全なうどんを楽しむことができます。

はなまるうどんの加盟金は350万円です。開業のためには、加盟金のほかに物件取得費や設備の購入費が必要です。70日間の研修も用意しており、調理未経験者でも安心して開業の準備ができます。

夢吟坊(株式会社夢吟坊)

京うどんをメインにしたうどんのフランチャイズチェーン店を始めたい人には、夢吟坊がおすすめです。うどんの炊きかたにこだわりを持っており、かつおの香りが豊かな上品なだしとともにおいしいうどんが楽しめます。京うどんのほかにも、昆布だしを使った夢塩うどんなどもあります。

夢吟坊の加盟金は400万円です。初期費用は加盟金のほかに、教育費や内外装費などがかかります。ロイヤリティは毎月の総売り上げの4%です。契約前には、双方が納得し

て開業するために、面談の機会をたくさん設けています。開業に不安のある人にはおすすめです。

麺乃庄 つるまる饂飩(株式会社フジフードシステム)

あっさりとした関西風のうどんをベースとしたフランチャイズの開業を考えている人には、つるまる饂飩がおすすめです。つるまる饂飩では、国産の小麦粉を使用しており、店内で作った出来立ての麺を毎日提供しています。スープは、かつお節やさば節や煮干しを使用しており、すっきりとした味わいを楽しめるのが強みです。

つるまる饂飩の加盟金は100万円、加盟保証金は100万円です。15坪からでも開業ができます。そのため、駅前や狭い立地での開業を考えている人にもおすすめです。ロイヤリティは毎月の総売り上げの3%となっています。

2. フランチャイズでうどん屋を開業する3つのメリット

フランチャイズでうどん屋を開業する場合にはメリットを把握しておきましょう。個人の店舗にはない利点を生かすことができれば、安定した経営を続けることができます。

うどん屋を始めるためのノウハウやメニューが確立している

フランチャイズでうどん屋を開業するときには、開業前の研修が行われます。うどんの調理の方法や接客サービスの方法、売り上げ管理などのノウハウを習得できるので安心して開業ができるでしょう。

未経験者が個人でうどん屋を開業する場合は、メニュー作りのためにうどんの学校やうどん屋に通わなければならないので時間がかかります。一方で、フランチャイズを利用すればメニューが決まっているため短期間での開業が可能です。

初期費用がかからない

うどん屋を開業するためには、店舗の内装やうどんを調理するための機材の購入が必要です。うどん屋の経営が未経験の人は、すべて自分で用意しなければなりません。そのため、場合によっては初期費用が高額になることもあり、開業時点で資金面でのリスクを抱えることもあります。

フランチャイズを利用すると、機材の購入や店舗の内装に関する本部からのサポートを受けることができます。また、企業によっては自社の機材を用意していることもあり、市場価格よりも安くそろえることも可能です。そのため、比較的少ない初期費用で開業できます。

立地に関するアドバイスをもらえる

うどん屋のビジネスを成功させるポイントは、集客が可能な立地を選ぶことです。どんなにおいしいうどんを提供する店でも、集客が難しい地域に出店してしまうと売り上げを伸ばすことができません。メニューや価格などはいつでも変更できますが、立地については一度決めたら変更できません。そのため、立地選びは慎重に行う必要があります。

うどん屋のフランチャイズでは、立地に関する詳細なデータを持っているので、立地に関するリスクを抱えることなく開業ができるでしょう。

3. フランチャイズでうどん屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでうどん屋を開業するときには、メリットだけでなくデメリットも確認しておきましょう。あらかじめデメリットに対する対策を立てておくことで、安心してフランチャイズ経営が行えます。主なデメリットは以下の3つです。

自由度が低くなる

フランチャイズのうどん屋では、メニューや価格、接客サービスの方法などがすべて決まっています。ほとんどのフランチャイズチェーン店では、オリジナルのメニューを提供することを禁止しているので、オリジナリティを出すことは難しいでしょう。

フランチャイズでの開業を考えるときには、複数のフランチャイズチェーンを比較して、自分のコンセプトに合ったところを選ぶことが大切です。

利益のすべてが自分のものにならない

フランチャイズでうどん屋を開業すると、毎月のロイヤリティを支払わなければなりません。経営が順調なときにはそれほど問題にはなりませんが、経営がうまくいっていないときには大きな負担になることもあります。

フランチャイズへの加盟を考えるときには、ロイヤリティを含めた経営計画を立てておくようにしましょう。また、ロイヤリティはフランチャイズチェーンによっても異なるので、十分な比較検討をしましょう。

解約後に制限がある

フランチャイズへ加盟をするときには、書面を用いた契約を交わします。契約書には、加盟金やロイヤリティに関する事項だけでなく、契約終了後の事項なども記載しています。フランチャイズチェーン店の多くは、営業ノウハウの秘密を守るために、契約期間終了後についてのうどん屋の経営を禁止しているので注意が必要です。

4. フランチャイズでうどん屋を開業する流れ

フランチャイズでのうどん屋の開業を計画するときには、あらかじめ開業までの流れを確認しておきましょう。大きな流れは以下のとおりです。

・本部との面談

フランチャイズへの加盟を希望するときには、最初に本部との面談を行って加盟に関する詳しい話を聞きます。契約条件や経営理念に納得できるなら、後日契約の締結をして開業のための準備を進めます。

・店舗物件の取得

加盟の契約を結んだあとは、店舗物件の取得です。フランチャイズ本部の多くは、店舗物件の取得のための資料やノウハウを持っています。そのため、本部と相談しながら、最適な部件探しを行うことができるでしょう。予算によって取得できる物件を異なるため、話し合いを重ねながら進めていきます。

・開業のための研修

オープンする店舗が決まったら次は研修です。フランチャイズチェーンのスーパーバイザーによる調理や接客の研修を行います。研修期間はフランチャイズチェーンによって異なりますが、一般的には2~3カ月程度です。経営のためのスキルを習得したら、お店をオープンします。

5. フランチャイズに加盟してうどん屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してうどん屋を独立開業するときには、最初にメリットとデメリットを確認しておきましょう。デメリットについては、あらかじめ把握しておくことでリスクを軽減できます。

フランチャイズのうどん屋は国内にたくさんありますが、コンセプトや初期費用はさまざまです。複数のフランチャイズチェーンを比較して、自分に合ったフランチャイズを選択しましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top