アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

0からコンサルタント業をやってみたい方へ

こんばんは相葉です。

〝下請け起業家〟から脱却する個別相談ですが、だんだんお申し込みが入ってきています。

2018年以降からAIなどのコンピューターレベルが格段に上がりますので、未来になくなる下請けの仕事ではなく、未来になくならない仕事を作ることを今から行なって行きましょう!!

個別相談はこちらから申し込み可能です。
コチラ

スクリーンショット 2018-03-06 11.53.06.png

 

 

 

このような状況である2018年にもっとも飛躍するビジネスは、心を扱うセラピストさんやカウンセラーさんのようなお仕事と、
企業や個人の問題を解決してくれるコンサルタントだと考えています。

もちろん他にも飛躍するビジネスはたくさん出てくると思いますが、2018年のように世の中のルールが変わり、大きな変化の時期に必要なのは、心の問題を解決することと自分を客観的に見てくれて未来に導いてくれる方の力が必要になってきます。

逆に今この2つに自己投資することで自分一人では到達できない未来を掴むことも可能です。

つまり、
コンサルタント業は個人や企業にとって、ますます必要になってくるのです。

僕はこの時代に合わせて2015年からコンサルタントを育成することに力を入れてきました。

例えば、フォーカスナビゲーターの山崎さんは当時29歳でしたが、コンサルタントをやり続けたことで、毎月の売上が500万以上を安定して出しています。
その他にも各分野で7名がコンサルタントとして活躍しております。

オリジナルビジネスを手がけていた方でコンサルタントとしてビジネスを再構築した方もいらっしゃいます。
僕も同じ仕事をずっと行うよりもこうやって時代に合わせてビジネスを変化させる方は波に乗ることが可能だと思っています。

では、なぜ今コンサルタント業なのか?

それは、自分や自分の企業を自分では客観視することができないからです。
コンサルタントとは、自分や自分の会社の内的・外的問題を特定し、その問題を解決する職業を言います。

ここがポイントで、自分では内的な問題で、直近で感じる問題しか理解認識できないので、一人でやるとどうしても目先の作業に追われて大きな利益が生み出せなくなります。

だからコンサルタント業はなくなるどころか、さらに求められている職業なのです。

しかし、誰でもコンサルタントになれるわけではありません。
相手を客観視して内的・外的問題を特定することと適切に対処する力が求められます。

こう書くと、自分には難しいかな?と感じられると思いますが、僕が何人も成果を出すコンサルタントを育成できているのは、
そこにコンサルタントを成功させるテンプレートがあるからなんです。

それがアントレガイドと呼ばれるもので、
FM
メルマガで公表するのは初だと思います。

今回このアントレガイドをさらに使いやすいようにしたので、もしこのアントレガイドを活用して、自分も成果をあげるコンサルタントをやって見たいと言う方は、

このアントレガイドがどんなものなのかを特別に個別相談でお見せいたしますので、こちらから申し込みされた方だけの限定にはなりますが、申し込まれた方全員に、アントレガイドの詳細をお伝えしながら、もしあなたが成果をあげるコンサルタントになりたいとしたら、具体的に何を学び、どう成果をあげたら良いのかを個別にお話いたします。

今回は特別な内容ですので、来月同じことを行うかはわかりませんので、下請け起業家ではなく、時代に合わせて自分を成長させたい方はぜひ会って見たいと思います。

個別相談の申し込みはこちらできます。
こちら

スクリーンショット 2018-03-06 11.53.06.png

2018年以降の時代の波に
乗りましょう!!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top