アントレランド

フランチャイズに加盟してハウスクリーニング業を独立開業する方法

日本国内にはハウスクリーニングのフランチャイズがたくさんありますが、初期費用やロイヤリティ、研修内容が異なるため開業計画に合ったフランチャイズを選びましょう。またフランチャイズにはメリットとデメリットがあるため、十分な比較検討を行うようにしましょう。

ハウスクリーニング の市場規模は900億円あり、その規模は毎年拡大しています。独立開業してハウスクリーニングを始める人も多くいますが、もしフランチャイズに加盟して事業を開始する場合にはどのような流れになるのでしょうか?

フランチャイズ募集しているハウスクリーニングの一覧や、フランチャイズでハウスクリーニングを開業する際の流れを紹介します。

1. フランチャイズ募集しているハウスクリーニング一覧

日本国内にはおよそ8,200のハウスクリーニングの事業所があります。独立開業して成功するためには、自分に合ったフランチャイズを選ぶことが重要です。フランチャイズによって加盟金やロイヤリティ、顧客の紹介方法、経営のサポートが異なるため、いくつかのフランチャイズを比較して選ぶようにしましょう。

ハウスコンシェルジュ

ハウスコンシェルジュは洗剤メーカーである「株式会社リスダンケミカル」が提供するハウスクリーニング サービスです。ハウスコンシェルジュでは研修に力を入れており、汚れや洗剤に関する知識、ハウスクリーニングに必要なスキル、接客マナーを身につけることができるように丁寧で分かりやすい研修が行われています。

ハウスコンシェルジュの開業資金は197.4万円、ロイヤリティは毎月3万2,400円です。ほかのフランチャイズよりもかなり低く抑えているため、費用をかけずの独立開業したい人にはおすすめといえます。

おそうじ本舗

おそうじ本舗は2010年の創業以来、約15万件のハウスクリーニングの実績があります。エアコン洗浄、浴室清掃、トイレ清掃、レンジフード清掃などのすべてのハウスクリーニングが可能です。おそうじ本舗の開業資金は279.7万円で、毎月支払うロイヤリティは8万6,400円です。開業前の研修だけでなく、開業後の集客サポートやクレーム対策も行っています。

おそうじ隊501

おそうじ隊501は福岡県を中心に展開しているハウスクリーニング業者です。掃除のプロとして満足のいく清掃サービスを提供しています。ハウスクリーニングだけではなく、店舗やマンション、駐車場やエントランスの清掃の依頼も可能です。おそうじ隊501の開業資金は250万円、ロイヤリティは毎月の売り上げの6%となっています。

ダイオーズカバーオール

ダイオーズカバーオールを運営している「株式会社ダイオーズ」は、1969年に創業した会社です。ハウスクリーニングだけでなく、清掃用具のレンタルサービスやオフィスのコーヒーサービス、ミネラルウォーターサービスなどの事業も展開しています。

ダイオーズカバーオールでは10日間による研修に加えて、本部のスタッフが営業を代行するサービスや安定した経営をするための「売り上げ保証プラン」があるので安心です。

ダイオーズカバーオールの初期費用の最低価格は310万円、ロイヤリティは、関西エリアでは毎月の売り上げの17.3%、関東エリアでは毎月の売り上げの27.3%となっています。

2. フランチャイズでハウスクリーニングを開業する3つのメリット

フランチャイズのハウスクリーニング経営には、個人経営にはないメリットがあるので、必ず確認しておきましょう。主なメリットには以下のものがあります。

ネームバリューがあるため信頼できる

ハウスクリーニングの経営では、「信頼」が非常に大切です。ハウスクリーニングは家の中で作業をするため、無名の業者に依頼するのに抵抗を感じる人は多くいます。一方で、フランチャイズ店はブランドイメージがあるため、安心して利用してもらえるでしょう。

フランチャイズ本部が広告宣伝を行う

ハウスクリーニングで黒字経営をするには、顧客の確保が重要です。どんなに技術がある業者でも、利用してもらえなければ経営を続けることはできません。

フランチャイズは、定期的に新聞や雑誌への広告掲載やテレビやラジオのコマーシャルを行っているため、自分で営業活動を行わなくても多くの人に知ってもらえます。また、フランチャイズによっては、本部からの顧客紹介サービスや、本部による営業サービスなどのサポートを行っているところもあるので安心です。

開業のための資金を調達しやすい

独立開業をするためにはまとまった資金が必要です。資金調達の方法として、銀行や信用金庫などの金融機関による融資がありますが、個人の事業者に関しては信頼がないために融資が下りないことがあります。

フランチャイズ店の開業は、ブランドイメージがあるために比較的簡単に融資を受けることが可能です。フランチャイズによっては、本部による融資のサービスや初期費用の一部を本部が負担するサービスを行っているところもあります

3. フランチャイズでハウスクリーニングを開業する3つのデメリット

フランチャイズでのハウスクリーニング事業を計画する際には、メリットだけではなくデメリットもおさえておきましょう。主なデメリットとして以下のものがあります。

ロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズに加盟するとロイヤリティが発生します。必ず毎月支払わなければならないため、開業直後や売り上げが落ちている時には経営を圧迫することもあります。ロイヤリティの金額はフランチャイズによって異なります。

ロイヤリティの金額が固定のところもあれば、売り上げに応じて金額が変わるところもあるため、自分に合ったロイヤリティ方式のフランチャイズを選びましょう。

ハウスクリーニングの方法が決まっている

フランチャイズではブランドイメージを保つため、ハウスクリーニングの方法が決まっています。清掃用具や洗剤も本部が指定したものを使用しなければならないため、オリジナルの方法で作業できません。そのため、本部の方針に不満を抱いてしまうと、ハウスクリーニング事業を続けるモチベーションを保てなくなることもあります。

契約の終了後にも制限がある

ハウスクリーニングのフランチャイズの多くは、契約の終了後に個人でハウスクリーニングの事業を続けることを禁止しています。営業を続けた場合には、本部による事業の中止の勧告がなされたり、裁判にまで発展したりすることもあるため注意が必要です。フランチャイズに加盟する際には、慎重な判断をするようにしましょう

4. フランチャイズでハウスクリーニングを開業する流れ

ハウスクリーニングのフランチャイズでは定期的な説明会を開催しています。まずは説明会に参加をして経営理念、初期費用やロイヤリティの費用、本部によるサポート内容を把握しましょう。本部の事業方針に納得したならフランチャイズ契約を交わします。

フランチャイズへの加盟後は開業に向けての準備を行います。ほとんどのフランチャイズでは研修制度を設けており、研修を通してハウスクリーニングに必要な知識やスキルを身につけることが可能です。その後、ハウスクリーニングに必要な清掃用具や洗剤をそろえたら開業します。開業後もスーパーバイザーによる清掃や営業のアドバイスを受けながら安定した経営を目指すことができるので安心です。

5. フランチャイズに加盟してハウスクリーニングを独立開業する方法まとめ

ハウスクリーニングのフランチャイズを行っている企業はたくさんありますが、初期費用やロイヤリティの金額はフランチャイズによって異なります。さらに、顧客の獲得のためのサポートやスーパーバイザーとの定期的な面談を行っているフランチャイズもあるため、自分の開業プランに合ったフランチャイズを選ぶことができるように慎重に比較検討しましょう。

 

ハウスクリーニングのフランチャイズには、メリットとデメリットがあります。事業を始める前に把握しておけば、開業後のトラブルを避けることができるでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top