自宅開業で比較的うまくいく個人ビジネス 塾のフランチャイズとは? :: アントレランドー個人で行うフランチャイズモデル

自宅開業で比較的うまくいく個人ビジネス 塾のフランチャイズとは?

Schoolchildren in IT Class Using Computers

 

今こそ個人で開業、自宅で始める
塾のフランチャイズビジネスで
起業をし、比較的うまくいくのは

 

投資が少なく、塾のスタートは
自宅でやって始めるケースが多いです。

 

小さいところから始めていくのが
ポイントです。

 

ただの英語塾とか、子供塾とかは
正直申し上げてやっても意味がないので

 

子供のためではなく、例えばですが
その教え、ビジネスを伝承する

お母さんを育てる塾など

 

違った視点ニーズ、お客様の問題を
解決する客観性と視野の広さが
必要になってきます。

 

個人ビジネスは最初が肝心。

 

自分が組み込まれなくても
営業がまわり、収入が入る
始めから仕組み化を考えた構想で
始めないと厳しくなってきます。

 

そもそも協会ビジネスと
フランチャイズビジネスの違いを
確認したい方はこちら動画に収めて
ますのでぜひご覧ください。
(13分ほどです)

↓↓↓

YouTube Preview Image
https://youtu.be/bVYIihE7_gs

フランチャイズビジネスと
協会ビジネスの違いについて

 

アントレランドでも
塾のプロデュースはしており
事例もありますが

 

その創設者は月商7桁は当たり前
経費も最小限で、雇用を生み出す
こともできています。

社会のためにもなりますね。

 

子供の学習塾を題材に挙げると
少子化時代に需要があるのか?の
視点で見ていきますと

 

1980年代から、ゆとり教育が
施行され始めますが

 

日本の学力低下が問題となり
2007年頃から「教育再生」
着手され始めました。

 

遡ると1970年代以前までは
増大した学習量で「詰め込み教育」
呼ばれていました。

 

知識の暗記を重視した教育方針で
なぜそうなるのか?といった

 

疑問や創造力を押し潰す様な状態が
問題視されてきたことや

 

これらの学習方法では試験が終われば
忘れてしまう(剝落学力)であると

 

言われてきた時代経緯があり
これからの「脱ゆとり教育」への
対策として

 

 

文部省から
「ゆとりでも詰め込みでもない生きる力を育む教育」

 

ということが提唱されている現在
生きる力を育む新しい学び

 

学校教育以外の場での
学習塾、塾の需要は色濃くなることを

 

思い浮かべられる方が多いと思います。

 

教育先進国をモデルとしたものや
インターナショナルスクールに流れがちで

 

疎かにされそうな位置の?日本の
教育の問題を解決するチャンスでも
あるのではないでしょうか。

 

 

ビジネスは時代の時流に乗せるのが
とても大切です。

 

価値観が変わり始めている今
あなた自身や、あなたのビジネスは

時代変容の波に乗れていますか?

経費をかけずに個人のビジネス
スモールビジネスから始めようと思っている方

 

これからは資格をとる、資格を増やすのではなく
生きる力を持つこと。
「how toと戦略が交ざり合ってること」

 

をベースに考えていくべきでしょう。

 

この記事を読んでくださったご縁と
タイミングの好機を是非活かして

 

きっかけにしていただけることを
願っています。

 

そのあなたに以下の質問を
投げかけてみたいと思います。

 

スタンス3つ質問
①なぜ仕事をするのか?
②誰の為の仕事なのか?
③今変えたい当たり前はなんですか?

 

是非、この質問に向き合う時間をとって
言語化してみてください。

 

個別相談の詳細をご覧になる場合はこちら
↓↓↓
アントレ・トレーニングバナー