アントレランド

フランチャイズに加盟して車屋を独立開業する方法

フランチャイズに加盟して車屋を独立開業する場合の流れをまとめました。フランチャイズの車屋に加盟すると、専門家のアドバイスを受けることができるというメリットがあります。国内にはたくさんのフランチャイズの車屋があるので、複数の企業を比較検討するようにしましょう。

フランチャイズ展開を行っている車屋は全国にたくさんあります。そのため、車屋の開業を計画している場合、フランチャイズへの加盟も検討しておくとよいでしょう。

フランチャイズへの加盟にはメリットとデメリットをまとめました。また、フランチャイズへ加盟したときの流れも紹介します。安心してフランチャイズへの加盟ができるように、この記事を参考にしてください。

1. フランチャイズ募集している車屋一覧

フランチャイズで車屋を開業するときには、どのような形態の車屋にするかを最初に決めておくことが大切です。車屋には、店舗を構える中古車販売店やインターネットのみで営業を行う店などがあります。予算に開業プランに合わせたフランチャイズを選ぶようにしましょう。

カーミニーク

カーミニークは、埼玉県や北海道を中心にフランチャイズ展開を行う中古車販売店です。車の買取りと販売を中心に行っており、買取りについてはオンラインによる車の査定、忙しくて時間がとれない人のための出張査定などのサービスがあります。

販売については、欲しい車をすぐに見つけることができる検索システム、毎月50万台を扱うオークションを利用して欲しい車を手に入れることができるオークション代行などのサービスをあるので、安心して購入できるでしょう。

カーミニークのフランチャイズの加盟金は21万6,000円、保証金は21万6,000円です。そのほか、店舗の使用料や装飾費用がかかります。ロイヤリティは毎月10万8,000です。ただし、ホームページの管理量や基本使用料は別途かかります。研修制度も用意しているので、未経験者でも安心して開業できるでしょう。

アップル

アップルは北海道から沖縄県まで全国展開をしている車屋です。車の買取りと販売を中心に事業展開をしています。買取りは、自家用車だけでなくバンやトラックなどの買取りも行っており、メールや電話での無料の査定が可能です。

また、アップルではレンタカーのサービスも行っています。ネットや電話で簡単にレンタカーの申し込みをすることができ、免許証の取得が1年未満の人の利用も可能です。

アップルのフランチャイズで開業するときの初期費用は362万円です。この中には、加盟料、出店料、保証料を含んでいます。運転資金は2,000万円以上かかるので、加盟を考えるときには、資金調達の方法を決めておくとよいでしょう。

株式会社テンワード

株式会社テンワードは、南関東を中心にフランチャイズ展開をしている車屋です。新車や中古車の販売がメインですが、自動車の板金や塗装、自動車関連商品の販売やレンタカー事業なども行っています。

株式会社テンワードのフランチャイズに加盟する場合の初期費用は約300万円です。初期投資の大部分は不動産取得に必要な保証金です。保証金はフランチャイズの解約時には戻ってくるので、費用に関する大きなリスクを抱えることなく開業ができるでしょう。

株式会社テンワードでは、すでに出店をしている地域には、新たな店を開業しないというルールがあるので、同じフランチャイズ店が顧客を奪い合うというリスクはありません。本部のサポートを受けながら、安心して経営に集中できるでしょう。

2. フランチャイズで車屋を開業する3つのメリット

フランチャイズで車屋を開業することにはメリットがあります。主なメリットは以下の点です。

ブランド力を生かせる

個人で車屋のビジネスを成功させるためには、宣伝をして多くの顧客を集めなければなりません。多くの顧客に認知してもらうのには時間がかかります。フランチャイズ店舗なら、本部の持つブランド力を生かすことができるので、比較的簡単に顧客の獲得ができるでしょう。無駄な費用をかけずに開業の準備ができます。

専門家による開業のサポート

フランチャイズの車屋に加盟をすると開業のためのサポートを受けることができます。店舗の契約や資金調達に関するアドバイスをもらうことができるでしょう。

中古車の販売を行うときには、「古物商許可申請」、「自動車リサイクル法引取業登録」、「ネットオークションの入会」などが必要です。フランチャイズの店舗なら必要な資格の取得のサポートを行っているので、安心して開業の準備を進めることができます。

開業後のサポートもあるので経営に集中できる

フランチャイズの車屋に加入すると、開業後のサポートのサービスもあります。安定した営業をするには、顧客のデータや繁忙期のキャンペーン展開、ウェブサイトからの集客などが必要です。フランチャイズ店舗なら本部による専門家のアドバイスを受けることができるので、営業に集中できるでしょう。

3. フランチャイズで車屋を開業する3つのデメリット

フランチャイズでの開業を考えるときにはデメリットがあることも覚えておきましょう。主なデメリットは以下のとおりです。

加盟金やロイヤリティが発生する

フランチャイズに加盟すると加盟金やロイヤリティが発生します。金額はフランチャイズによって異なるので、加盟の相談を本部にするときには、どのくらいの費用がかかるのかを聞いておきましょう。

自由に営業ができない

フランチャイズでは、車の買取り価格や販売価格などを本部が決めています。本部の許可を取らずにほかの店舗よりも安い価格で販売できません。そのため、自由に営業ができないというデメリットがあるので注意が必要です。

フランチャイズ店舗でも営業努力は必要

フランチャイズに加盟した場合のデメリットの3つ目は、フランチャイズ店舗でも営業活動をしなければならないことです。営業のサポートを本部から受けることはできますが、最終的には自分自身で努力しなければなりません。

フランチャイズの車屋に加盟した人の中には、少ない努力でも成功できると勘違いをしてしまい、営業の努力をせずに倒産してしまったケースもあります。顧客の獲得のためには、満足してもらえる営業をすることが大切です。

4. フランチャイズで車屋を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、車屋を開業する場合には以下の流れで進みます。

・加盟の相談
加盟の申請をすると、最初に本部との相談会が開きます。加盟をした場合の費用やサポート内容などの詳しい説明が行われるので、不明な点があるときは必ず聞いておきましょう。

・加盟の締結
本部とオーナーの両方が加盟の締結を希望するなら契約書にサインをします。契約時には、古物商許可申請など、車の買取りや販売で必要な許可書の取得の準備も行います。加盟料や保証金が発生する場合には、契約時に必要な費用を支払います。

・店舗のオープンのための準備
契約を締結したあとは、店舗のオープンのための準備です。店舗の内装工事や外装工事、必要な家具や機材の設置を行います。店長やスタッフについてもオープン前に募集をかけておきます。フランチャイズの多くは、店長やスタッフの研修も用意しているので、安心して準備を進めることができるでしょう。

5. フランチャイズに加盟して車屋を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟して車屋を開業するときには、メリットとデメリットをチェックしておきましょう。フランチャイズに加盟をすると、加盟料やロイヤリティが発生します。加盟の申請をする前に、毎月どのくらいの経費がかかるのかを確認しておけば、具体的な経営目標を立てることができるでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top