日本版プロダクトローンチの闇 :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

日本版プロダクトローンチの闇

d20aea6fcfe921769cf2becd6f72abb6

こんばんは!

個人のビジネスを
フランチャイズ化させる
「アントレランド」主宰
相葉光輝です。

 
皆さんは
プロダクトローンチという
マーケティング手法を
知っていますか?

 
この手法は、アメリカの
ジェフウォーカという方が実践して
いる手法で、
d20aea6fcfe921769cf2becd6f72abb6.jpg
(この方がジェフウォーカさんです)

 
世界中で使われている
マーケティングの手法です。

プロダクトローンチを簡単に
説明すると、

メルマガリストを持っている
アフィリエイターさんに、

プロダクトローンチの主催者が
作成した動画やPDFなどの
無料コンテンツを配ってもらい、

そこで集めた顧客リストに向けて
自分の商品を販売する手法です。

 
この手法自体は、
自分の見込み客を集める上で
有効な方法なのですが、

日本では、短期的に一気に
リスト登録をさせて、
一気に売り切るという傾向があり、

お祭り的な勢いで商品を
購入させる傾向が強いので、

購入者が、
商品・サービスを買ったものの、
成果が出なかったと言われたりする
ケースが多いようです。

 
今回、なぜこのような話を
しているのかといいますと、

今日ジェフウォーカから直接
ローンチを学んでいる友人から
日本の裏の現状を聞いたから、

うまい話はないということを
知って欲しいので書きました。

 
世界的にみて、
日本のプロダクトローンチのやり方は
大きく間違っていて、
「闇」にはまっているそうです。

 
細かい説明は書きませんが、
そもそもアフィリエイターが
顧客リストを集める段階から
アメリカとやり方が違うそうで、

日本のプロダクトローンチは、
コンテンツの中身を見せないで、

「これだけ稼げますよ」とか、
「こんな未来を創れますよ」と
実態がないものを無理に販売する
傾向があり、

主催者も何億稼げましたと
言っていますが、
実態は赤字の方も多いそうです。

 
では一体、本場のジェフウォーカは
どうやってプロダクトローンチをして
600億以上の高収益をあげて
いるのか?と言いますと、

基本は「シードローンチ」といって、
自分のメディアでファンを創って、
そのファンに教育をして、
コミュニティーを創って、
無理なく売上を創っているそうです。

 
つまり、
私たちアントレランドが
実践しているように、

フェイスブック→ブログ→メルマガ
からファンを創り、

そのファンの方が欲しくなる
フロント商品を開発して販売している
やり方と同じことをしている
そうです。

 
このやり方は地味で最初は
大変なのであまりやりたがる人が
いません。

だからこそ、
派手に一気に何億も作る
日本版プロダクトローンチは
魅力的に映るかもしれません。

 
しかし、実際はそこでもうまく
いっている人はほんの一握りだと
いうことを知っておいてください。

その上でうまい話はなく、
地道にコツコツを継続することが
重要だということを再認識したので、

自分や自分の門下生の成果の
ためにも大事なことなので、
メルマガで書かせていただきました。

 
もし、集客で悩んでも
楽に一気にという手法はあるけど、
それが華やかな結果を生むことは
ほぼないと知っておいてください。

 
では。

 

 

 

 

 

 

 

スライド