アントレランド

フランチャイズに加盟して喫茶店を独立開業する方法

フランチャイズの喫茶店に加盟して開業する人は多いですが、ロイヤリティの費用がかかることや、他店との差別化が難しいというデメリットもあるので慎重な検討が必要です。フランチャイズの喫茶店のメリットやデメリットや開業までの流れを紹介しています。

喫茶店を開業するときには、重要な選択肢があります。フランチャイズでやるか、個人で経営するかです。フランチャイズで喫茶店の開業をする場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

フランチャイズ募集している主な喫茶店や、フランチャイズへ加盟して開業する際の流れについて紹介します。

1. フランチャイズ募集している喫茶店一覧

フランチャイズ募集している喫茶店は全国にたくさんあります。喫茶店によって加盟金やサポートの内容が異なるため、開業計画に合ったフランチャイズを選択しましょう。

コメダ珈琲(株式会社コメダホールディングス)

コメダ珈琲は、毎日の生活に溶け込むような喫茶店を目指しています。世界で厳選した豆を、オリジナルの方法で抽出するので、深みのある味を楽しむことができます。コーヒーカップは厚手でできており、長時間でも冷めることがありません。リビングのような居心地のよい空間で、ゆったりとくつろぐことができます。

コメダ珈琲のフランチャイズへ加盟する場合、300万円の加盟金と最低300万円の加盟保証金が必要です。研修費用は50万円ですが、3カ月の研修期間でコーヒーの抽出方法や接客サービスなどの知識や技術を習得できます。ロイヤリティは席数に応じた固定費となっており、1席数あたりの固定費は1,500円です。

珈琲館(珈琲館株式会社)

珈琲館は東京都渋谷区に本部がある喫茶店チェーンです。首都圏を中心に250店舗以上があります。コーヒーのために国産の備長炭を使用しており、濃厚な味わいと香ばしさで、いつでも最高のものを提供できるように徹底した管理を行っています。

珈琲館のフランチャイズへ加盟する場合には、80万円の加盟金と150万円の保証金が必要です。設計監理料については、店舗の規模によって異なります。珈琲館は、コーヒーの専門企業であるユーシーシーフードサービスシステムズ株式会社が運営しているので、店舗選びから黒字経営のコツまで、経営に必要なノウハウを身につけることができます。

葉山珈琲(葉山コーヒー株式会社)

神奈川県の葉山町から誕生した葉山珈琲は、生豆や品質にこだわっているのが持ち味です。虫食いなどの不良豆がないか、職人が一つひとつを手作業で選別し、豆の種類に合わせた焙煎を行っています。通常のコーヒーのほかに、カフェインが含まれていないコーヒーも扱っているので、カフェインを摂取できない妊婦のかたや子どもたちもコーヒーを楽しむことが可能です。

葉山珈琲のフランチャイズへ加盟する場合には、200万円の加盟金と150万円の保証金が必要です。開業前に行われる研修は約2週間ですが、試験に合格しない場合には延長もあります。そのため、研修に参加するすべての人が、経営のためのノウハウを習得ができるでしょう。ロイヤリティは売り上げの3%です。また販売促進費として売り上げの1%を支払います。

2. フランチャイズで喫茶店を開業する3つのメリット

フランチャイズでの喫茶店を開業する際には、メリットとデメリットを確認しておきましょう。開業計画を立てるときに把握しておくならば、スムーズに準備ができます。

経営システムがひとつにまとめられている

喫茶店のフランチャイズは、メニューや宣伝方法、顧客の管理やスタッフの管理などをパッケージ化しています。そのため、ビジネスの経験がない人でも簡単に喫茶店の開業が可能です。開業資金と店舗を用意すれば、本部主導で開業のための準備を行うので、安心して加盟できるでしょう。

本部のブランド力を生かせる

喫茶店を個人で経営する場合には開業後の宣伝が必要です。安定した経営をするためには集客が重要ですが、オープン直後は店舗を認知してもらうのに時間がかかるため、顧客の獲得は難しいでしょう。

フランチャイズの喫茶店なら、多くの人が店のメニューや価格などを知っているため、気軽に入店できます。そのため、多額の宣伝費用を使わなくても顧客の獲得が可能です。

仕入れの経費をおさえることができる

安定した経営をするためには、毎月のランニングコストをおさえることです。売り上げがアップしても、経費がかかるなら利益が残りません。喫茶店の営業を続けるためには、少ない経費でおいしい飲み物や食事を提供することが重要です。

フランチャイズの喫茶店は、本部が一括で購入しているため、厳選したコーヒー豆や茶葉を安い価格で仕入れることができます。さらに、喫茶店の営業に必要なナプキンや伝票などの備品に関しても本部から安い価格で購入できるので心配の必要がありません。

3. フランチャイズで喫茶店を開業する3つのデメリット

フランチャイズで喫茶店を開業する場合にはデメリットもあります。デメリットに関しては、開業の計画を立てる前に把握しておくことで本部とのトラブルを避けることができます。

ロイヤリティの費用がかかる

喫茶店に限らず、フランチャイズで開業する場合にはロイヤリティが必要です。フランチャイズによってロイヤリティの価格は異なりますが、通常は売り上げの3〜5%です。さらにフランチャイズによっては、ロイヤリティのほかに宣伝促進費などの費用がかかるところもあります。

フランチャイズへ加盟する際には、必ずロイヤリティをチェックしておきましょう。おおよその金額を把握できれば、詳細な経営プランを立てることができるでしょう。

他店との差別化がしにくい

フランチャイズで喫茶店を開業する際のデメリットの2つ目は、メニューやサービスが決まっているため他店との差別化がしにくいことです。個人で経営する喫茶店は、他の喫茶店にはないオリジナルのメニューやサービスを提供して売り上げアップを図ることができます。しかし、フランチャイズの喫茶店は、本部が経営方針を決めているため、メニューを増やすことはできません。

そのため、こだわりを持った喫茶店を経営したい人に、フランチャイズ店は難しいでしょう。フランチャイズへの加盟を検討するときには、どのようなスタイルの喫茶店を目指すのかを慎重に決めてください。

本部や他店の影響を受けることもある

フランチャイズの喫茶店は、本部によるサポートを受けることができます。一方で、本部の経営がうまくいっていない場合には、影響を受けることもあるので注意が必要です。本部が深刻な経営の問題を抱えていれば、ロイヤリティに関する契約内容の変更や本部から購入する材料費や備品の値上がりもあります。フランチャイズへの加盟を検討する際には、本部の経営状況を必ずチェックしておきましょう。

フランチャイズを経営する場合には、ほかのフランチャイズ店舗についても注意しましょう。ほかの店舗が不祥事を起こせば、風評被害により顧客を失う可能性もあります。チェーン店による不祥事が多いフランチャイズへの加盟に関しては慎重に決めるのがよいでしょう。

4. フランチャイズで喫茶店を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、喫茶店を開業する際には以下のような流れで進みます。

・加盟の申し込み
希望するフランチャイズを選んだら、最初に加盟の申し込みをします。フランチャイズによっても異なりますが、一般的には書類選考と面接による選考があります。本部による加盟条件や経営理念などの説明がありますが、わからないことや不安なことがあれば必ず質問しましょう。

・店舗の選定
選考が終わったあとは店舗の選定です。新規店舗にするのか引き継ぎ店舗にするのかによって選定の時間は異なります。新規店舗の場合は、売り上げ予測のデータに基づいて選定するため、数カ月の時間が必要です。

・加盟についての契約の締結
開業する店舗が決まったならフランチャイズ本部と加盟の契約を交わします。契約の際には、加盟金や物件取得費などの支払いが必要です。契約に関しては、契約書を使用するところがほとんどですので、押印する際には契約事項を必ず確認しましょう。

・開店の準備
契約を締結したら今度は開店の準備です。本部による店長やスタッフの研修、開業のための届出書や申請書の提出を行います。研修期間はフランチャイズで異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

・開店
準備が整ったなら開店です。フランチャイズの喫茶店では、本部による開業後のサポートもあるので、安心して経営が行えます

5. フランチャイズに加盟して喫茶店を独立開業する方法まとめ

国内には喫茶店のフランチャイズチェーンがたくさんあります。コンセプトや初期費用はフランチャイズによって異なるので注意しましょう。さらに、フランチャイズの喫茶店にはメリットだけではなくデメリットもあります。他店との差別化が難しいといったデメリットもあるため、フランチャイズへ加盟することで問題に陥ることがないか検討しましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top