アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

これから起業の肝となる「ライフタイムバリュー」の創り方

こんばんは
相葉です。

私は紳士服のアオキの社員時代に、
経営企画室にいました。
ec5a6d092e4315811d178c8a6140289a2d2449.jpg

そこでMBA流の経営を
元マッキンゼーの上司から
学びました。

そこで大事なことが
LTVだと教わりました。

LTVとは、
ライフタイムバリューといって、
日本では顧客生涯価値と言われることが
あります。

つまり、
アオキで例えると、

1人のお客様が、
就職活動で初めてスーツを
買ってから、定年退職するまでの間、
どれだけアオキに利益を生み出して
くれるか?という数値です。

もっと簡単に言いますと、
1回買いに来てから、生涯で買わなく
なるまでの間にどれくらい利用して
くれるかを測る指標です。

アオキはチラシやCMで新規顧客を
獲得します。

CMと同じイメージの商品が
買えることで、ファンが出来ます。

そして1回利用してくださった
顧客のデータをポスシステムに入力して
顧客の好みや今持っているスーツなどの
情報を聞き出し、収集して管理します。

そして決まったタイミングで
DM(ダイレクトメール)を送ります。

こうやって何度もアオキを
利用してくれる状況を作ります。

お客様が選んでくださったきっかけから
大事に良好な信頼関係を作り上げることで、
莫大な利益を生み出すことを
大手企業で普通にやれるなら、

顧客数が少ない個人は手間ヒマを
惜しまずに動くことで

ファンはもっとたくさん作れます。

ぜひ自分に置き換えてみてください

では。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top