アントレランド

Dioneにフランチャイズ加盟して独立開業する方法

ハイパースキン脱毛法などのサービスを提供している脱毛専門サロン「Dione」にフランチャイズ加盟して開業する方法についてまとめました。Dioneでは、開業前のしっかりとしたサポートがあります。さらに、開業後も定期的に研修会を開いているので、安心して経営できるでしょう。

Dionのフランチャイズに加盟して開業する場合にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

今回は、Dioneに加盟して独立開業する方法についてまとめました。口コミや将来性についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1. フランチャイズ展開しているDioneの基本情報

Dioneは大阪府大阪市に本社のある株式会社トリニティ・ワールドが運営しているフランチャイズチェーンです。

毛の種に38度の特別な光を当てて発毛を予防する「ハイパースキン脱毛」、体内にコラーゲンを増殖させてシミやたるみを取り除く「ハイパー光フェイシャル」などのサービスを提供しています。

Dioneの店舗数は北海道から鹿児島まで120以上です。最近では、男性専門の脱毛エステ、メンズディオーネの運営も行っています。

2. Dioneのフランチャイズに関する口コミ・評判

Dioneのフランチャイズについては、よい口コミや高い評判がかなりあるので、安心して加盟できるでしょう。

あるオーナーは、本部のサポートによって安心して開業できたという意見がありました。また別のオーナーは、疑問に対して丁寧に説明してもらえる本部の姿勢について評価していました。

Dioneのサポートは、家族のように親身になって相談に応じてもらえるので、安心して加盟の準備ができるでしょう。

3. Dioneのフランチャイズは儲かる?年収は?

Dioneで開業したオーナーの中には、700万以上の年収を稼いだ人がいます。また、別のオーナーは、月の売上が500万円にまで伸ばすことができました。

さらに、あるオーナーは開業直後から顧客の獲得に成功し、脱毛に関する契約だけで160万円の売上を達成した人もいます。Dioneのフランチャイズに加盟して開業すれば、年間で5,000万円以上の売上を達成することも可能でしょう。

4. Dioneのフランチャイズで独立開業する3つのメリット

Dioneのフランチャイズに加盟して開業する場合には、3つのメリットがあるので覚えておきましょう。

4-1. 本部によるサポートがある

Dioneでは顧客とのトラブルを防ぐためのアドバイスや顧客とのトラブルが起きたときのサポートを行っています。そのため、万が一のときでも安心して経営を続けることができるでしょう。

個人で開業する場合には、トラブルが発生したときの相談相手がいません。そのため、適切な対処ができない可能性があります。

4-2. 研修が定期的に行われるので高いスキルを習得できる

フランチャイズに加盟して開業するメリットとして、本部による研修があります。研修を通して、接客サービスや黒字化するための経営方法、正しい施術方法などを教わることができるでしょう。

また、Dioneでは、高いスキルを保つことができるように、年に数回の強化研修を開催しています。全国の加盟店から寄せられた相談や質問についての説明、魅力的なサロンにするための接客術、新商材の勉強会などを定期的に開いています。そのため、開業後でも高いスキルを身につけることができるでしょう。

4-3. 高い売上を維持できる

Dioneのフランチャイズを選ぶことのメリットとして、高い売上を維持できるということがあります。

フランチャイズのサロンの中には、さまざまなサービスを低価格で提供しているところがあります。顧客を獲得する面では問題になりませんが、売上を伸ばしたいときにはデメリットになってしまうこともあるでしょう。

Dioneでは、レベルの高い脱毛施術を提供しています。そのため、顧客の単価を上げることができるでしょう。

顧客の単価が1万円の場合は、毎月50人がサロンを利用しても売上は50万円にしかなりませんが、単価が10万円で毎月50人の集客ができれば、月の売上を500万円にまで伸ばすことができるでしょう。

5. Dioneのフランチャイズで独立開業する3つのデメリット

Dioneのフランチャイズに加盟する場合には、デメリットもあるので覚えておきましょう。主なデメリットは以下の3つです。

5-1. 直営店とフランチャイズでサービスが異なる

Dioneには直営店と加盟店の2種類があります。脱毛などの施術方法などは同じですが、サービスの面で違いがあるので注意が必要です。

直営店ではポイント制を採用しており、貯めたポイントをプリペイドカードのように利用できます。一方、加盟店ではポイント制を採用していません。

また、顧客が引っ越しをなどで店舗を変えた場合、直営店なら顧客のカルテやポイントを新しい店舗に移すことができますが、加盟店はできないので面倒になるでしょう。

加盟して開業する場合には、加盟店のリスクを把握しておきましょう。

5-2. 施術費用が割高

Dioneに加盟して開業する場合のデメリットの2つ目は施術料金です。Dioneでの施術料金は、ほかの脱毛サロンよりも割高です。

一例として、全身脱毛12回分の料金をほかの大手脱毛サロンと比べてみました。

・Dione                             36万円
・コロリー                        34万2,000円
・脱毛ラボ                        22万9,980円
・ストラッシュ                 18万1,800円

Dioneは高品質のサービスを提供するためにほかのサロンよりも料金が割高になっています。そのため、料金を重視する顧客の獲得は難しいでしょう。

5-3. 加盟金などの費用が発生する

フランチャイズに加盟して脱毛サロンを開業するデメリットは、本部に支払う費用が発生することです。

6. Dioneのフランチャイズ条件・契約内容

Dioneのフランチャイズ条件・契約内容は以下のようになります。

・募集地域          全国
・業種                 脱毛
・募集対象          法人・個人
・加盟金              70~100万円
・脱毛機器          320万円、ただし分割も可能
・月額費用          10~13万円

開業前のサポート内容は以下のとおりです。

・業務用脱毛器の無料体験
・事業計画書のサポート
・研修
・サロン経営セミナーの参加
・メニューの考案や相談
・資金調達や融資の相談
・導入機器の台数などの相談
・脱毛機器のリース

7. Dioneのフランチャイズの将来性は?

Dioneのフランチャイズの将来性は、高いといえるでしょう。Dioneでは質の高い接客サービスや施術を行っており、安定した顧客を獲得しています。

また、Dioneで提供している「ハイパースキン脱毛法」のサービスは、子どもでも利用できる安全なもので、テレビや雑誌などのメディアからも注目を集めたこともありました。最近では、皮膚科クリニックなどの医療機関でも利用されているので、「ハイパースキン脱毛法」の正しい施術のスキルを習得すれば安定した収入を得ることができるでしょう。

8. Dioneのフランチャイズで独立開業する方法

Dioneのフランチャイズに興味のある方は、資料請求や説明会の参加の申し込みをしましょう。Dioneのホームページから申し込みは可能です。

・資料請求の申し込み
https://trinity-world.co.jp/hyperskin-karen/contact

・開業説明会参加申し込み
https://trinity-world.co.jp/fcsession

・Dioneで使用する脱毛マシン「ハイパースキン」の無料体験の申し込み
https://trinity-world.co.jp/seminar

9. まとめ

Dioneのフランチャイズは、本部によるしっかりとしたサポートがあります。さらに、研修も定期的に開催しているので安心して経営ができるでしょう。ただし、加盟店の場合は直営店に備わっているいくつかのサービスを提供できないので注意しましょう。

フランチャイズの加盟を申し込むときには、最初に資料請求や説明会の参加に申し込みましょう。そこでは、経営戦略や収支プラン、加盟した場合の具体的なサポートについての話を聞くことができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

120分特打個別相談(限定枠)詳細は以下をクリック

Return Top