アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

まだ見ぬ未来の理想の自分や顧客と会うには?

アロハー
相葉です(^^)

今日は最高にラッキーだったようでイルカツアーに行ったのですが、
まず普段は滅多に見れないくらいイルカが大量にいたことがとてもラッキー
28378377_396570444139602_3813792104605435677_n.jpg

そして、なんとハワイでも滅多に見られない鯨のスピン(Spy Hop(スパイホップ))を
目の前で見ることができました。
スクリーンショット 2018-02-21 4.27.56.png

また1頭でも会えたら珍しい鯨を13頭見ることができラッキーで、
まさにアントレランドは何かもってますと確信したイルカツアーでした。

そしてツアーあとはハワイに来れなかった、アントレランドメンバーさんと
メールやりとりを行なっておりました。

ご家族のこともありハワイに行きたくてもいけないメンバーもいるのです。

そのメールのやりとりの中で、どうしても過去に引っ張られて、
3年後になりたい自分から創り上げるビジネスを作ることに自信が無いと
おっしゃっているメンバーがいました。

例えば、

その方が過去に物販のお仕事をしていたら、そのまま簡単に創れるお仕事が
物販コンサルタントです。

そして、今の自分の身の回りにいる人も物販コンサルをして欲しいと
思っている人が多いです。

だけれどもここで物販コンサルをしてしまうと、
未来の自分の方向が大きく変わってしまいます。

そもそも僕のところにきたのは物販を好きでやっているわけじゃ無い、
やめても問題ないそして僕のような仕事をして見たい
そんな理由だったとします。

そうしたら、誰もが物販コンサルではなく、

未来の理想を作るための新しいコンサルや僕のようなプロデュース業を
やって見た方が良いと思うはずです。

だけれども本人は少し経つと自信がなくなってしまい、
やはり今あるスキルを生かしてビジネスをした方が簡単だし
早くできるから良いのではないか?

そんなことを考えて動きが止まってしまいます。

そんなことを門下生とやりとりしていました。

起業家として結果だけを見たら、僕は物販コンサルでもプロデュース業でも
どちらに進むことも正解だと思っています。
売上も最初は同じくらい作れるでしょう。

だけれども、

どちらを選択するかによって進む未来が大きく変わってきます。

僕が関わる価値の軸は、門下生に大きな夢を描かせ、
それを目指すために当たり前を変える人であり続ける。

そして、それを実現させるプランを考え、学び、与え導く先導者となる。
すべての物事にはリミットが存在するため、ゴールを定め期日内ですべてを
出し切るスイッチを入れ続ける人と成る!!

です。

だから時に厳しく、時に優しく、
時に納得いかないこともあるかもしれません。

だけれども門下生が到達したい
未来に妥協することはしたくありません。

これがまだ見ぬ未来の理想の自分や
顧客と会う方法だと思っています。

この問題は起業において、
多くの人がつまづくポイントなので
ぜひ自分に置き換えて
考えて見てください。

では。

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top