アントレランド

フランチャイズに加盟して英語・英会話教室を独立開業する方法

英語教室や英会話教室のフランチャイズはたくさんあります。加盟を考える場合には、複数のフランチャイズを比較しましょう。フランチャイズには開業のノウハウを学ぶことができるというメリットもありますが、ロイヤリティの発生といったデメリットもあります。

自分で英語教室や英会話教室を開きたいと思ったものの、どのように開業すればよいのか分からないという人もいるのではないでしょうか?

英語教室や英会話教室のオーナーの中には、フランチャイズに加盟して開業した人もいます。フランチャイズの英語・英会話教室のメリットやデメリット、フランチャイズに加盟した場合の開業の流れをまとめましたので、ぜひ役立ててください。

1. フランチャイズ募集している英語・英会話教室一覧

フランチャイズ募集している英語・英会話教室はたくさんありますが、ターゲットや初期費用はさまざまです。いくつかの英語・英会話教室を比較して、自分の理想に合ったフランチャイズに申し込むとスムーズに開業ができるでしょう。おもな英語・英会話教室として以下の3つがあります。

ジオスバイリンガルスクール(株式会社 GEOS)

ジオスバイリンガルスクールは、子どもから通える英会話スクールです。発音と文字の関係性を意識したフォニックス学習を行っており、知らない単語を聞いただけでも耳でつづりを理解できるので、無理なく英語を学ぶことができます。 

ジオスバイリンガルスクールへフランチャイズ加盟する場合の加盟金は0円です。開講のための教室や校舎をすでに取得している場合は、16万6,000円の初期費用でのオープンもできます。毎月本部に支払うロイヤリティは生徒1人につき1,000円となっており、少ない資金でも運営は可能です。WEBでの集客はすべて本部で管理しているため、オーナーはスクールの運営に集中できます。 

シェーン英会話スクール(株式会社シェーン・コーポレーション・ジャパン)

シェーン英会話は1977年に創立した英会話スクールです。イギリスの最新理論を取り入れており、相手と分かり合えるような英語を使ってコミュニケーション力を身につける学習を行っています。スクールカウンセラーによるサポートも用意しており、ネイティブ講師と一緒になって受講生の目標や計画に合わせたカリキュラムを作っています。

シェーン英会話の加盟金は100万円です。加盟保証金は100万円、準備金は100万円となっており、2校目以降の開講についてはすべてが無料です。ロイヤリティは月謝の5~10%で、生徒数に応じて金額が変動するシステムを採用しています。 

ネス外国語会話(ネスグローバル株式会社)

ネス外国語会話は、英会話とフランス語会話のマンツーマン授業を専門に行っている英会話教室です。母体は留学の斡旋を行っているネスグローバルという会社で、国内で唯一外務省との留学の連携を行っています。ネス外国語会話では、講師の育成にも力を入れており、定期的な講師とのミーティングを通して、生徒が上手に英語を話すことができるようにサポートしています。

ネス外国語会話の初期費用は300万円です。ただし、教室の部屋の数によっても費用は異なります。フランチャイズの契約期間は1年です。1年ごとに更新を行いますが、初回以降の更新については、更新料が無料です。 

2. フランチャイズで英語・英会話教室を開業する3つのメリット

フランチャイズでの英語・英会話教室の開業を検討している場合は、メリットについて把握しておきましょう。

開業のためのノウハウを持っている

個人で英語・英会話教室を開業する場合は、物件探しや生徒の募集などをすべて一人で行わなければなりません。外国人のネイティブ講師を雇用するときにも、自分で募集をかけなければならず、かなりの時間がかかります。

フランチャイズの英語・英会話教室は、開業のためのノウハウを持っているため、スムーズな開業が可能です。開業のための法的手続きもすべて本部が行うため、安心して開業の準備ができます。

ブランド名を利用できる

英語教室や英会話教室を運営するためには生徒が必要です。個人の英語・英会話教室は、実績がないため生徒を集めるのにも苦労します。フランチャイズに加盟するとブランド名を利用できるので、比較的簡単に生徒を集めることが可能です。そのため、開業後から安定した経営を行うことができるでしょう。

レッスンのプランが決まっている

個人の英語・英会話教室では、レッスンのカリキュラムを自分で用意しなければなりません。年齢やレベルごとにそれぞれのテキストを用意しなければならないため、かなりの時間が必要です。一方でフランチャイズでは、レッスンのプランやテキストが決まっているため、自分で用意する必要がありません。そのため、経営に集中できるというメリットがあります。

3. フランチャイズで英語・英会話教室を開業する3つのデメリット

フランチャイズの英語・英会話教室にはデメリットもあります。デメリットについても知っておくと慎重な比較検討ができるでしょう。

本部のやり方に従う必要がある

フランチャイズでは、すべて本部の指示で開業の準備や運営を行います。教室の生徒数やレッスンの時間などもすべて決まっているため、自分のやりたいように営業を行うことができません。起業の経験がない人にはフランチャイズはおすすめですが、ビジネスについてのノウハウを身につけている人は注意が必要です。

加盟金やロイヤリティが発生する

フランチャイズへの加盟には、加盟金やロイヤリティが必要です。ロイヤリティについては毎月支払わなければならないため、生徒がなかなか集まらないときには、大きな出費になることもあります。

ロイヤリティは英語教室や英会話教室によって異なります。生徒の人数によってロイヤリティの金額が変わるところもあれば、毎月同じ金額を支払うところもあります。そのため、フランチャイズへの加盟を考えている場合は、希望しているフランチャイズのロイヤリティのシステムをチェックしておきましょう。

自分で選んだ教材を使用できない

フランチャイズの英語・英会話教室ではレッスンのための教材が決まっています。自分で選んだ教材を使うことはできません。そのため、教材の質に納得がいかない場合は、フランチャイズ経営を続けるのが難しくなることもあります。特に、英語に自信のある人には、ストレスに感じることもあるので、フランチャイズを検討する際には使用するテキストを確認しておきましょう。 

4. フランチャイズで英語・英会話教室を開業する流れ

フランチャイズによっても異なりますが、一般的には以下の流れで英語・英会話教室の開業の準備を進めます。

・教室の開設説明会に参加する
英語・英会話教室のフランチャイズへの加盟を希望する場合は、まず開設説明会に出席しょう。そこでは、企業のコンセプトや加盟のための条件などの説明を聞くことができます。興味があれば、面談を行ってフランチャイズ契約に向けての話し合いを行います。

・フランチャイズ契約の締結
本部とオーナーが合意すればフランチャイズ契約を結びます。契約をしたら開業に向けての準備です。物件探しをします。

・開業に向けての準備
開校する場所が決まったら開業の準備です。看板の設置やチラシの配布、研修などが行われます。採用する講師が決まっている場合は、講師の研修も行います。

・開業
すべての準備が整ったら開業です。フランチャイズの場合は、開業後についてもスーパーバイザーによるサポートがあります。困ったことがあればいつでも相談できるので安心です。 

5. フランチャイズに加盟して英語・英会話教室を独立開業する方法まとめ

フランチャイズに加盟して英語・英会話教室を開業する場合には、本部による経営のノウハウを学ぶことができる、レッスンのプランが決まっていて手間がかからないなどのメリットがあります。ただし、ロイヤリティの発生などのデメリットもあるため、十分に比較検討をしましょう。

フランチャイズへの加盟を検討する場合には、複数のフランチャイズを比較しましょう。それぞれにメリットがあるため、自分に合ったフランチャイズを選ぶことは大切です。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top