アントレランド

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズにはどんなメリットがある?加盟のための条件や必要な資金を紹介

ヴィ・ド・フランスは全国に250店舗を構える人気ベーカリーカフェです。開業のためのしっかりとしたサポートやベイクオフ方式を採用しているため、フランチャイズ経営が初めての人でもハードルは低く、安心した経営ができます。メリットやデメリット、加盟の条件をまとめました。

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業する場合にはどんなメリットがあるのでしょうか?

今回の記事では、ヴィ・ド・フランスでのフランチャイズに加盟した場合の年収や加盟条件について詳しくご紹介します。また、デメリットや将来性についても詳しく解説します。

1. フランチャイズ展開しているヴィ・ド・フランスの基本情報

ヴィ・ド・フランスは、全国に250店舗以上を持つ有名ベーカリーカフェです。1983年に日本で初めてベーカリーにカフェスペースを作ったチェーン店としてスタートし、2001年には山崎製パンから独立して、新たにヴィ・ド・フランス株式会社としてスタートしています。

ヴィ・ド・フランスの大きな特徴は、いつでもフレッシュなものをお客さんに提供していることです。作りたてのサラダやサンドイッチ、焼きたてのパンや揚げたてのドーナツ、さらには豊かな香りが広がるコーヒーを用意しています。パリにあるおしゃれなカフェを再現して、若い人から年配まで誰でもくつろぐことのできる空間を提供しています。

2. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズに関する口コミ・評判

ヴィ・ド・フランスの評判は良好です。ヴィ・ド・フランスが販売するパンやサンドイッチは人気が高く、男女関わらずファンが多いため、安定した経営ができるという意見がかなりあります。

また開業前や開業後のサポートについてもしっかりしており、本部による丁寧で実践的な研修を通して、本部のフランチャイズ加盟店に対する本気度を感じることができるようです。

またヴィ・ド・フランスの本部や加盟店の経営意識は高く、過去に大きな問題を起こしたことはありません。そのため、安心して起業ができるという口コミもあります。

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズに関する口コミや評判から考えるならば、おすすめのフランチャイズ店と言えます。

3. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズは儲かる?年収は?

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズに関する具体的な年収のデータはありませんが、パン屋のオーナーの年収については500〜600万円と言われているため、ヴィ・ド・フランスのフランチャイズを行った場合でも、同程度の年収を期待できます。

ヴィ・ド・フランスは、普通のパン屋とは異なり、カフェスタイルの方式も採用しています。そのため、持ち帰りでパンを購入するお客さんだけでなく、小腹が空いたときに軽いものが食べたいというニーズにも合わせています。地域に密着したビジネスを展開しているため、安定した収入を得ることができます。

開業後には本部による経営のアドバイスを定期的に受けることもできます。アドバイスを生かせば売り上げを上げることができますし、年収アップにも繋げることができます。

4. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業する4つのメリット

フランチャイズで独立開業を計画する際には、メリットについて知っておけば、長所を活かしながら安定した経営ができます。ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業するメリットとして以下の4つがあげられます。

4-1. 開業後にもしっかりしたサポートがある

開業前にはしっかりした研修やサポートがあるものの、開業後にはアドバイスやサポートを受けることができないというフランチャイズは多くあります。しかしヴィ・ド・フランスでは、開業後についてもエリアマネージャーの定期的な巡回によって適切なアドバイスを受けることができます。

サポートはフランチャイズのオーナーだけではなく、店舗スタッフ全員のアドバイスやサポートをしてもらえるので、初めてフランチャイズや店舗のオーナーを務める人でも安心して経営ができます。

4-2. ベイクオフ方式を採用しているため安心してパンが焼ける

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業する人の中には、パン職人だった人やケーキ職人だった人もいます。そうした人たちにとっては、パンを焼くことについては問題になりませんが、初めて携わる人にとっては高いハードルです。

ヴィ・ド・フランスのパンはベイクオフ方式を採用しています。チェーン店のパンにはスクラッチ方式とベイクオフ方式がります。スクラッチ方式の場合は、パンを焼く全ての工程を店舗で行います。生地の仕込みからパンを焼く工程まで行うため、多くの時間と高い技術を必要とします。一方でベイクオフ方式の場合は、本部指定の工場で冷凍生地を製造して、その生地を各店舗で焼成、仕上げます。店舗内での生地の仕込みの工程を短縮できるため、初めてのパンに携わる人でも安心して作業できます。

4-3. 全国区で有名な知名度

パン屋やベーカリーカフェを経営するときに苦労するのがお店の宣伝です。店の名前だけでなく、どんな商品をいくらで販売しているかを宣伝しなければなりません。さらにパン屋はどこにでもあるため、他のパン屋との違いもアピールしなければなりません。そのため、個人経営のパン屋を開業したものの、なかなか地域の人たちに浸透しないこともあります。

一方でヴィ・ド・フランスについては、全国的に有名なベーカリーカフェなので、新規の顧客を獲得しやすいというメリットがあります。商品のラインナップについても店頭だけでなくホームページでも簡単に確認ができるため、それほど宣伝費をかけなくてもお客さんを集めることができます。

4-4. パンのニーズが年々高まっている

パンの市場は1兆4,000億と言われています。うどん市場の1兆700億円を超えているため、パンはご飯と同じように日本人の生活に欠かせないものとなっています。ヴィ・ド・フランスについてもパンのニーズの高さを利用すれば、安定した経営ができます。

5. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業する3つのデメリット

フランチャイズでの経営をするためには、メリットだけではなくデメリットも把握しておくことが大切です。デメリットを十分に理解しておけば、対策を事前に取ることができるため、健全な経営ができます。

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業するデメリットとして、3つのことがあげられます。

5-1. イートインのため費用や手間がかかる

ヴィ・ド・フランスは持ち帰りのパンを販売するだけでなく、その場で食べることのできるイートインも採用しています。イートインには、テーブルや座席を始め、食器やナプキン、ゴミ箱なども用意しなければなりません。また、営業時間前や後には丁寧な清掃をする必要もあります。

そのため、ヴィ・ド・フランスのフランチャイズは、通常のパン屋のフランチャイズよりも内装の工事費や備品の購入などの初期費用がかかり、フランチャイズに加盟する前にある程度のまとまった資金を貯める必要があります。

資金調達は、ある程度の自己資金は必要ですが、銀行などの金融機関から融資の申請もできます。詳細な事業計画や具体的な返済プランを立てて、安定した経営ができるようにしましょう。

5-2. オリジナルのパンを提供できない

フランチャイズで独立開業をする場合には、自分の好きなように経営ができないというデメリットがあります。個人経営のパン屋やベーカリーカフェでは、オリジナルのパンを開発して販売することによって顧客を獲得している人もいます。しかし、フランチャイズの場合にはオリジナルの商品を置くことはできないため、差別化をするには難しくなります。

ただしヴィ・ド・フランスについては、ヴィ・ド・フランスのファンもいるため、周辺の地域に住んでいるファンを確実に獲得できれば安定した経営ができます。

5-3. 客単価が低い

ベーカリーカフェのフランチャイズについてのデメリットとして客単価が低いことがあげられます。パンは100〜200円、ビュッフェのメニューはセットでも800円前後が中心です。そのため多くのお客さんに購入してもらうことが必要です。

ただし、パンのついてはラーメンやステーキなどと違い、毎日食べるという人も多くいます。リピーターのお客さんを獲得できれば、毎日買ってもらうことも可能です。

6. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズ条件・契約内容

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズへの加盟の条件や契約には以下のものがあります。

6-1. 加盟金やロイヤリティ

ヴィ・ド・フランスの加盟料は200万円で、研修のための費用も加盟料に含まれています。このほか、毎月支払うロイヤリティとして売上金の2.5%、システムの運営費として売上金の1%が必要です。

6-2. 契約期間

ヴィ・ド・フランスの契約期間は5年間です。契約期間終了後にさらに契約をしたい場合には、200万円が必要です。

6-3. 開業前に必要な資金

ヴィ・ド・フランスでは、加盟料とは別に店舗の内装工事や厨房機器などの設置のために5,800万円の費用が必要です。この費用には以下のものが含まれています。

・内装費

・厨房機器費

・設備費

・家具

・一時費用

6-4. 研修システム

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズでは、開店前の研修が行われます。研修期間は2カ月で、製造や販売、店舗管理の基礎研修と店舗実習が行われます。さらに開店前には、必要人員や基本シフト、取り扱いアイテムについての確認、さらには開店時の売上目標を設定します。

アルバイトについても、マニュアルによる研修や基本動作の研修が行われるため、安心して開店の準備ができます。

7. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズの将来性は?

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズの将来性はあると言えます。理由として、開業前や開業後のサポートがしっかりしているため安心して経営ができる点と、日本ではパンに対するニーズが高く、これからも成長が望める分野であるという点があげられます。

本部が掲げる、最高の品質、最高のサービス、磨き上げられた店舗という目標を実践すれば、確実に売り上げを伸ばすことができます。

8. ヴィ・ド・フランスのフランチャイズで独立開業する方法

ヴィ・ド・フランスのフランチャイズに加盟したい、もしくは興味があるという人は、申し込みをしましょう。まずは、ディスカッションによってヴィ・ド・フランスの特徴や理念について聞くことができます。

申し込みはホームページから行えます。

ヴィ・ド・フランス申し込みページ

http://www.viedefrance.co.jp/concept/fc/about.html

9. まとめ

ヴィ・ド・フランスは、開業前だけでなく開業後についてもしっかりとしたサポートを行っています。また通常のパン屋とは異なり、カフェスタイルの方式を採用しているため、多くの顧客を獲得できる強みを持っているおすすめのフランチャイズです。

知名度も高く、ベイクオフ方式のシステムを用いているため、初めてのフランチャイズ経営でも安心して営業できます。フランチャイズに加盟するためには加盟料のほかに、内装費や厨房機器費なども必要です。綿密な計画を立てれば、安定したフランチャイズ経営ができるでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top