アントレランド

まつ毛エクステサロンの開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

まつ毛エクステサロンを開業するためには100~300万円の費用がかかります。また、美容師の資格や美容所の開設手続きが必要です。安定した営業をするためには、集客が大切です。未経験の人でも気軽に来店できる店作りをすることが必要でしょう。まつ毛エクステサロンの開業資金や方法をまとめました。

まつ毛エクステサロンを開業する場合にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

まつ毛エクステサロンの開業で必要な開業資金について、内訳を含めて紹介します。さらに、最適な物件を探すためのコツや開業の際に必要な資格や許可についてもまとめましたので、開業を考えている方は参考にしてください。

1. まつ毛エクステサロンに必要な開業資金

まつ毛エクステサロンの開業を計画するときには、はじめにおおよその開業資金を計算しておきましょう。開業資金は、開業前にかかる初期費用と開業後にかかるランニングコストにわかれます。

1-1. 初期費用と内訳

まつ毛エクステサロンの初期費用は100~300万円程度です。おもな内訳は以下のとおりです。

・物件取得費

まつ毛エクステサロンを営業するための店舗の取得にかかる費用です。不動産屋を通して店舗を取得する場合には、契約の際に支払う前家賃のほかに、保証金や仲介手数料などがかかります。仲介手数料は家賃1カ月分、保証金は家賃の6~10カ月分の家賃が必要です。

たとえば、家賃10万円の店舗を取得する場合には、契約のときに80~120万円が必要です。なお、自宅を改装して開業する場合には費用はかかりません。

・内装や家具の費用

まつ毛エクステサロンの開業する場合には、施術するためのリクライニングシートが必要です。待合用のソファやカーテンなどの家具もそろえておきましょう。

内装については、施術ができるような状態であれば営業できますが、まつ毛エクステサロンは美を提供する場所でもあるので、無機質な部屋にならないように工夫することも大切です。大掛かりな内装工事をしない場合は、内装や家具の費用として10万円かかります。

・材料費

まつ毛エクステサロンを開業するにはグルーやツイザー、人工つけまつげなどをそろえなければなりません。材料費は20万円ほどかかります。

・広告宣伝費

安定した集客のためには広告を掲載することが必要です。宣伝方法にもよりますが、広告宣伝費は30万円かかります。

1-2. ランニングコスト

まつ毛エクステサロンのランニングコストは、店舗の規模によっても大きく異なりますが、50~100万円はかかるでしょう。おもなランニングコストとして以下のものがあります。

・家賃

家賃は借りている店舗によって金額は異なります。水道光熱費や材料費とは違い、家賃は毎月同じ金額を支払います。赤字だった場合でも家賃は必ず払わなければならないので、注意が必要です。

・人件費

店舗の規模によって人件費は異なります。スタッフを2人雇う場合には、一人あたり20万円、毎月40万円が必要です。ただし、スタッフが多ければ効率よく仕事を行うことができるので、売り上げアップにもつながります。

・材料費

材料費は売り上げ目標によって異なります。一日24人ほどの来店を見込んだ場合には、一人あたり180円、1カ月で13万円ほどの材料費がかかるので覚えておきましょう。

・水道光熱費

水道光熱費は店舗によって異なりますが、売り上げ目標の7%ほどにおさえるようにするとよいでしょう。毎月の売り上げ目標が100万円の場合は、水道光熱費を7万円におさえるのが理想です。

2. まつ毛エクステサロンの開業資金の調達方法

家族や親族に資金の援助をしてもらうという方法もありますが、おすすめは日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫ではサロンの開業を目指す人に対して融資する「新規開業資金」という制度を設けています。融資の上限は7,200万円となっており、サロンを開くための資金を日本政策金融公庫のみで賄うことができるでしょう。

3. まつ毛エクステサロンに最適な物件の選び方

まつ毛エクステサロンを開業するには店舗を持たなければなりません。物件選びは経営に大きく影響を与えるので慎重に選びたいものです。最適な物件を見つけるためには、3つのポイントをおさえておきましょう。

3-1. 3つのポイント

・駅の近くに店舗を構える

安定した集客を目指すなら駅の近くの物件を借りるのがおすすめです。通常の物件よりも割高になることが多いですが、まつ毛エクステンションの施術代で考えれば、10人ほどの来店で回収できます。

・ランニングコストをおさえたい人はマンションの一室もおすすめ

まつ毛エクステサロンはマンションの一室でも開業が可能です。通常の物件に比べて家賃が半分以下になることもあるので、ランニングコストをおさえることもできます。

ただし、マンションの一室での開業は、新規客が入店しにくい、広告看板を出せないこともあるなどのデメリットもあります。たくさんの集客を考えている人は通常の店舗を選ぶほうがよいでしょう。

・まつ毛エクステサロンの場合はスケルトンがおすすめ

物件には、内装工事をしている居抜き物件と内装工事をしていないスケルトン物件があります。開業の費用をおさえるなら、居抜き物件がおすすめです。しかし、まつ毛エクステサロンは、美容室などに比べて初期費用が安いという利点があります。そのため、予算に余裕がある場合は、スケルトン物件を借りる方がよいでしょう。スケルトン物件なら、自分の好きなように店舗をデザインできるメリットがあります。

3-2. 契約時の注意点

まつ毛エクステサロンの開業に最適な物件を見つけたら、不動産屋と賃貸契約を交わします。その際に、まつ毛エクステの作業をするスペースについての確認をしましょう。まつ毛エクステサロンは、作業室が13㎡以上と法律で決まっています。契約書に記載している面積を確かめて契約後のトラブルを避けるようにしましょう。

4. まつ毛エクステサロンで黒字経営するコツ

まつ毛エクステサロンで黒字営業するコツは、安全性をアピールすることです。安定した集客を目指すためには、なるべく多くの新規の顧客を獲得しなければなりません。そこで、安全性をアピールすることでまつ毛エクステが未経験の人でも気軽に利用してもらえます。具体的には、衛生管理を徹底していること、美容室として登録していることなどをアピールできるでしょう。

5. まつ毛エクステサロンの開業に成功した事例と年収

まつ毛エクステサロンは原価率が低く、1回の施術が5,000円ほどでも原価は200円ほどしかかからないので、安定した顧客を獲得できれば、年収が600万円以上にアップさせることも可能です。

あるまつ毛エクステサロンでは、女子高生をメインターゲットにしたまつ毛エクステサロンにすることで、開業に成功しました。女子高生は口コミの発信力が高く、気に入ってもらえたら、多くの新規顧客を獲得しやすいという利点があります。会員カードの導入や学生証を提示したら割引するといったサービスをすることで、多くの顧客の獲得に成功しています。

6. 失敗しないまつ毛エクステサロンの開業・経営方法の種類

まつ毛エクステサロンには2つの開業方法があります。

6-1. フランチャイズ経営

フランチャイズ経営のメリットは未経験でも比較的簡単に開業できることです。内装や備品の購入サポートや接客サービスの研修、美容所の登録手続きのサポートなどがあるので、不安を抱えることなく開業の準備を進めることができるでしょう。

6-2. 個人経営

個人で経営する場合のメリットは自由度の高さです。店舗の内装や料金の設定などをすべて自分で決めることができます。フランチャイズ経営では毎月のロイヤリティを支払わなければなりませんが、個人で経営する場合はロイヤリティが発生しないので、経費を抑えることができるのも魅力です。

7. まつ毛エクステサロンの開業に必要な資格や許可

まつ毛エクステサロンの開業では以下の資格と許可が必要です。

・美容師資格
まつ毛エクステサロンについても美容師免許の国家資格の取得が必要です。厚生労働省がすべてのまつ毛エクステサロンに通達しており、違反した場合には30万円以下の罰金とサロンの営業停止になるので注意しましょう。

・保健所の許可
まつ毛エクステサロンを開業するときには保健所で美容所としての開設手続きが必要です。開設の基準は自治体によって異なるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

8. まとめ

まつ毛エクステサロンの開業資金は100~300万円です。開業資金には物件取得費や材料費、内装費用などを含みます。店舗を借りるときには、立地に注意しましょう。安定した集客を目指すには駅の近くに店を構えることが大切です。集客が多ければ安定した経営をすることができるので、なるべく来店しやすい場所で店を持つようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top