アントレランド

象の耳にフランチャイズ加盟して独立開業する方法

象の耳のフランチャイズは、販売方法を選べるメリットがあるのでおすすめです。また、主力商品である「あげ焼きパン」はモチモチとサクサクの2つの食感を味わうことができる人気商品のため、安定した売り上げが見込めます。象の耳にフランチャイズ加盟して独立開業する方法をまとめました。

モチモチの食感とサクサクの食感を両方味わえる「あげ焼きパン」が人気の象の耳ですが、フランチャイズへ加盟をするときには、どんなメリットがあるのでしょうか?

今回は、象の耳の基本情報やフランチャイズに関する口コミや評判について紹介します。さらにフランチャイズへの加入条件や将来性についてもまとめましたので、興味のある人は参考にしてください。

1. フランチャイズ展開している象の耳の基本情報

象の耳は株式会社ZOOが運営しているフランチャイズチェーンです。関東を中心に、国内に13店舗あります。

象の耳の主力商品は高温で焼き上げた「あげ焼きパン」です。外はサクサク、中はモチモチした食感を楽しむことができるパンは、子どもから年配層にまで人気があります。あげ焼きパンには、たまご、防腐剤、乳製品、保存料を使用していないので、安全に味わうことができるのも特色です。

2. 象の耳のフランチャイズに関する口コミ・評判

象の耳のフランチャイズに関する口コミや評判はおおむね好評です。象の耳では「少ない資金で開業ができること」と「開業前後のサポートをしっかりすること」を売りにしています。

また、「店舗の経営を自由にできること」や「利益率を高く設定していること」などのこだわりを持っており、加盟するオーナーがストレスを抱えずに経営できるのも注目です。

焼きあげパンについてもテレビや新聞などのメディアで何度も取り上げており、リピーターもたくさんいるので安定した売り上げが期待できるでしょう。

3. 象の耳のフランチャイズは儲かる?年収は?

象の耳の収益についてのシミュレーションでは、毎月の売上高が151万円、営業利益が52万円となっています。

象の耳では特別な調理方法によって商品の長期保存に成功しました。そのため、廃棄ロスがなく、作った商品をすべて利益につなげることができます。また、オリジナルメニューの開発ができるので、商品があきられることはありません。安定した売り上げを続けることができるので、シミュレーションのとおり年収600万円も可能でしょう。

4. 象の耳のフランチャイズで独立開業する3つのメリット

象の耳のフランチャイズで独立開業することには、いくつかのメリットがあります。

4-1. オープン前の研修を無料で受けることができる

象の耳ではオープン前の研修を無料で行っています。希望があれば何回でも無料で研修を受けることができるので、費用をかけずに開業に必要なスキルと知識を身につけることができるでしょう。

4-2. 販売方法を選ぶことができる

象の耳では「店舗での販売」と「移動販売」の2種類から選ぶことができます。移動販売なら少ない資金でも開業できるので、リスクをおさえることができるでしょう。また、週末のみの営業も可能なので、副業としてビジネスを始めることもできます。

4-3. 商品に話題性がある

3つめのメリットとして商品の話題性があります。象の耳の「あげ焼きパン」は、テレビや雑誌などで話題となった人気商品です。あげ焼きパンは、第二回全国キッチンカーグルメ選手権で準優勝を獲得しており、味にも定評があります。リピーター率が50%以上の人気商品を販売できるので、広告費をかけずに安定した売り上げを保つことが可能でしょう。

5. 象の耳のフランチャイズで独立開業する3つのデメリット

象の耳のフランチャイズへの加盟を検討するときには、デメリットについても覚えておきましょう。

5-1.「象の耳」という屋号の使用ができない

象の耳では特約店というフランチャイズシステムを採用しています。フランチャイズ本部が開発した商品やソースを利用できますが、店の屋号として「象の耳」を使用できません。そのため、出店するときには別の名前を使わなければなりません。

ただし、商品については「象の耳」として販売できますし、商品の味についても直営店とまったく同じです。

5-2. 商品が「あげ焼きパン」を使ったメニューに限られる

象の耳の商品は「あげ焼きパン」です。クリームチーズやブルーベリーソースをくわえりトマトソースやカレーを使ったあげ焼きパン、アイスクリームをくわえた「あげ焼きパンアイス」などもありますが、あくまでもあげ焼きパンがメインです。そのため、ほかの飲食店のフランチャイズよりも扱う商品のラインアップが少ないというデメリットに注意しましょう。

ただし、象の耳のフランチャイズ店舗では、オリジナル商品やほかのフランチャイズ商品の販売を許可しているので、メニューを増やすことは可能です。

5-3. 加盟金を支払わなければならない

象の耳のフランチャイズに加盟することのもうひとつのデメリットは、加盟金を支払わなければならないことです。象の耳の加盟金は90万円と低くおさえていますが、開業のためにはある程度の資金を用意しなければなりません。

6. 象の耳のフランチャイズ条件・契約内容

象の耳のフランチャイズへ加盟するための加盟の条件は以下の3つです。

・本部の経営理念に納得しており、理念を実施できる人
・開業のための資金を用意できる人
・成功するという信念を持っている人

象の耳のフランチャイズへ加盟するための契約内容は以下のとおりです。

・加盟金:90万円
・研修費用:0円
・補償金:0円
・ロイヤリティ:0円
・設備費用:10万円
・契約期間:3年

店舗での出店については、上記のほかに物件取得費用や内装費用がかかります。

7. 象の耳のフランチャイズの将来性は?

象の耳のフランチャイズについては、将来性はあるといえるでしょう。その大きな理由として日本人の食生活の変化があります。総務省統計局による「家計調査報告における2018年分平均速報結果」のデータによると、米の一人あたりの購入金額は693円、パンの一人あたりの購入金額は902円です。

日本は米が主食の文化でしたが、現在ではパンの消費が米の消費を上回っており、これからもパンの購入金額は増えることでしょう。そのため、象の耳の「あげ焼きパン」についてはこれからも需要はあると考えることができます。

8. 象の耳のフランチャイズで独立開業する方法

象の耳のフランチャイズへの加盟を希望する場合や資料請求をしたいときには、象の耳のホームページの「コンタクト」から連絡をしましょう。その後、本部より詳しい案内を聞くことができます。

・象の耳ホームページ
http://zou-33.com/

9. まとめ

象の耳のフランチャイズ加盟は「販売方法を選ぶことができる」「商品に話題性がある」といったメリットがあります。加盟金も安く開業前や開業後のサポートもしっかりしているので、おすすめのフランチャイズといえるでしょう。

加えて、日本では米よりもパンの消費が増えているので、あげ焼きパンの人気は続く可能性が高いと言えます。象の耳へのフランチャイズに興味のある人は、ぜひ検討してみてください。

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top