アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

なぜ先に協会を創ってはいけないのか?

こんばんは
個人のビジネスを
フランチャイズ化させる
相葉です。

ここ最近法人のフランチャイズ
希望の話が多数きております。
shutterstock_343197587.jpg

フランチャイズはよく協会と
比較されますが、

フランチャイズとチェーンストアで
20年の実績がある私から言わせたら、

協会とフランチャイズは全然違います。

フランチャイズは21世紀で
もっとも発展したビジネスモデルで、

協会と仕組みも作りも全く違うんです。

特に違うのが売上の仕組みです。

協会は上から先生が創ったものを
資格として販売しますが、

フランチャイズは土台の商品の実績が
しっかりしていないと広げられません。

つまり、売るものの実績を
先につくってから広げるので、
参加する加盟店も結果が出しやすく
なるのです。

吉野家もマクドナルドも
売上が創れる魅力的な業態だから
加盟したくなり全世界に広がって
いくのです。

こうやって実態があるものが
生き残るので、

先に協会という形をつくってから
ビジネスを始めるよりも

フランチャイズは、
長く繁栄して結果を生み出せる
ようになります。

何かを始める場合、
形から入るということもありますが、

起業においては100%実績を
作ることが先になります。

ぜひにわかなビジネスではなく、
本物のビジネスを作ることを
意識してみてください。

では

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top