アントレランド

フランチャイズと直営店どっちがオススメ?メリット・デメリットを紹介!

フランチャイズと直営店とは同じように見えて実は経営方法が異なります。では具体的にはどのように異なるのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを見ていきつつ、どちらの方がオススメなのかをご紹介していきます!

はじめてビジネスを行うという方でも気軽に始めやすく、さらに元々からブランド力のある企業の看板をもらって経営ができるという意味でも注目を集めているフランチャイズ。直営店と比べてみるとどのような違いがあるのでしょうか?フランチャイズを考えている方も、まずは直営店と比べてみてどのような違いがあるのかを今回学ぶためにも詳しくご説明していきましょう!

1. フランチャイズと直営店のメリット・デメリットを比較!3つの違いとは?

フランチャイズは既存の会社からノウハウやサービス内容を請け負うという権利を得た上で個人がオーナーとなってビジネスを進めていく一方で、直営店では経営方針やサービス内容などがどの店舗でも統一されているビジネスのことを指します。

例えばコンビニエンスストアですと全国に莫大な数の店舗があるため、フランチャイズのところも直営店のところもあります。同じ企業であってもこのように経営方法に違いが見られるため、実際にビジネスを始めていくにはどのような違いがあるのかを詳しく知っておく必要があります。まずはフランチャイズと直営店との大きな違いを見ていきましょう。

1-1. 個人事業が法人事業か

直営店では本部がマニュアルや意向などを詳しく制定しています。そのため本部のいうとおりに全て従わなくてはなりません。一般企業であれば当たり前のことではありますが、自分で店を経営したいと考えている方には窮屈に感じてしまうかもしれません。逆にフランチャイズであれば、個々の加盟社が創意工夫しても許されています。そういった点でフランチャイズの方が経営方針などは自由に決めることができるでしょう。

1-2. 収益の取り分が違う

フランチャイズはその企業のブランド力を借りて経営するという意味でも、毎月ほとんどの会社でロイヤリティが発生します。中には発生しない企業もありますが、そのため売上からロイヤリティをマイナスした分が収益となるわけです。それに対して直営店であれば、毎月の売上がそのまま収益となります。

こうしてみるとフランチャイズの方が損しているように感じるかもしれませんが、初期費用がフランチャイズの方が安い傾向にあるため費用の面では直営店が必ずしも良いというわけでもありません。

1-3. ブランディング戦略

多くのお客様に認知してもらうためにも企業のブランディングは大切なポイントです。フランチャイズと直営店とで置いてある商品は同じであろうとサービスの質や内容などは異なります。直営店ではマニュアルや研修によって店舗によって差が出ないようにしていますが、フランチャイズはそのオーナーの意向によって異なってきます。それを防ぐためにもブランディング戦略の一つとして、フランチャイズ契約をしないという大企業もたくさんあるほど重要なことです。

2. フランチャイズの特徴やメリット・デメリット

2-1. フランチャイズとは?

フランチャイズとは簡単にいうと既存の企業からのれん分けしてもらうことを指します。フランチャイザーと呼ばれるフランチャイズチェーン本部の運営を行なっている企業と個人あるいは法人が契約を結ぶことです。それによりその企業のブランドや商標を利用することができ、チェーン共通の商品やサービスを提供する権利を得ることができます。

そもそも一般的に自分でお店を経営するとなると一から集客をしてブランド力を上げていかなければなりません。ところがフランチャイズでは、有名チェーンなどからお店の看板を借りて経営するため、そのような手間もなくビジネスとしても成功しやすいというメリットもあります。

2-2. フランチャイズのメリット

フランチャイズ最大のメリットとしては、有名チェーン店の看板を借りてお店を運営することができるという点です。元々から知名度のある会社を選べば、お客様からの認知度も高いため集客に関する苦労もほとんどありません。

さらにそのブランド力は実際にお店を運営してから資金や人材調達や運営のコツなど初心者のオーナーで事業がうまく行くようにサポートしてくれます。そのため初めてだという方でも安心して始めることができるという点でメリットと考えることができるでしょう。

2-3. フランチャイズのデメリット

デメリットはフランチャイズには月々の資金が発生するという点です。ブランド力を借りる代わりにロイヤリティを毎月支払う必要があります。企業によっても異なりますが、その他にも月々の費用が発生する場合もあります。実際の売上からロイヤリティを差し引いた額が収益となりますので、なかなか稼ぎにくいと感じる方も中にはおられるでしょう。

3. 直営店の特徴やメリット・デメリット

3-1. 直営店とは?

直営店とは経営方針やサービス内容などがどの店舗も統一されているビジネスのことを指します。複数の店舗で運営されているという意味ではフランチャイズと変わりませんが、どの店舗もその本部の資本で経営されているという違いがあります。そのため実際に働いている人は全て本部から雇われている人というわけです。

基本的には本社のメーカーから仕入れたもののみを販売するという形態ですので、ロイヤリティを支払う必要もなく本社のマニュアルや規定に従いさえすれば自由に運営することができます。そのため直営店での運営は初心者よりも経営経験のある方の方がオススメです。

3-2. 直営店のメリット

直営店最大のメリットは、売上が全て収益となる点です。フランチャイズではロイヤリティをそこから差し引かれてしまうため、収益にしてみると少なく感じることがデメリットでもありました。ところが直営店であれば売れた分だけ収益とすることができるため、頑張れば頑張るほど収入を得ることができるわけです。

そしてもう一つのメリットとしては、経営が自由にできるという点があります。経営の取り組みの指導や改善などを自分で自由に取り入れることができます。そのため経営を自分のスタイルで行なっていくことができるというわけです。こういった点からも自分で会社経営を経験しているという方の方が直営に向いています。

3-3. 直営店のデメリット

デメリットは他店舗に展開していこうと思うと難しいという点です。フランチャイズですとオーナーが自分自身であるため、さらに店舗を広げていこうと思えば比較的スピーディーに拡大していくことが可能です。ところが直営店はあくまでも本部から雇われている者という考え方になるため、店舗を拡大するには資金の調達が必要です。頑張れば頑張るほど稼げるというメリットはあるものの、稼げる月があれば稼げない月もあるわけですから資金をたくさん調達するには時間が必要となるでしょう。そういった点で拡大が難しいというデメリットがあります。

4. フランチャイズと直営店のメリット・デメリットまとめ

今回はフランチャイズと直営店との違いを見ていきました。どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますのでどちらの方が優れているかというとむすがしい問題でもあります。

結論としては初心者の方には費用がかかる分フランチャイズの方が経営しやすく、逆に上級者や経験者の方であれば直営店での運営の方が稼ぎやすく自分のスタイルで運営しやすいのでオススメです。自分がどのようにして運営していきたいのかをしっかりまずは考えてみましょう!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top