起業で結果を出すための相談の仕方 :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

起業で結果を出すための相談の仕方

i-catch2

こんばんは
相葉です。

日本人は相談が苦手といいます。

実は僕も苦手です。
だからこそ意識して相談力を
高めようとして改善してきました。

門下生にもどう相談したらいいかが
わからないというメンバーがいます。
service_img01.jpg

自分のためにも改善してほしい
ポイントです。

ではなぜ相談できないか?

相談できない大きな問題は3つあります。

1つ目は、遠慮してしまい
相談できないこと。

日本人の性質なのか、
図々しく相談している人よりも、
遠慮して相談をしないことを美徳と
思っている人もおります。

2つ目は、
自分で考えないといけないと思い、
自分の小さな脳みそで悩んでそのままに
してしまうこと。

3つ目は、
何を相談したら良いかわからないこと。

です。

しかし、生き残っていく起業家は
自分の描いたゴールに対して遠慮なく
相談できる人ばかりです。

この3つの問題を解決するには、
まず何を相談したら良いかわからない
という問題から着手する必要があります。

何を相談したら良いかわからない人は、
自分が何をしたいのか?
どんな理想の未来を進みたいのか?が
よくわからない人です。

ぶっ飛んだ夢を描いたあと、
それに向けてどうしたら良いか
わからないと誰にどう言った相談を
して良いかがわからなくなります。

例えば僕の場合は、

やりたい仕事や自分に向いている仕事を
探したのではなく、

選択できる人生を歩みたいと
思ってから、

時間と場所を気にしなくて良い職業である
講師コンサルタント業の道に進もうと
決めました。

ここまで考えることができると、
その道で活躍している人に学ぶことが
できます。

まず、自分の夢やゴールを大切にすること、
そして貪欲に実現のために相談することを
遠慮しないこと。

ここが大事です。

遠慮しないことと考えすぎないことを
防ぐには研究することが効果的です。

この話はまた別途書きますね。

ぜひ実践してみてください。

では。