失敗してもいい、たくましく育ってほしい :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

失敗してもいい、たくましく育ってほしい

18519540_1464962750234299_6197678184127258083_n

こんばんは!

個人のビジネスを
フランチャイズ化させる
「アントレランド」主宰
相葉光輝です。

 

私は個別相談で門下生の成功事例を
多く話します。

 

なぜなら、
自分の当たり前に塞がれて
閉ざされた自分の可能性に気づいて
欲しいからです。

 

しかし、それ成功事例を聞いた人は、

「その人だからうまくいったんで
 しょう?」と自分で想像できない
ことは否定いたします。

 

ここで伝えたいことは、

「人は想像できないことは
 実現できない」ということです。

 

よくイメージできないことは、
実現できないという人もおりますが、

まさにその通りで、

自分が描いていた夢や目標に
到達するには、

まず「イメージ」すること
「その世界を知ること」が大事です。

 

だから私はたった20日で月の売上が
7桁超えたとか、
門下生の成果事例を話します。

 

そうすると今度は、
自分が想像もできない世界の話に
なるので、怖さが出てきます。

 

それは、大きく当たり前を変える
ことで失敗してしまったら
どうしようという恐れです。

 

起業の初期段階はこの恐れと
戦うことが最初に乗り越える
ハードルになります。

 

私は思います。

 

何かにチャレンジするには、
想像できなかったことに立ち向かう
ことです。

 

当然失敗しますし、
怖いことばかりです。

 

ですが、この体験は私たち起業家が
全員例外なく、100%体験する
ことです。

 

ここでチャレンジを諦めてしまう人も
何千人と見てきました。

 

しかし、失敗しても、失敗しても
前に向かって立ち向かう人は、
必ず夢や目標を掴んできました。

 

失敗なんてかすり傷です。

 

しかしそこでできたかすり傷を
修復しようとすると、
今度はその周りの皮膚が強くなり、
失敗した時よりもたくましく
なります。

 

自分の可能性を決めているのは
自分です。

 

失敗しても、
たくましく生きることを
自分のために実践してください。
IMG_9107.JPG

 

娘も怖さを乗り越えて、
一生懸命ボルダリングしています。

 

共にがんばりましょう。

では