アントレランド

お客様の声「アントレランド」ボディデトックスセラピスト 榎本恭子さんより

 

 

起業して今年で3年目になります。

サロンを起動にのせたくて色々なセミナーや勉強会などに出向いては、
軸をぶれさせサロンの経済状況は下降一直線。

 

 

セラピスト回遊行になってました。

焦る気持ちに、この先どうやってサロンを起動に乗せたらよいか
不安の毎日でした。

 

 

そんな時、お友達に相葉さんを紹介して頂いて、コンサルを
受ける事になりました。

 

 

それまで、散々

「足ツボなんて何処でもやってる安っぽいもの」

「“ふるもん”なんて名前からして貧乏くさい」

「お客来ないってことは向いてないんだよ」

等々言われ、とても傷ついてましたし、自信喪失にもなってました。

 

 

 

初めてのコンサルで「フットデトックス」という言葉を頂いた時、
物凄い可能性を感じました。

「足ツボ」から離れたことで、色々な夢が膨らみました。

 

 

 

どんなにセラピストに向いてないと言われても、この仕事は私にとって適職だという思いが抜けれず相葉さんに、ダメもとで施術を受けにきてほしいとお願いした時、快く承諾して下さったあのときの喜びは、多分宝くじで一等を当てた人の喜びに匹敵するものだったと思います。(宝クジを買ったことがないので想像ですが・・・)

 

 

兎に角、運がきたように思え て“ふるもん”は生き延びれると思えたのは確かでした。

 

 

そして実際に、施術を受けて頂いて出たネーミングも

「一か月の疲れ全て取り除く無重力とりーとめんとスペシャルコース」

私一人では考えもつかないネーミングでした。

 

 

 

自信のなかった自分に、このネーミングは励ましにもとれて嬉しかったです。

 

 

 

初めは“一週間の疲れ”だったんですが、相葉さんに施術を受けてもらえとても褒めてもらえたことで自信がついて「“一か月の疲れ”に変えたい」と自分で申し出れたのは正直自分でも驚きました。

 

 

 

私の、持っているもの何一つ否定しないで聞き入れて親身になってくれた コンサルは相葉さんだけでした。

 

 

 

それまでの不安が80%消えて、希望に変わっていきました。

一つ引っかかっていたけど、誤魔化していたこと。

 

 

 

それは『あんなに褒めてくれたのに何故相葉さんはリピートしてくれないのかな?』

でした。思い切って面談で聞きました。

 

 

 

その時の答えが

「誘ってもらってない」

「プレゼンしてない」

でした。

ビックリしました。

 

 

(自分ではちゃんと、プレゼン出来てるつもりでしたから・・・)

もう、この答えを聞いた時は

『あ~私、 今まで何にもしてなかったんだ。何一つやってなかったんだ・・・

努力の仕方間違ってた・・・技術が足りなくてお客様来なかったわけじゃないんだ・・・』

 

 

 

と改めて反省と、自分の勘違い度合に可笑しくて大笑いして、スッキリできたのも相葉さんのお陰です。

 

 

 

変に遠回しな言い方もしない、率直でストレートな答えは相手を傷つけないという事もこの事で学べました。

今までだったら、こんな事聞いたら恥ずかしいかな?と思ったどんな疑問でも、相葉さんだったら素直に聞く事が出来ます。

 

 

 

2回目のコンサルで15分待たされて、誤ってくれなかった事以外は全て、感謝の気持ちです。

いたずらに不安を感じる 事もなくなりました。

 

 

 

まだスピーディーに事が運べてませんが、ワクワクする未来像が描けてる今はとても幸せです。

素直について行きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top