アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

ずっと長く契約してくれるファンを作る考え方〜フランチャイズの本質とは?〜

こんばんは
相葉です。

本日はアントレランドの
ヒットメーカーズトレーニングでした。
46369334_292043524762215_2682376040365424640_n.jpg

私たちのチームで大きな結果を
作っているメンバーが集まって、

自分の分野の研究をしたりしながら、
そこで生まれた結果やノウハウを
話し合っています。

今日も師から未来が変わる
一手をいただき、

みんな早速動き出しています。

私のチームは個人版フランチャイズと
いって、自分の商品・サービスを
伝承してくれる自分の分身を
育てていくことを行なっています。

これはフランチャイズの
仕組みですので、
コンビニのようにロイヤルティが
発生した場合、

長く契約してくれたら、
利益を上げ続けてくれます。

こう書くと、

「私はロイヤルティーをいただく
ことに抵抗があります。」って
人がいます。

こういう人はフランチャイズの
本質をわかっていません。

フランチャイズビジネスは
20世紀一番発展したビジネス
モデルです。

毎日1億人がマクドナルドを
食べています。

セブンイレブンなどのコンビニも
1店舗毎日60万〜80万くらい
売上ます。

つまり何が言いたいのか?と
言いますと、

結果が出るビジネスや
直営店がしっかり利益を出している
ビジネスしかロイヤルティーは
もらってはいけないんです。

最初から売上が立っていたら、
ロイヤルティーを払っても大きく
利益が出せるので喜んで払うのです。

だから抵抗があるないに関わらず、
ロイヤルティーをいただけるには
大きな結果を生み出す必要があります。

だから結果が出てないのに、
仕組みだけ真似して伝承者を
増やしたり、
協会を作ってはならないのです。

こう書くと今度は、
伝承者を増やしたいけど自信が
ありませんという人がいます。

このような人の自信が無い問題の
原因は、商品・サービスが
魅力的ではないことです。

つまり、いつまでも
売れない商品・サービスを
売っても、伝承者も同じように
売れなければ意味がありません。

もしずっと長く契約してくれる
ファンがいなかったら、

それはあなたに魅力がないのではなく、
商品・サービスに魅力がないと思って
ください。

売れる商品・サービスさえあれば、
無理に自分がお客様にしたくない人に
商品・サービスを
買っていただかなくて済みます。

参考にしてください!!
では

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top