アントレランド

たこ焼き屋の開業資金と黒字経営に成功するコツまとめ

たこ焼き屋の開業は、屋台から大型店舗、フランチャイズまでさまざまです。当然、それぞれ開業資金は異なります。まずはどれくらいの開業資金が必要になるのかを知り、ランニングコストや資金調達方法、そして事業の成功に欠かせない「成功事例」などを学びましょう。ここでは開業についての基礎知識を説明しています。

多くの人に愛されているたこ焼き屋だからこそ、いかに自分のお店が繁盛するかを考えなければいけません。そのためには、どのスタイルで開業するかも重要になるでしょう。つい開業資金ばかりに集中しがちですが、いろいろな視点からたこ焼き屋の開業を考える必要があります。まずは最低どれくらいの資金が必要になるか説明しましょう。

1. たこ焼き屋に必要な開業資金

たこ焼き屋に限らず、お店を開業するには資金が必要になります。しかしどれくらいの資金を用意するべきか、お店によって異なります。また、どんなジャンルのお店を開業するかによっても変わってくるでしょう。

たこ焼き屋はいわゆる飲食店。ここでは、たこ焼き屋の開業にかかる初期費用やランニングコストなどを説明します。

1-1. 初期費用と内訳

初期費用はどんなスタイルで開業するかによって異なります。大きく分けると「小規模店舗」「大型店舗」ですが、なかにはフランチャイズに加盟して開業される方もいます。小規模店舗であれば、100~200万円で開業できると言われています。しかし大型店舗になると500万円程度必要になりますので、ある程度資金を準備しておかなければいけません。

小規模店舗と大型店舗では、断然前者のほうが開業しやすくなります。一方でフランチャイズ加盟は、1,000万円以下程度。一般的に、飲食店の開業資金は最低でも1,000万円必要と言われていますから、個人で開業するよりも金額は大きくなるでしょう。

内訳は、小規模店舗・大型店舗の場合、店舗の保証金や外装・内装の工事費、厨房設備費などがかかってきます。また広告費と言って、宣伝するためのお金も用意しなければいけません。お店の規模が大きくなればなるほど、外装・内装の工事費や厨房設備費などが高くなると考えておきましょう。

ちなみに、フランチャイズ加盟の内訳は加盟金・食材補償費・店長研修費・内装と外装の工事費・厨房設備費・開店諸経費などが挙げられます。

なかには屋台を開業される方もいるのではないでしょうか。この場合は、少ない初期費用で抑えることができます。必要なものも、屋台本体や屋台用器具などあまりお金をかけずに済みます。

1-2. ランニングコスト

ランニングコストは、開業してから毎月かかる費用のことを言います。初期費用は最初に準備しておけば良いですが、ランニングコストは毎月必要になるので、余裕をもって開業資金を用意しておくことで安心して経営できるでしょう。

ちなみに、開業資金は3ヶ月分まで用意しておくと良いと言われています。事前にどれくらいのランニングコストが必要になるのか知っておくと安心です。

一般的に、たこ焼き屋のランニングコストは食材費・店舗家賃・水道光熱費など。飲食店ですので、当然たこ焼きにかかる食材費は必須になります。そして、たこ焼きを包むパックも欠かせません。これらにかかる費用と、店舗家賃、水道光熱費は継続して必要になるランニングコストと考えておいてください。

それ以外では、従業員にかかる人件費や電話代などが必要になります。もしフランチャイズに加盟した場合は、研修費・加盟金・ロイヤリティーなども必要になってくるでしょう。

2. たこ焼き屋の開業資金の調達方法

どれくらいの開業資金が必要になるか分かったところで、今度は「資金の調達方法」を知りましょう。できれば自己資金でまかなうのが一番ですが、100~200万円であれば自分で用意できても、500万円、1,000万円ともなると困難です。とはいえ、ある程度の自己資金は必要になります。一般的には公的資金で借りるケースが多いですが、民間の金融機関でも開業資金として利用することができます。

公的資金とは、いわゆる「日本政策金融公庫」です。中小企業や個人事業のサポートを積極的に行っており、7,200万円(うち運転資金4,800万円)まで借りることができます。ただ「たこ焼き屋を開業したい」という単純な理由だけでは利用できませんので、計画性・実効性が必要です。

また、7,200万円まで借りられると言っても全額融資を受けることは難しいでしょう。自己資金に関しても、融資額の2~3倍程度は用意しておく必要があります。詳細は公式ホームページで確認してみてください。

民間の金融機関は、いわゆる銀行や信用金庫などが挙げられます。

3. たこ焼き屋に最適な物件の選び方

開業資金を調達するだけでなく、「物件選び」も開業には欠かせません。せっかく資金を準備できても、立地の良い物件を選ぶことができなければ失敗するからです。ここでは、たこ焼き屋に最適な物件の選び方を紹介します。

3-1. 4つのポイント

物件選びのポイントはさまざまですが、そのなかでも特に重視したいのが「直接確認する」「人が集まる場所」「最低2坪あればOK」「気軽に買いやすい場所」の4つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

現地へ足を運ぶ

最近はインターネットで簡単に物件を探すことができますが、実物を見てみないことには良し悪しは分かりません。写真では良い物件に見えても、実際見てみると「イメージしていた物件と違う」ということは多々あります。またその逆も然り。ですから、少しでも「いいな」と思う物件があれば、必ず現地へ足を運ぶようにしてください。

このとき、周辺環境や駅からの距離などの立地もしっかり確認しておきましょう。せっかくオープンできても、お客さんが来なければ意味がありません。繁盛とはいかなくても、ある程度儲からなければ閉店してしまう恐れがあるからです。ですから、まずは気になる物件を見つけたら現地へ足を運んでみてください。

人が集まる場所

飲食店ですから、人が集まる場所が良いに越したことはありません。特にたこ焼き屋のように気軽に食べられる飲食店は、人目に触れるような場所が良いでしょう。たとえば、「観光地の近く」「大型施設の近く」「最寄り駅から近い」など。

たこ焼き屋というと大型ショッピングセンターの中に入っているケースも多いですが、個人で開業する場合はあまり適していません。どちらかというとフランチャイズ系のお店が多いので、個人で開業する場合は大型ショッピングセンター付近のほうがベストです。またスタジアムや野球場、イベント会場付近なども需要があります。

人が集まりやすい場所なら、お客さんの数も期待できます。もちろん住宅地でも、道路に面した場所なら人目につきやすいので比較的集客できると言われています。

必要なスペースは2坪

大型店舗の場合は狭いですが、小規模店舗であれば2坪あれば十分開業できます。屋台のたこ焼き屋も多く存在しますから、規模が小さい物件でも、需要があれば契約したほうが良いでしょう。環境に恵まれていれば、どんなに敷地が狭くても十分な集客があります。

開業で大切なことは、「いかに儲かるか」です。内装や外装ばかりに力を入れても、収益がなければ赤字になってしまいます。ですから、無理に敷地が大きい物件を選ばなくても、2坪あって条件が良い物件であれば契約をおすすめします。

気軽にたこ焼きが買える場所

「人が集まる場所」と似ていますが、人が集まっても気軽に買うことができなければ意味がありません。目立っているのに、なんとなく買いにくい場所ってありませんか?スムーズに、そして気軽にたこ焼きが買えることはとても大切です。

大げさな話、たとえばキャバクラや風俗店などが周辺にあるたこ焼き屋は気軽に買いに行くことができません。さすがにこのような立地を選ぶ方は少ないですが、「気軽に立ち寄れる」ことは物件を選ぶうえで非常に重要になるでしょう。

大型の集客施設付近や最寄り駅から近い場所など人が多いことも重要ですが、最終的には気軽にたこ焼きが買える場所がベストと言えます。

3-2. 契約時の注意点

どんなに魅力的な物件を見つけても、すぐに契約しないことです。できれば数ヶ所候補を挙げておくと良いでしょう。比較しながら、経営していくうえでメリットになる物件を選ぶことがポイントになります。また居抜き物件を利用する場合は、破損個所がないかなども入念にチェックしておく必要があります。居抜き物件は開業資金を節約できるので人気がありますが、契約後のトラブルも多いと言われているので注意しましょう。もちろん、不動産との相性も重要です。

ちなみに、物件が見つかるまでにかかる期間は半年~1年程度と言われています。ですから、何ごとも早めに行動することが大切です。基本的に、自身の希望にすべて沿っている物件はありません。多少は妥協することも必要と言えるでしょう。間違ってもすぐに契約することは避けてください。時間がかかっても、じっくり選定することが良い物件と出会える秘訣です。

4. たこ焼き屋のような飲食店ビジネスで黒字経営するコツ

「開業資金も準備でき、良い物件も見つけることができた」。それなのに、赤字でお店が潰れてしまう危機に晒されているオーナーは少なくありません。何度も述べていますが、開業できても収益がなければ意味がありません。

たこ焼き屋は屋台も多いので誰でも簡単に開業できると思われがちですが、実際は開業までの道のりは非常に長く、容易ではありません。ですから、事前にしっかり準備しておくことが大切です。

そのためには、資料を集め、経営方針を明確にしておくと黒字に繋がります。また飲食店は、個人で経営するかフランチャイズに加盟するかでも大きく異なります。後者のほうが初心者でもある程度収益を得られると言われていますが、少ない開業資金でスタートさせるなら個人で開業したほうがメリットになります。せっかくのメリットを活かせるように、1日の売上を計算しておくこと、開業から3ヶ月の資金を準備しておくことが大切と言えるでしょう。

また、黒字経営をしているお店は、周辺のマーケット状況や競合店などをしっかり理解しています。立地条件も売上に関係していきますから、資金のことばかりにとらわれるのではなく、全体を見てコツを掴むことが大きなポイントになるでしょう。「お客さんが飽きないメニュー」を考えることも大切です。

5. たこ焼き屋の開業に成功した事例と年収

たこ焼き屋は飲食店の中でも比較的少ない資金で開業できることはすでにご存知でしょう。最近は移動販売も増えていますから、100万円あれば開業することが可能です。成功事例では、このように「他にない方法で販売している」ことも挙げられます。もちろん小規模店舗や大型店舗でも成功する事例はたくさんありますが、少ない開業資金で成功できれば一番良いでしょう。

他にも、「たこ焼き以外も販売している」「お得なセットメニューがある」など、販売方法を工夫しているところが多いと言われています。季節のたびに新しいメニューが出ると足を運びたくなりますし、メニューの種類が豊富だと楽しくなります。

老舗になるとシンプルなたこ焼きでも売れますが、これから開業を考えている方は「他店と違う」ところに着目してみてはいかがでしょうか。

気になる年収ですが、平均500万円程度と言われています。しかし500万円を下回ってしまう場合もありますし、それ以上稼いでいるオーナーもいます。たこ焼き屋は食材費がそれほどかからないので、その辺のコストは抑えることができますが、単価が安いので1日の売上が多くなければなかなか儲けることができません。

それでも1,000万円以上儲けているオーナーもいるため、絶対に儲からないわけではないでしょう。

6. 失敗しないたこ焼き屋の開業・経営方法の種類

たこ焼き屋のオーナーは、実力があれば年収1,000万円も夢ではありません。そのためには、開業前に「失敗しない開業・経営方法」を学んでおく必要があります。これまで個人開業とフランチャイズ加盟について説明してきましたが、ここではその2つについてさらに詳しく説明します。

6-1. フランチャイズ経営

近年の飲食店は、フランチャイズ加盟店が増えてきています。フランチャイズに加盟するメリットは、もともと実績のあるお店が開けるという点です。ブランド力があるので、個人経営より成功しやすいでしょう。また初心者でもたこ焼き屋を始められるという点もメリットです。

個人で経営するとなるとそれなりの知識や技術が求められますが、フランチャイズに加盟すると本部がサポートしてくれるので安心でしょう。またオープンしたてでもお客さんが来店しやすいのも良いところです。

ただロイヤリティーと言って、収益の一部を加盟店に支払うことになります。ロイヤリティーは売上に関係なく毎月支払わなければいけないので、赤字の場合はかなり苦しくなります。またもし個人経営に転職した場合、同じたこ焼きを出すのはNGと言われています。

6-2. 個人経営

一番のメリットは、オリジナルで経営できることです。フランチャイズに加盟すると、すべて本部の指示に従わなければいけないので、自由が効きません。その反面個人経営はすべて自分で進めていくので、売り出し方やメニューなどに縛られることがありません。また、ロイヤリティーを支払う必要もないでしょう。

ただブランド力がないので、成功までに時間がかかる、成功しにくいといったデメリットもあります。個人経営の場合、売れなければお店は潰れてしまいます。広告力が非常に重要になるので、ただお金を用意できれば儲かるというわけではありませんし、初心者にはまず難しいと言えるでしょう。その代わり、低予算で経営するなど工夫できるのは魅力的です。

7. たこ焼き屋の開業に必要な資格や許可

たこ焼き屋を開業するからといって、特別資格は要りません。しかし、開業するにあたり許可は必要になります。この許可は、店舗を契約する前に確認しておかなければ工事が終わった後に「許可がおりない」ということになると大変です。たこ焼き屋に限らず、飲食店を開業する場合に必須になるでしょう。

その許可とは、「飲食店営業許可」「食品衛生責任者」です。開業する場所が保健所の条件を満たしているのか、安心・安全に調理できるかがこの2つの許可で分かります。元飲食店の居抜き物件を契約する場合は、営業許可が出ているので安心です。

8. まとめ

たこ焼き屋を開業するにあたり、資金やランニングコスト、どうすれば成功するのかが分かったのではないでしょうか。たこ焼き屋の開業は屋台から大型店舗までさまざまです。どの方法で開業するかをしっかり決め、無理のない範囲で経営をスタートさせましょう。またフランチャイズに加盟するか、個人経営にするかでも大きく変わってきます。事前にきちんと計画を立てることでたこ焼き屋を成功させることができます。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top