アントレランド

フランチャイズに加盟してスーパーを独立開業する方法

フランチャイズでスーパーを開業する場合のメリットとデメリットをまとめました。フランチャイズへの加盟の申し込みをすると、本部による加盟の相談や出店場所の確認を行います。オープンの準備も本部のサポートがあるので安心して準備を進めることができるでしょう。

スーパーは、フランチャイズビジネスの中でも人気のある業種の一つです。有名なフランチャイズのスーパーでの開業を検討する人も多いですが、どんなメリットやデメリットがあるのかを事前に知っておくようにしましょう。

フランチャイズのスーパーを開業するときのメリットやデメリットをまとめました。また、開業までの流れも紹介しているので、参考にしてください。

1. フランチャイズ募集しているスーパー一覧

スーパーのフランチャイズは全国にたくさんありますが、業務形態はフランチャイズによって大きく異なります。生鮮食品の有無、自社工場の有無、家族向けや一人暮らし向けなど、細かい部分はスーパーによって違うので、どのような形態なのかを必ず確認して、希望するプランに合ったフランチャイズを選びましょう。

業務スーパー

業務スーパーは、北海道から沖縄県まで全国展開をしているフランチャイズのスーパーです。大手スーパーやコンビニエンスストアでは扱っていない商品を販売しているため、他店との差別化がしやすいという特色があります。また、生鮮食品を扱っていないので、肉や魚などを販売するための設備投資をおさえることができるというメリットもあります。

業務スーパーのフランチャイズに加盟する場合には、200万円の加盟金と1,000万円の保証金が必要です。設備費は常温の棚と冷凍設備などを含めて2,000~2,900万円がかかります。店舗によってはPOSレジの費用や準備金なども必要になるので、加盟を申請する前に確認しておきましょう。ロイヤリティは毎月の売り上げの1%です。そのほか、発注手数料として毎月2万8,571円がかかります。

ビッグ・エー

ビッグ・エーは東京都板橋区に本社を置くスーパーです。ダイエーの子会社でイオングループのメンバーです。ビッグ・エーの特色は、24時間営業を行っていることと内装や外装を簡素にしていることです。また、ビッグ・エーのオリジナルブランド「Big-A」も販売しているなど、商品の開発にも力を入れています。

ビッグ・エーのフランチャイズに加盟する場合には、200万円の保証金と320万円の保証金が必要です。そのほか、備品を購入するための出資金として100万円、行政への申請書の費用として150万円がかかります。ロイヤリティは売り上げによって金額が変わるシステムを採用しており、売り上げが落ちたときはロイヤリティも下がるので、経費に関する大きなリスクを抱えることはありません。

とくし丸

とくし丸は徳島県徳島市に本部を置くスーパーのフランチャイズチェーンです。とくし丸の特色は、店舗を持たない販売を行っていることで、冷蔵庫つきの軽トラックを使用して生鮮食品から日用品まで販売しています。常に400以上の商品をそろえているので、見て・選んで買い物を楽しむことができるでしょう。

とくし丸のフランチャイズに加盟する場合には、340~360万円の開業資金が必要です。開業資金には車両購入費や諸雑費などを含んでいます。フランチャイズへの加盟契約をするときには、とくし丸とオーナーのほかに地域のスーパーとの契約との3社契約を行わなければならないので注意が必要です。

2. フランチャイズでスーパーを開業する3つのメリット

フランチャイズでスーパーを開業するときには、メリットがあることを覚えておきましょう。主なメリットは以下のとおりです。

事業経験がなくても開業がしやすい

フランチャイズのスーパーの多くは、オープン前に教育訓練を行っています。開業後についても本部のスーパーバイザーによる丁寧でわかりやすい指導が行われるので、事業経験がない人でも安心して営業ができるでしょう。

商品の仕入れが安定している

スーパーの経営を成功させるためには、充実した商品の仕入れが重要です。個人でスーパーを開業する場合は、仕入先や商品選びまですべて自分で行わなければならず、かなりの時間を必要とします。フランチャイズを利用すれば、本部がすべての商品の管理を行うので、安心して営業に集中できるでしょう。

知名度を活用できる

フランチャイズのスーパーで開業をすると、顧客を集めやすくなるというメリットがあります。個人の経営しているスーパーは、どんな商品を扱っているのかを知ってもらうために宣伝をしなければなりません。しかし、フランチャイズのスーパーはどんなお店なのかを知っている人も多いので、宣伝費をかけなくても集客が可能です。

3. フランチャイズでスーパーを開業する3つのデメリット

フランチャイズでスーパーを開業するときには、メリットだけではなくデメリットもあることを覚えておきましょう。主なデメリットは以下のとおりです。

独自性を出しにくい

フランチャイズのスーパーでは商品の価格や販売方法が決まっています。そのため、自分の販売方法を決めることはできません。仕入先についても、本部が指定した仕入れ方法に従わなければならないので注意が必要です。ただし、フランチャイズによってはオリジナルブランドを用意しているところもあるので、そうした商品で他店との差別化を図ることができるでしょう。

ロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズに加盟をすると、ロイヤリティの支払いが発生します。ロイヤリティの金額によっては、経営に影響を与えることもあるので注意が必要です。ただし、フランチャイズによってはロイヤリティが発生する代わりに、黒字営業のためのサポートやアドバイスをしてもらえるという利点もあります。

ブランドイメージが低下するリスクを抱えている

ブランドイメージは、店舗の営業に大きな影響を与えることがあるので注意が必要です。ブランドイメージがよければ、集客アップを期待できますが、ブランドイメージが悪ければ顧客が離れていく恐れがあります。

フランチャイズに加盟をするときには、必ずブランドイメージや本部の評判をチェックしておきましょう。

4. フランチャイズでスーパーを開業する流れ

フランチャイズによっても異なることがありますが、一般的には以下のような流れで開業の準備を進めます。

・加盟相談
フランチャイズへの加盟を申請する際には、最初に本部との面談を行って加盟に関する説明を受けます。契約のための条件や契約の際に必要な費用、契約を結んだあとの流れについての説明を受けることができるので安心です。

・出店場所の確認
本部との契約を結ぶ前に出店場所の確認です。本部の持つデータを基本に、どんな場所に出店をすれば安定した営業ができるのかを話し合います。その際には、レイアウトについても相談できるので、わからないことがあれば積極的に質問しましょう。

・契約の締結
本部とフランチャイズ契約を結びます。契約を交わすときには、契約書の読み合わせなどがあるので、契約の条件や解約の方法など、すべての事項を確認しましょう。

・研修と商品の搬入
契約を結んだあとは、店のオープンの準備です。店長やスタッフの研修や商品の搬入を行います。本部のスーパーバイザーによるサポートもあるので、相談しながら開業に向けての準備ができるでしょう。

5. フランチャイズに加盟してスーパーを独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟してスーパーを独立開業するときには、フランチャイズのメリットとデメリットをチェックしておきましょう。商品の仕入れがしやすい、知名度を活用できるというメリットがある一方で、独自性を出しにくいというデメリットもあります。フランチャイズに加盟をするときには、開業後のイメージを考えながら、自分に合ったフランチャイズを選ぶようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top