アントレランド

フランチャイズに加盟して葬儀屋を独立開業する方法

フランチャイズに加盟して葬儀屋を独立開業する方法をまとめました。フランチャイズの葬儀屋に加盟をして開業をすると質の高いサービスを提供できる、資金融資を受けやすいなどのメリットがあります。フランチャイズの葬儀屋で開業した場合の流れも紹介しています。

フランチャイズで葬儀屋を開業する場合にはどのような流れになるのでしょう?

葬儀屋のフランチャイズは全国にたくさんありますが、加盟金やサポート内容は異なるので慎重に選ばなければなりません。フランチャイズ募集している葬儀屋や開業した場合の流れについて紹介しているので、開業を計画するときの参考にしてください。

1. フランチャイズ募集している葬儀屋一覧

葬儀ビジネスの市場規模は1兆8,000億円です。高齢化社会が進んでいる日本では、葬儀の需要がますます高まっています。フランチャイズ募集をしている葬儀屋も全国にたくさんあるので、自分に合ったフランチャイズチェーンを選ぶようにしましょう。

全国市民葬祭協会

全国市民葬祭協会は、関東を中心に全国展開をしているフランチャイズチェーンの葬儀屋です。今までの葬儀屋の多くは、案件を下請けに任せていたために、費用も高くアフターフォローにも問題がありました。全国市民葬祭協会では、葬儀のすべてを自社で行っているので、安心して利用できます。シンプルでわかりやすいプランをそろえているのも特色のひとつです。

全国市民葬祭協会のフランチャイズの開業費用は、130万円です。このうち加盟金が100万円、研修費が20万円、備品の費用が10万円かかります。自宅での開業も可能なので、未経験の人でも簡単に開業できるでしょう。

ロイヤリティは月々の売り上げで異なります。月商が50万円以下の場合は3万円、月商50万円以上の場合は5万円、月商が100万円以上の場合は10万円です。売り上げによって支払う金額が変わるので、経費の不安をおさえることができます。

ティア

ティアは、全国に106店舗を構えるフランチャイズチェーンの葬儀屋です。すべての店舗のうち60店舗は直営店、46店舗はフランチャイズ店で運営しています。「便利」、「安心」、「感動」を柱にした営業を行っており、わかりやすい価格設定と親切な接客で顧客の獲得に成功しているのが特色です。

ティアの加盟金は500万円です。このうち加盟料が200万円、出店料が300万円かかります。加盟金のほかに総合企画料と教育研修費、開業支援費が必要です。総合企画料は、1坪あたり3,000円の費用がかかります。

ロイヤリティは月々の売り上げの3%です。そのほかシステム使用量として毎月7万円がかかります。契約期間は、ほかのフランチャイズチェーンの葬儀屋よりも長い10年間です。そのため、加盟をしたあとは安心して経営に集中できるでしょう。

平安レイサービス

平安レイサービスは、神奈川県平塚市に本部を置くフランチャイズチェーンの葬儀屋です。遺族が思い残すことがなくおわかれができるようなサポートを行っています。遺族のプランに合わせた葬儀を提供できるのが強みです。

平安レイサービスの初期費用は400万円です。これまでの葬儀屋では開業するために広大な土地を取得しなければならず、初期費用だけで1,000万円かかることもありました。平安レイサービスでは、加盟金や営業形態の見直しを徹底した結果、400万円という少ない資金でも開業できるようになりました。

平安レイサービスではしっかりとした研修が行われており、本部での3カ月間の研修によって、葬儀の知識を一から習得できます。開業後についても、スーパーバイザーが6カ月に渡って常駐のサポートを行っているので、未経験でも安心して事業を始めることができるでしょう。

2. フランチャイズで葬儀屋を開業する3つのメリット

フランチャイズで葬儀屋を開業するときには、メリットについてもチェックしておきましょう。おもなメリットは以下のとおりです。

ブランド力がある

フランチャイズの葬儀屋は複数のチェーン店を持っています。そのため、個人で営業する葬儀屋よりも知名度があるので、安心感を持ってもらえます。ブランド力は短期間で築くことは難しいので、未経験で葬儀屋を始める人にはおすすめです。

フランチャイズによっては、自社のホームページを持っているところも多いので、気軽に価格やサービスを確認してもらえるのも利点の一つです。

高い質のサービスを提供できる

フランチャイズの葬儀屋の多くは、開業前の研修プラグラムがあります。接客サービスのノウハウを習得できるので、常に質の高いサービスを提供できます。フランチャイズによっては開業後のサポートをしているところもあるので、トラブルに遭遇したときにでもアドバイスをもらうことができるでしょう。

資金融資を受けやすい

葬儀屋を開業するためには資金を用意することが重要です。十分な資金を調達できれば、資金の不足による倒産のリスクを減らすことができるでしょう。個人で開業する場合は、黒字営業ができるという信頼がないため、金融機関を利用して融資を受けることが難しくなります。

一方で、フランチャイズの加盟店なら本部の営業実績を提供できるので、融資を受けやすくなるでしょう。さらに、フランチャイズによっては資金のサポートをしているところもあります。資金調達が難しい人は、フランチャイズを利用するのもおすすめです。

3. フランチャイズで葬儀屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズの葬儀屋には、メリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。主なデメリットは以下のとおりです。

フランチャイズ本部の意向に従わなければならない

フランチャイズの葬儀屋は、本部によるサポートがあるというメリットがありますが、一方では本部の意向に従う必要があるというデメリットもあります。価格設定やサービス内容などはすべて本部が決めており、フランチャイズの加盟店の勝手な変更はできません。そのため、場合によっては予定していたものとは違う結果になることもあります。そのため、加盟を申請するときには、契約内容を十分に確認しましょう。

本部の経営状況に左右されることもある

フランチャイズの経営は、本部のイメージや経営状況によって左右されることもあります。本部の経営に問題が起こると、業務の縮小によってフランチャイズ契約の打ち切りやロイヤリティの見直しなどの可能性もあるので注意が必要です。また、本部が重大な不祥事を起こすと、風評被害によって収益が大幅に落ち込むこともあります。

フランチャイズへの加盟を検討するときには、必ず本部の経営状況やブランドのイメージをチェックしておきましょう。

月々のロイヤリティがかかるので経費が高くなる

フランチャイズに加盟をすると、サポートを受ける代わりにロイヤリティを支払わなければなりません。収益が伸びていないときには、ロイヤリティが経営を圧迫する可能性もあるので注意が必要です。

4. フランチャイズで葬儀屋を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、開業までの流れは以下のとおりです。

・商談やヒヤリング
フランチャイズに加盟をする場合には、最初に本部との商談やヒヤリングを行います。フランチャイズに加盟した場合の具体的な流れの説明やオーナーが希望する開業地域の市場調査などを行うので、気になることがあれば何でも質問しましょう。

・加盟の契約
オーナーがフランチャイズへの加盟を選択した場合は、書面での契約を交わします。フランチャイズによっては契約の際に加盟料などの支払いが必要な場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

・開業の準備
契約を交わしたあとは開業の準備です。スタッフの研修、商品の選定、備品の購入、営業活動を本部と一緒に行います。店舗の内装や外装に関しても、本部のアドバイスやサポートがあるので、安心して準備を進めることができるでしょう。

5. フランチャイズに加盟して葬儀屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟して葬儀屋を開業する場合には、自分に合ったフランチャイズを選ぶようにしましょう。初期費用やサポート内容はフランチャイズによって大きく異なります。また、本部のイメージによって経営が左右されることもあるので、十分に調べておくようにしましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top