多くの人が大切なキャリアを他人に委ねている! :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

多くの人が大切なキャリアを他人に委ねている!

gatag-00004725

(*この記事は2017年2月に更新されました。)

 

世の中に“絶対”はないけれど
会社員で安定した高給が取れている場合

 

起業することに対する挑戦への憧れや
望むライフスタイルへの羨望を持ちながらも

 

会社を辞めてまでチャレンジをすることの
リスクを考える人は多いと思います。

 

では
そのリスクの正体は何なのか?

 

漠然とした不安・・・
食べていけるかの不安・・・
週休二日制の安定から抜け出せない・・・

 

大きく上がることもない
安定収入のために働いているのでしょうか?

 

決して
「収入のためだけに働いているわけではない」

と、おっしゃる方も多いでしょう。

 

最も昨今、絶対潰れない会社もないし
大きく収入やボーナスカットになる可能性も
ないとは言えなくなってますね。

 

 

しかし
ここで本当に考えてみたいのは

 

本当のところキャリアチェンジの
不安の正体は実は

 

あまり自分に馴染みのない
働き方を挑戦してみるときの

 

漠然とした不安が正体
なのではないでしょうか?

 

わからないことはリスクでは
ないのです!

 

本当の正体は新しい挑戦への
不透明さではないでしょうか?

 

単純に先が見えないことに
突っ込んでいくリスクだと
見なされているモノ。

 

それを明らかにしていけば
不透明な霧がかかった様な
リスクと
思われていたものは

 

リスクでもなんでもないことが
わかったりする。

 

間違いなき様に書きますが、会社員を
辞めた方がいいと推奨しているわけでは
ありませんが

 

キャリアチェンジやキャリアアップ転職を
試みようとした時、

 

だいたいは人に聞く、転職斡旋会社に
登録する・・・がほとんどの手段なのでは
ないでしょうか?

 

 


仲間内に自分の強みを聞いてみたら

聞く人聞く人が違うことを
言うかもしれない。

 

あなたに合う職業やキャリアや転職先は
こんなのがいいんじゃない?

 

こんな資格を取得したらいいんじゃない?

 

など、十人十色の返答が
返ってくる可能性もある。

 

それは斡旋会社には斡旋会社の
コーディネーターの都合や
たまたま抱えてた持ちネタが
手元にあるから勧めるってことも

考えられる。

imgres

最も今は課金型の転職斡旋もあるので
世の中の転職斡旋会社が全てそうだとは
言いませんが

 

そういう探し方の中に
本当に志命と思える仕事や
自分の求めるライフスタイルとしての
キャリに繋がるものはあるのだろうか?
そしてそれは何だろうと
問いたいところです。

 

あれが足りないこれが足りない
あの資格がないと不安

 

などなど、役に立つかも?で
ゆとり的に取っても役に立たない

資格に労力と経費をかけてしまうか

 

 

ハイキャリアを目指し
MBAや中小企業診断士などを
取得しても順風満帆と言えない現状です。

 

資格の協会元はディプロマは
発行してくれても

 

その資格を活用して集客の仕方などは
教えてはくれません。

 

不透明なことを一歩進んで調べてみる
わからないを知って出来る!にする。

 

そのことから始めてみては
いかがでしょうか?

 

自分のこれからのライフイベントや
新しい願望を持った自分に出会え

求めていたキャリアの輪郭が
はっきりとしてくると思います。

 

出来る方法を考える!

 

 

無料特打個別相談を活用し
未来を描いてみてください。

 



必要な方は詳細を確認してください。
↓↓
アントレ・トレーニングバナー