アントレランド

月商100万円の売上を作る方法(値付けのコツ)

こんばんは!

個人のビジネスを
フランチャイズ化させる
「アントレランド」主宰
相葉光輝です。

 

2012年の起業を
スタートした頃の私の目標は、
月商100万円の売上を
創ることでした。

 

ただ、起業などしたことが
ないので、
どうやって100万円もの
売上を創るのか?
全く想像もできませんでした。

 

そもそもなぜ月商100万を
目指していたのかと申しますと、
会社を辞めて
「選択できる人生を歩む」と
決めたからで、

 

選択できる人生を歩むための
最低の売上が100万円でした。

 

私のビジネスは原価が
かからないものなので、
売上=ほぼ利益ですが、
これくらいあると様々なことが
できると考えた上での金額でした。

 

しかし、
実際はどうしたらいいか?
わかりませんでした。

 

そこで最初にしたことは、
ビジネスで大事な「売るもの」を
創る際に、自分はどんなものを
売りたいのか?を考えました。

 

具体的にはいくらの商品を
何人に売りたいのかを考えました。

 

まず紙に書いたのは、

1万 ×100人=100万
2万 ×  50人=100万
5万 ×  20人=100万
10万 ×  10人=100万
20万 ×  5人=100万
25万 ×  4人=100万
50万 ×  2人=100万
100万 ×  1人=100万

 

でした。

 

そこから、
自分に合うシゴトを考えました。

 

具体的に、会社にいながら
月商100万を超えるには、
多くの人数は見れないので、
せいぜい月に4人くらいしか
見れないと思いました。

 

ということは、
最低でも25万もの高単価商品を
創る必要がありました。

 

それから売るものを
完成させるのですが、

 

25万という価格をつける場合、
その価格の何十倍もの価値
生み出す商品にしなければ、

 

絵に描いた餅で、誰も購入して
くれません。私はそこから研究に
研究を重ねて、
物販で成果を出すことができ、
その実績をもとに、物販や
自分のやりたい事業で会社にいながら
起業する方法を教え、100万円を
超えることができました。

 

つまり、まずいくらの売上を
創るかを決めたら、その方法を考え、
そこに価値をつけることで、
値段というものは決められると
思います。

 

値付けの質問が多いので、
今日は売るものの価格を
どうつけるかのヒントを書きました。

 

 

以下も参考にしてみてください。

「フランチャイズビジネスと
協会ビジネスの違い」

についてはこちらからご覧ください。

↓↓
https://youtu.be/bVYIihE7_gs

 

 

 

では。

 

来月の先行予約受付
↓↓↓

imasugu_btn2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top